2014年08月29日

開倫塾 サポートメール2014年8月28日配信分

2012年10月初めに開倫塾 公立高校合格必勝パックを
娘に購入して勉強を開始しました。

夏休み明けの段階では
第一志望校は
千葉市立稲毛高校(合格有望圏 県標準偏差値:63)でした。
お笑い芸人小島よしおさんの母校ですね!

その後、公立高校合格必勝パックで苦手な理科、社会を中心に
勉強を開始したところ年末には模試等の偏差値が上昇し最終的には

千葉県立千葉東高校(合格有望圏 県標準偏差値:70)
に合格することが出来ました。 
(桐谷美玲・小島瑠璃子の母校ですね!)

そんな経緯があり、娘の合格のターニングポイントだった
教材なので高校受験にのぞむ受験生にオススメしたく当ブログを立ち上げました。

さらにうれしいことに
購入後に不定期ではありますが
★大きなお世話の【勝手にサポートメール】★
というものが届きました。

その内容がとても参考になるので
2012年12月1日に許可を頂き、
私の元に届いたサポートメールを紹介しています。

現在、公立高校 合格必勝パック 会員専用ページ で
【勝手にサポートメール】バックナンバーブログとして
当ブログが正式にリンクされております。


私の娘が購入した「公立高校合格必勝パック」は
開倫塾様の商品説明によると

「栃木・茨城・群馬に60校舎を展開する学習塾で
15年間に20000人の受験生が使用し、効果を証明した教材です。
正直申し上げて「一発逆転のウルトラC」的な要素はありません。
■コツコツ頑張って少しづつでもいいから確実に志望校に近づきたい!
■高校入試の勉強を効率的にやりたい!
■まずは短期間で基礎基本を徹底的に仕上げたい!
という中学生を対象とした教材+学習方法です。
【応用力は「基礎基本」という部品を組み立てる作業だ!】
という考えから作られたこの学習プログラムは、
基礎基本を徹底的に繰り返し反復することで
高校入試を解くために必要な学力を育成します。
とくに、現在理科・社会の点数が伸び悩んでいる中学生に最適です。
40日〜60日でその効果が実感できます。

となっています。

もっと具体的な内容については
こちらへどうぞ 次項有 公立高校合格必勝パック



ではここから以下が26年度のサポートメールの内容になります。


☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆
★大きなお世話の【勝手にサポートメール】★

こんにちは、KAIRIN予備校の石田です。
今年のKAIRIN予備校宇都宮校の夏期講習には、
栃木県No.1の高校である宇都宮高校を志望する生徒が数名来ています。

さすがに宇都宮高校(偏差値70〜75)を希望するだけあって、
必勝パックはどんどん進みます。

7月22日から初めて、
数学や理科などはもうすでに4周目に入っているという状況です。

最近は、

「せんせー、模試の過去問をやらせてください」

「関数の応用とか、難しい問題がやりたいんですけど・・・」

と、かなり前向きな要望が聞こえてきます。

私の答えは、

「必勝パックをあと2周したらね。」

です。

「えー!もう全部覚えましたよ!」

「これ以上は意味ないっすよ!」

と、彼らは不満そうです・・・。

そこで、ホームルームにて
こんな話をしました・・・・・。

あなたは、家やビルを建てるときの
「基礎工事」って言葉、知ってますか?

辞書で調べると、

建築物に負荷されるさまざまな荷重
(自重,積載荷重,地震荷重,風荷重など)を
地盤に伝達するための構造物を基礎構造物といい,
基礎構造物の施工を総称して基礎工事という。

地盤が十分な耐力をもっている場合には直接地盤の上に
基礎構造物を構築するが,
地盤の耐力が不十分な場合には地盤改良を 行うか
杭を打ってその上に基礎構造物を構築する


というふうに説明されてます。

ちょっと難しいかな?

家を建てたり、ビルを建てたりするときは、
いきなり地面の上に建てることはしないんですよ。

だって・・・・・・

もし、地震が来たり、大雨で地盤が弱くなってしまったら、
家が傾いてしまったり、ビルなんか、もっと恐ろしいことになりますよね。

だから、家を建てる前に、
地面をふかーーーーく掘って、
砂利を敷き詰めたり、そこにコンクリートを流し込んだり、

要は、

「足下をしっかりと固める」

という作業です。

また、地盤が弱い場所などは、
もっともっともっともっと・・・ふかーーーく掘って、
固い地盤の層に到達するまで掘り下げます。

そこに長ーい杭を何本も打って、それを基礎として
その上に基礎工事をするのです。

2階建ての家なら、
2階建ての家にあった基礎工事が必要ですし、

5階建てマンションなら、
5階建てのマンションにあった
より頑丈な基礎工事が必要です。

50階建ての高層ビルなら、
50階建の高層ビルにふさわしい、
かなり頑丈で、何があっても揺るがない基礎工事が必要になります。

では、
あなたは何階建ての建物を建てた いのですか?

受験校の難易度の高さと、
基礎工事の磐石さは比例します。

確かに基礎工事は
地中に鉄筋を埋め込むなど地味な作業です。

外から見ても
家の形になっていないため、
もしかしたら、ちゃんと家が建つのか不安になるかも知れません。

それよりも、
基礎工事はそこそこにして、
家の上部の工事に取り掛かったほうが、
表面的には完成が早いように思われます。

まさに、必勝パックをひととおりささっとやって、
過去問を解くような感じですね。

しかし、
基礎工事に時間をかけずに、
2階建て用の基礎工事しかしていないのに、
5階建てや10階建ての建物を建てたら
どうなると思いますか?

それって、
完全に欠陥住宅ですよね!

何かあればすぐに
建物が傾いてしまいます。

つまり、

土台に見合った建物しか建たないわけです。

これは、
受験においてもそっくり同じことが言えます。

基礎学力に見合った、応用力・実践力しかつかないのです。

ですから、
目指す目標が高ければ高いほど、
基礎固めを徹底し なければいけないのです。

逆に、
そこそこ成績が良く、上位の高校を目指 していたのに、
伸び悩んでしまった人の共通点は、
基礎工事の欠陥が原因であることが多いです。

特に、
学校の定期テストでそこそこ良い成績が取れて いる人ほど、
この罠には陥りやすいのです。

『急がば回れ』

で自分の思い描いた結果を得られ るように、
目標に見合った基礎を固めてください。

朝のホームルームでこの話をしたのですが、
宇都宮高校を目指している彼らも、
黙々と5周目の必勝パックをやっていました。

よく見ていると
数学も、計算問題でミスがあったり、
なにげに100点は少ないんですね。

常に前を見ている人間は、
文字通り前向きでいいのですが、
前しか見ていないと、
足下がおろそかになります。

目標に向かって前を見続けるのは
非常によいことです。

同時に、しっかりと足下を見据えて勉強することも、
同じくらい大切なんですよ!

KAIRIN予備校 石田晴康


☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

今回の記事はいかがだったでしょうか?

基礎基本の徹底。

本当に大切な部分です。

合否を分ける部分は
こういう基礎的な部分をいかに
固めることが出来るかどうかにかかっているのかも
しれませんね!

2014年08月20日

開倫塾 サポートメール2014年8月19日配信分

2012年10月初めに開倫塾 公立高校合格必勝パックを
娘に購入して勉強を開始しました。

夏休み明けの段階では
第一志望校は
千葉市立稲毛高校(合格有望圏 県標準偏差値:63)でした。
お笑い芸人小島よしおさんの母校ですね!

その後、公立高校合格必勝パックで苦手な理科、社会を中心に
勉強を開始したところ年末には模試等の偏差値が上昇し最終的には

千葉県立千葉東高校(合格有望圏 県標準偏差値:70)
に合格することが出来ました。 
(桐谷美玲・小島瑠璃子の母校ですね!)

そんな経緯があり、娘の合格のターニングポイントだった
教材なので高校受験にのぞむ受験生にオススメしたく当ブログを立ち上げました。

さらにうれしいことに
購入後に不定期ではありますが
★大きなお世話の【勝手にサポートメール】★
というものが届きました。

その内容がとても参考になるので
2012年12月1日に許可を頂き、
私の元に届いたサポートメールを紹介しています。

現在、公立高校 合格必勝パック 会員専用ページ で
【勝手にサポートメール】バックナンバーブログとして
当ブログが正式にリンクされております。


私の娘が購入した「公立高校合格必勝パック」は
開倫塾様の商品説明によると

「栃木・茨城・群馬に60校舎を展開する学習塾で
15年間に20000人の受験生が使用し、効果を証明した教材です。
正直申し上げて「一発逆転のウルトラC」的な要素はありません。
■コツコツ頑張って少しづつでもいいから確実に志望校に近づきたい!
■高校入試の勉強を効率的にやりたい!
■まずは短期間で基礎基本を徹底的に仕上げたい!
という中学生を対象とした教材+学習方法です。
【応用力は「基礎基本」という部品を組み立てる作業だ!】
という考えから作られたこの学習プログラムは、
基礎基本を徹底的に繰り返し反復することで
高校入試を解くために必要な学力を育成します。
とくに、現在理科・社会の点数が伸び悩んでいる中学生に最適です。
40日〜60日でその効果が実感できます。

となっています。

もっと具体的な内容については
こちらへどうぞ 次項有 公立高校合格必勝パック



ではここから以下が26年度のサポートメールの内容になります。


☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆
★大きなお世話の【勝手にサポートメール】★

こんにちは、KAIRIN予備校の石田です。

栃木県最大の統一模試である「下野模試」まで

あと5日となりました。

実は、先週の土曜日に、

宇都宮校の中3生に、過去問をやらせたのですが、

国語の漢字が・・・・・・・・できないんですう・・・・。



栃木県では県立入試の国語で

第1問が漢字と語句の問題となっており、

漢字の読み10点、書き10点、語句の問題10点

という、暗記だけで30点取れるという状況なのです。


覚えるだけで30点なのになんで・・・・・・


と、落ち込んでる暇もありません!

あわてて、短期間で漢字をマスターする教材を作成しました。


本当は、去年の入試前にも漢字テストを作ったのですが、

それでは時間がかかりそうなので、

短時間で、「できない漢字」だけをデータベース化して、

「できない漢字」だけを集中して覚えられるように

システム化しました。


せっかくですから、

必勝パックを使ってくれてるあなたにもご提供させていただきます。

あなた専用のデータベース作成に、だいたい2〜3時間かかります。

その後の書き取り練習は個人差がありますが、

読める漢字・書ける漢字を

何度も練習する時間がもったいないという人向けです。


一度データベースを作ってしまえば、

あとは定期的にメンテナンスを続ければ

かなり漢字については定着すると思います。

会員専用サイトにアップしました。

  ↓  ↓
(*教材購入者にはリンク先のアドレスが書いてあります。)

会員専用サイトから、

「KAIRIN予備校 漢字テスト2014」をクリック

(2013年度版もあるのでまちがえないでね。)

さらに、そこから、

★漢字データベース2014★

をクリックして、マニュアルサイトに飛んでください。


データはすべてPDFファイルでダウンロードできます。

プリントアウトしてご利用ください。


使用方法をよーーーーく読んでくださいね。


KAIRIN予備校 石田晴康

☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

今回の記事はいかがだったでしょうか?

公立高校合格必勝パックの販売をしている開倫塾様は
このような形で色々と開倫塾で自分の生徒たちに
やらせているものを教材購入者に提供してくれます。

ただ教材を売りっぱなしにするのではなく
受験生にとって効果が見込まれるやり方を
このような形でシェアしてくれます。

私が公立高校合格必勝パックをおすすめする理由は
このようなサポートを惜しげも無くしてくれるところです。

教材を購入された方はせっかくのご好意を
無駄にせず取り組んでみましょう!


開倫塾 サポートメール2014年8月18日配信分

2012年10月初めに開倫塾 公立高校合格必勝パックを
娘に購入して勉強を開始しました。

夏休み明けの段階では
第一志望校は
千葉市立稲毛高校(合格有望圏 県標準偏差値:63)でした。
お笑い芸人小島よしおさんの母校ですね!

その後、公立高校合格必勝パックで苦手な理科、社会を中心に
勉強を開始したところ年末には模試等の偏差値が上昇し最終的には

千葉県立千葉東高校(合格有望圏 県標準偏差値:70)
に合格することが出来ました。 
(桐谷美玲・小島瑠璃子の母校ですね!)

そんな経緯があり、娘の合格のターニングポイントだった
教材なので高校受験にのぞむ受験生にオススメしたく当ブログを立ち上げました。

さらにうれしいことに
購入後に不定期ではありますが
★大きなお世話の【勝手にサポートメール】★
というものが届きました。

その内容がとても参考になるので
2012年12月1日に許可を頂き、
私の元に届いたサポートメールを紹介しています。

現在、公立高校 合格必勝パック 会員専用ページ で
【勝手にサポートメール】バックナンバーブログとして
当ブログが正式にリンクされております。


私の娘が購入した「公立高校合格必勝パック」は
開倫塾様の商品説明によると

「栃木・茨城・群馬に60校舎を展開する学習塾で
15年間に20000人の受験生が使用し、効果を証明した教材です。
正直申し上げて「一発逆転のウルトラC」的な要素はありません。
■コツコツ頑張って少しづつでもいいから確実に志望校に近づきたい!
■高校入試の勉強を効率的にやりたい!
■まずは短期間で基礎基本を徹底的に仕上げたい!
という中学生を対象とした教材+学習方法です。
【応用力は「基礎基本」という部品を組み立てる作業だ!】
という考えから作られたこの学習プログラムは、
基礎基本を徹底的に繰り返し反復することで
高校入試を解くために必要な学力を育成します。
とくに、現在理科・社会の点数が伸び悩んでいる中学生に最適です。
40日〜60日でその効果が実感できます。

となっています。

もっと具体的な内容については
こちらへどうぞ 次項有 公立高校合格必勝パック



ではここから以下が26年度のサポートメールの内容になります。


☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆
★大きなお世話の【勝手にサポートメール】★

こんにちは、KAIRIN予備校の石田です。

KAIRIN予備校の今日のホームルームでは、

不合格者の共通点について話しました。

こんな内容です・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

県立高校に合格するには・・・・・


不合格にならなければいいんです・・・。


ふざけているわけではありません。

大まじめです。


高校入試というのは、地域によって差はありますが、

栃木県では、倍率が1.2倍〜1.5倍の戦いです。

1500人受験すれば1000人〜1200人が合格する試験です。

つまり・・・・・・・・

合格する方が多数派なんです。

不合格者は少数派なんですよね・・・。


したがって、

合格した人すべてに当てはまるような共通点は・・・・・


「中3生である」

「試験会場にたどり着いている」

「悪いことをしていない」

   :

くらいしか見当たりません。



もちろん、

「あの子は絶対に合格するな!」

と、確信できて、当然のように合格した生徒もいました・・・・。

しかし、

「なんであの子が・・・・?」

という結果の生徒もいました。(良くも悪くも・・・です)


結局、

「こういう人は絶対に合格する!」

というものは、本当のところない・・のが現実です。



しかし、

少数派である不合格になった人には、

少なからず共通点というのがあります。


あなたたちは、

この少数派の貴重な経験を学ぶ必要があるのでは・・と思います。


どうすれば、わずか20%〜30%の少数派に入ってしまうのか・・?


私の20年の経験上、

不合格になってしまった子にほぼ共通している

3つのことをお話しします。


1.本当は、その高校に合格したいと思っていなかった

驚くことに、こういう先輩たちが毎年のようにいます。

どういうことかと言うと、

@本当は他に受けたい学校があったのに、
 やむを得ずに行きたいと思っていない学校に変更した 

Aたとえ合格したとしても
 勉強についていけないのではないかと思っていた、

の2パータンがあります。

本心からその学校に何が何でも行きたい、

という気持ちが強い人なら、

かなりの高確率で

その学校には合格できるということです。

受験は今までの点数よりも、

強い気持ちと

これからの期間の時間の過ごし方の方が、

かなり重要だということです。


2.受験前に強い不安や緊張を抱えている、自信がない

過去の先輩たちで、

たとえ合格安全圏判定をもらっていても、

残念な結果に終わってしまった先輩たちの共通点がこれです。

合格判定は良くても、

やっぱり合格が100%保証されているわけではないので、

強い不安を抱えています。

自信がないのです。

不安になった時や緊張した時、どうすればいいのでしょうか。

自信をつけるにはどうすればいいのでしょうか。

これについては、詳しいことは入試前にお伝えしますが、

不安を抱えたり、緊張したりしている時は、

無意識に呼吸が浅くなっています。

なので、わざと意識して深呼吸をすると、

かなり軽減できます。

脳にも身体にも酸素が必要なのです。

鼻から大きく息を吸って、

口から大きく息を吐き出す・・・

これを1分〜3分でも続けると、かなり落ち着きます。

日頃から習慣づけていくのがベストです。

自信をつけるためには、

いつも肯定的な言葉遣いをするということです。

しかも、現在形や現在進行形で。

自信がない人は、

しょっちゅう否定的な言葉を口から出しています。

自信とは自分を信じると書きます。


否定的な言葉をいつも口から出している人は、

自分の脳に否定的な命令を出しています。

だから、身体の使い方も否定的になります。

集中できずに、勉強しても頭に入ってこないのです。

だったら、自分の脳に肯定的な言葉を聞かせて、

肯定的な身体の使い方をさせればいいのです。

 ・僕は、合格に向けて順調に勉強が進んでいる

 ・私は、合格に向けて今日も確実に学力が向上している

言葉というのは、

驚くほどあなたの人生に大きな影響を与えます。

いつも、そのように考え、

そのような言葉遣いを意識している人には、

本当にそのような結果が引き寄せられます。

残念な結果に終わった人達は、

自分の不安を軽減したり、

緊張を緩めたり、

肯定的な言葉遣いをするのを

行わなかったのです。


3.合格に向けた勉強をしていない

真面目にコツコツやっていたにも関わらず、

残念な結果に終わってしまった先輩たちの共通点がこれです。

勉強はやっていたのだけれど、

それが合格につながる勉強にはなっていなかったということです。

具体的に言えば、

苦手教科や苦手単元ばかりやっていた、

難しい問題ばかりやっていた、

基礎基本を繰り返し覚えるという、

地道な作業を省略していた・・・。

・・・・・・・・・こういうことが挙げられます。


基礎基本は、すべての応用力を生み出す部品です!

これをおろそかにして応用問題ばかりやっていても

本人は勉強をした気にはなっているのですが、

成果にはつながらないのです。

また、

苦手教科や苦手単元は成績が上がりにくいのです。

もし、上がりやすいなら今までに得意教科・得意単元になっていたはずです。

合格に向けた勉強というのは、

確実に正答しなければいけない問題、

覚えていれば絶対に答えられる問題、

これを定着させておかないと、応用問題が解けない公式や使い方

これらを完璧にするために、

飽きもせずに同じ教材を繰り返し・繰り返しやり、

基礎基本を徹底的にあなたの脳に埋め込む勉強です。

ちなみに・・・・

「必勝パック何周目??」

「6周目です!」

と答えられた生徒達は確かに合格しています。


基礎基本の大切さは、

次回のメールでもお話しします。

頑張ってください。

KAIRIN予備校 石田晴康



☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

今回の記事はいかがだったでしょうか?

精神的な部分で合否を分けることは
十分ありえますね。

合格必勝パックを使って
基礎基本の問題はバッチリだ!
と思えることで精神的な余裕が生まれると思います。

購入された方は
ぜひ、ボロボロになるまで使い込みましょう。

ボロボロになった
合格必勝パックが受験においてあなたの
最大の味方になってくれると思います。

開倫塾 サポートメール2014年8月12日配信分

2012年10月初めに開倫塾 公立高校合格必勝パックを
娘に購入して勉強を開始しました。

夏休み明けの段階では
第一志望校は
千葉市立稲毛高校(合格有望圏 県標準偏差値:63)でした。
お笑い芸人小島よしおさんの母校ですね!

その後、公立高校合格必勝パックで苦手な理科、社会を中心に
勉強を開始したところ年末には模試等の偏差値が上昇し最終的には

千葉県立千葉東高校(合格有望圏 県標準偏差値:70)
に合格することが出来ました。 
(桐谷美玲・小島瑠璃子の母校ですね!)

そんな経緯があり、娘の合格のターニングポイントだった
教材なので高校受験にのぞむ受験生にオススメしたく当ブログを立ち上げました。

さらにうれしいことに
購入後に不定期ではありますが
★大きなお世話の【勝手にサポートメール】★
というものが届きました。

その内容がとても参考になるので
2012年12月1日に許可を頂き、
私の元に届いたサポートメールを紹介しています。

現在、公立高校 合格必勝パック 会員専用ページ で
【勝手にサポートメール】バックナンバーブログとして
当ブログが正式にリンクされております。


私の娘が購入した「公立高校合格必勝パック」は
開倫塾様の商品説明によると

「栃木・茨城・群馬に60校舎を展開する学習塾で
15年間に20000人の受験生が使用し、効果を証明した教材です。
正直申し上げて「一発逆転のウルトラC」的な要素はありません。
■コツコツ頑張って少しづつでもいいから確実に志望校に近づきたい!
■高校入試の勉強を効率的にやりたい!
■まずは短期間で基礎基本を徹底的に仕上げたい!
という中学生を対象とした教材+学習方法です。
【応用力は「基礎基本」という部品を組み立てる作業だ!】
という考えから作られたこの学習プログラムは、
基礎基本を徹底的に繰り返し反復することで
高校入試を解くために必要な学力を育成します。
とくに、現在理科・社会の点数が伸び悩んでいる中学生に最適です。
40日〜60日でその効果が実感できます。

となっています。

もっと具体的な内容については
こちらへどうぞ 次項有 公立高校合格必勝パック



ではここから以下が26年度のサポートメールの内容になります。


☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆
★大きなお世話の【勝手にサポートメール】★

先日、必勝パックをご購入されたかたから、

ご相談のメールが来ました。


内容は、

「頑張って解いているがなかなか身につかない」

「学校で習っていない公民分野がどうしても覚えられない」

とのことでした。


とても、ありがたい質問であり、

同じような悩みを抱えている受験生も多いと思いますので、

このメールにて、シェアさせていただきます。




「なかなか覚えられない・・・・」

ということですが、

学習には段階があります。

「理解」→「定着」→「維持」

という順番で学習することが最も効果的であり、最短経路です。

社会や理科の重要語句や、英単語・英語構文などは、

その意味を理解していないと、

単なる「記号の羅列(られつ)」という認識となり、

覚えるのにも相当苦労します。


特に、学校で学習していない「公民」などは、

社会のまとめをやっていても、

できない問題ばかりとなってしまい、

自分ができないことを認識するばかりで、

精神的にもよくありません。


中学2年生の購入者の方から相談いただいた場合には、

「学校での未収範囲は、やらない」

という選択肢を提案しています。


必勝パックは、抜けている基礎基本を確認し、埋めていく作業なので、

そもそも、「抜けている」のではなく、

最初から入っていないものを確認することは、

お子様の精神的にも、つらい作業です。


もし、学校での未収範囲を学習するのであれば、

「教科書の該当範囲の音読」×3回

を、実施してから、必勝パックをさせてください。

「3回」というのは、人間にとってとても重要な数字です。

「3度目の正直」

「仏の顔も3度まで・・・」

いろいろなことわざにもなっていますよね。

まちがえた問題の解説もそうですが、

「せんせー、解説読んでもわかりません!」

と、言う生徒がいたら、

「あと2回、ゆっくりと考えながら読んでごらん」

「それでもわからなかったら、もう一度質問に来てね。」

というと、7割の生徒は自分で解決してしまいます。

1回読んで、よくわからないことでも、

3回繰り返すと理解できることがかなりあります。

*余談ですが、税務署などからの未払いの督促状は、

 1回目。2回目ではなかなか回収できないようですが、

 なぜか3回目で、一気に回収率が上がるそうです。

基礎基本が、あまりにも不足している状態で必勝パックをやると、

さすがに赤×が多くなるので、気が滅入ってしまいますね。


そんなときは、生徒にも言ってますが、

「急がば回れ!」

です。


どんどん先に進みたい気持ちもわかります。

私の生徒も、

下野模試まで、あと12日です。

みんなあせっています。

「あと12日で理科を2回やらないと・・・」

と、いいながら、どんどん先に進んでいますが、

なかなか×が減りません。


そういうときは、

「とりあえず、先に進むのやめて、

 1階の空き教室で教科書のこの範囲を音読してきなさい。」

といって、1時間教科書の音読をさせます。

1時間で、該当範囲を3回〜4回音読できます。

そうすると、急激に×が減ります。


声に出して読む
  ↓
耳でそれを聞く
  ↓
それを3回繰り返し、内容を理解する。

時間はかかりますが、

結局、できる問題が一気に増えるので

最終的にはそれが一番の最短距離だったりします。

「急がば回れ」です。

KAIRIN予備校 石田晴康

☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

今回の記事はいかがだったでしょうか?

勉強のヒントになるかもしれませんね。

心当たりある方は
ぜひ、よく読んで自分の勉強に取り入れてみてくださいね。

2014年08月10日

開倫塾 サポートメール2014年8月8日配信分

2012年10月初めに開倫塾 公立高校合格必勝パックを
娘に購入して勉強を開始しました。

夏休み明けの段階では
第一志望校は
千葉市立稲毛高校(合格有望圏 県標準偏差値:63)でした。
お笑い芸人小島よしおさんの母校ですね!

その後、公立高校合格必勝パックで苦手な理科、社会を中心に
勉強を開始したところ年末には模試等の偏差値が上昇し最終的には

千葉県立千葉東高校(合格有望圏 県標準偏差値:70)
に合格することが出来ました。 
(桐谷美玲・小島瑠璃子の母校ですね!)

そんな経緯があり、娘の合格のターニングポイントだった
教材なので高校受験にのぞむ受験生にオススメしたく当ブログを立ち上げました。

さらにうれしいことに
購入後に不定期ではありますが
★大きなお世話の【勝手にサポートメール】★
というものが届きました。

その内容がとても参考になるので
2012年12月1日に許可を頂き、
私の元に届いたサポートメールを紹介しています。

現在、公立高校 合格必勝パック 会員専用ページ で
【勝手にサポートメール】バックナンバーブログとして
当ブログが正式にリンクされております。


私の娘が購入した「公立高校合格必勝パック」は
開倫塾様の商品説明によると

「栃木・茨城・群馬に60校舎を展開する学習塾で
15年間に20000人の受験生が使用し、効果を証明した教材です。
正直申し上げて「一発逆転のウルトラC」的な要素はありません。
■コツコツ頑張って少しづつでもいいから確実に志望校に近づきたい!
■高校入試の勉強を効率的にやりたい!
■まずは短期間で基礎基本を徹底的に仕上げたい!
という中学生を対象とした教材+学習方法です。
【応用力は「基礎基本」という部品を組み立てる作業だ!】
という考えから作られたこの学習プログラムは、
基礎基本を徹底的に繰り返し反復することで
高校入試を解くために必要な学力を育成します。
とくに、現在理科・社会の点数が伸び悩んでいる中学生に最適です。
40日〜60日でその効果が実感できます。

となっています。

もっと具体的な内容については
こちらへどうぞ 次項有 公立高校合格必勝パック



ではここから以下が26年度のサポートメールの内容になります。


☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆
★大きなお世話の【勝手にサポートメール】★

こんにちは、KAIRIN予備校の石田です。

じつは、ついさっきなんですけど、

宇都宮校のホームルームで塾生に説教をたれてしまいましたので、

その内容を報告します。


栃木県最大の統一テスト「下野模試」まで

「あ16日」と迫ってきています。

夏期講習の初日には

「下野模試まであと34日」

と、黒板の上に表示していたので、

ついに夏期講習も折り返し地点を通過したことになります。


夏期講習の初日に、

「プレ下野模試」と称して、去年の過去問を実施しました。

その点数と解答用紙を見ながら、

生徒自身が

「下野模試で合格安全圏に入るために、夏休みにやるべきこと」

を、3時間かけて作成し、

それに従って夏期講習期間中は毎日10時間、自立学習をしています。

ただ・・・・・・・現実は・・・・、


部活動の県大会や、中には関東大会に出場する子も多く、

その練習やら、練習試合、合宿などで、

半分くらいしか参加できていない子もいます。

また、「練習で疲れたので、今日は休ませてください・・」

と、お母さんから電話が来ることもあります。

もちろん、中には合宿から帰ってきてその足で、

家に帰らずに大量の荷物を持って塾に来て頑張っている子もいます。


もちろん、部活動を頑張ることは非常に大切です。

しかし、中3の夏休みは1度しかないのです。


今日のホームルームでは、

塾生に、これまでの学習の進み具合、

どれくらい理解しているか、

どれくらいできるようになったか、知識が増えたか、

を自己分析してもらい、中間発表をしてもらいました。


約半数の子は、

「予定通りに進んでいます。」

「過去問をやり直したら、30点上がってました。」

というような順調な解答でしたが、

半数の子は、

「まだ予定の3割くらいしか終わっていません」

「過去問をやり直したら点数が変わっていませんでした」

というように、2週間の成果が確認できていませんでした。


そのような生徒一人一人に、

「じゃあどうするの?」

「あと16日で下野模試だけど、このままでいいの?」

と質問すると、全員同じ答えが返ってきました。


「がんばります!」

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

「がんばります!」って、

いい言葉ですよね。

同時に、便利な言葉ですね。


「今日から死ぬ気で頑張ります!」

この一言で、いままでのマイナスが解消されてしまう気がしますね。



でも、実はあなたの成長を止めてしまう禁断の言葉なんです。



この発言は、本心から問題を解決しよう、キチッと最後までやりぬくぞ!

っていう意思が揺らいでいるってことを示しています。


言い換えると、

「頑張ります。」と言っておいて、

どこかで

「ごめんなさい、 頑張ったつもりでしたが、できませんでした。」

「すいません、頑張ったのですが終わりませんでした。」

と言う機会を無意識に作り出してしまうのです。


つまり、最後まで責任を持って成し遂げると、約束していないのです。

「できるだけやります。」

「ベストを尽くします。」

も同じですよ。


もうひとつ、

「がんばります!」とか、「よーし、がんばるぞー!」

という言葉は、

「頑張る」という行動にフォーカスしているので、

頑張った結果どうなりたいのか?

という部分までフォーカスできていません。


口に出すのなら、

「頑張って、やり遂げます!」

「頑張って、○○にします!」


「何が何でもやり遂げます。」

「○○までに、絶対に○○に、なります。」

という、超前向きで、超ポジティブな言葉にしよう!


どうせ同じ‘頑張る’のであれば、

明確な目標(=ゴール)を設定して、

それに向かって頑張れるように、

言葉のチョイスをしよう!

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と、いうような話を、さっきのホームルームでしました。

現在、4時間目なのですが、

休憩時間中も必死に社会のまとめや、英語333の

やり直しをやっています。

少しは、きいたかな・・・・・。

KAIRIN予備校 石田晴康


☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

今回の記事はいかがだったでしょうか?

ドキッ!

とした受験生はいませんか?

しっかりと明確な目標をもって
普段の言動もしていきたいですね。

2014年08月06日

開倫塾 サポートメール2014年8月6日配信分

2012年10月初めに開倫塾 公立高校合格必勝パックを
娘に購入して勉強を開始しました。

夏休み明けの段階では
第一志望校は
千葉市立稲毛高校(合格有望圏 県標準偏差値:63)でした。
お笑い芸人小島よしおさんの母校ですね!

その後、公立高校合格必勝パックで苦手な理科、社会を中心に
勉強を開始したところ年末には模試等の偏差値が上昇し最終的には

千葉県立千葉東高校(合格有望圏 県標準偏差値:70)
に合格することが出来ました。 
(桐谷美玲・小島瑠璃子の母校ですね!)

そんな経緯があり、娘の合格のターニングポイントだった
教材なので高校受験にのぞむ受験生にオススメしたく当ブログを立ち上げました。

さらにうれしいことに
購入後に不定期ではありますが
★大きなお世話の【勝手にサポートメール】★
というものが届きました。

その内容がとても参考になるので
2012年12月1日に許可を頂き、
私の元に届いたサポートメールを紹介しています。

現在、公立高校 合格必勝パック 会員専用ページ で
【勝手にサポートメール】バックナンバーブログとして
当ブログが正式にリンクされております。


私の娘が購入した「公立高校合格必勝パック」は
開倫塾様の商品説明によると

「栃木・茨城・群馬に60校舎を展開する学習塾で
15年間に20000人の受験生が使用し、効果を証明した教材です。
正直申し上げて「一発逆転のウルトラC」的な要素はありません。
■コツコツ頑張って少しづつでもいいから確実に志望校に近づきたい!
■高校入試の勉強を効率的にやりたい!
■まずは短期間で基礎基本を徹底的に仕上げたい!
という中学生を対象とした教材+学習方法です。
【応用力は「基礎基本」という部品を組み立てる作業だ!】
という考えから作られたこの学習プログラムは、
基礎基本を徹底的に繰り返し反復することで
高校入試を解くために必要な学力を育成します。
とくに、現在理科・社会の点数が伸び悩んでいる中学生に最適です。
40日〜60日でその効果が実感できます。

となっています。

もっと具体的な内容については
こちらへどうぞ 次項有 公立高校合格必勝パック



ではここから以下が26年度のサポートメールの内容になります。


☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆
★大きなお世話の【勝手にサポートメール】★

こんにちは、

KAIRIN予備校の石田です。

夏休みの勉強、・・・・・頑張ってますか・・・・?

この時期だと、塾の夏期講習に参加している方も多いと思いますが、

そんな方に、大きなお世話ですが、1つアドバイスさせていただきます。



正直言って塾の現状をお話しすることになり、

自分の首を絞めることになりますが、

必勝パックで頑張っているあなたには、

本音の話をさせていただきますね。


私も、自分の塾のことしか知りませんので、

あまり、他の塾がどうのこうのと言うのは失礼かも知れませんが、

一般的に、塾の夏期講習というのは、

「今までの学習のまとめ」

「これからの学習内容の予習」

「受験のための勉強」=今までの学習のまとめ

を中心に授業を行っていると思います。

違っていたらごめんなさい。

少なくとも、私の塾ではそうです。


しかも、中3生の夏期講習となれば、他の学年と違って

時間数も結構多いですよね。(当然費用も・・・ですよね。)


私も現場で教えているのでわかりますけど、

塾の講師は、与えられている限られた授業時間の中で、

最大限の学習効果を出せるように、予習+レッスンプランの作成をします。


中3生ともなると、教える内容=情報量が多いので、

いかに短時間でわかりやすく説明するか、

とうことを考えながら、レッスンプラン(授業の進行予定)を考えます。

ちなみに、開倫塾の夏期講習では、

復習タームが13日間×4時間

+お盆特訓5日間×8時間 なのですが、

その中で数学の時間は18時間です。

18時間で2年半分の内容を復習するのです。

物理的に考えて、すべての単元のすべての内容を、

1〜10まで完全に復習+定着させることは不可能です。

これは当然、他の科目でも同様だと思います。

従って、授業は、講義中心になり、実際に生徒さんが問題を解く時間は

限られてしまいます。


しかし、あなたもご存じのように、

学力は、反復を繰り返して練習しなければ身につかないのです。

塾の夏期講習は、時間的にも、その反復練習の時間を

授業に取り入れることが不可能です。

もし、取り入れるとしても、拘束時間が長くなるので、

費用の方もそれなりの金額になってしまいます。


従って、学力が上がるかどうかは、

受講した生徒がしっかりと復習してくれるかどうかにかかっています。


そのため、予習を宿題にしたり、

大量の問題を宿題にしますが、

これは、「なんとしても、反復して復習をしてもらいたい」という気持ちからです。


しかし、現実的には夏期講習を受講して、

学習した時間に比例して学力が上がるのは6割〜7割です。

しっかりと「成績を上げたい」という気持ちで

宿題や復習をしてくれた生徒たちが成績が上がっていますが、

「宿題をやってこないと怒られるから・・・」という気持ちや、

「とりあえず、てきとうにやっておこう・・・」という気持ちで宿題をやってくる生徒は、

残念ながら学習時間に比例した結果が出ていません。


そして、一番恐ろしいことは・・・・・・・・・・・・・・、

普段(夏まで)部活動などで忙しかったため、

あまり学習時間がとれていなかった中3生が、

夏期講習で4時間〜5時間勉強することで、

「がんばった」という行動に満足してしまい、

そのあとの「もうひとがんばり」までたどり着けなくなってしまうことです。


さらに、

私たち講師が頑張って授業の予習や、レッスンプランを作成するため、

授業自体のクォリティが上がっているので、

生徒さんにとっては、

「いやー、本当に今日はよくわかった!」

「今日は、今までわからなかったいろんなことが理解できた!」

という状況ができてしまい、それだけで満足してしまうことです。

おなかいっぱいになってしまうんですね。


当然、今日わかったことでも、3日たてば忘れます。


夏期講習頑張った!

先生の授業もすごくわかりやすかった!

でもなぜか、模試の偏差値は上がらなかった・・・・・。

というのは、こういう理由です。


だから私は、大好きな授業をやめたのです。


大切なことは、

情報をインプットしたら、それを記憶として残しておくことです。


そのためには、

私を含めて、特殊能力のない一般的な人間は

地味な反復作業をするしかりません。


塾の夏期講習に参加している方、

授業の復習は2回以上やってくださいね。

1回目は当日(24時間以内)

2回目は週末(または講習終了時)に1週間分。


そうすることで学習時間に比例した成果を上げることができるはずです。


今回は、本当に大きなお世話でした・・・。

KAIRIN予備校 石田晴康


☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

今回の記事はいかがだったでしょうか?

夏期講習も
ただ受けただけでは成績は上がりませんね。

しっかりとインプットしたものは
反復してアウトプットの練習をしていかないと
記憶に定着しません。

ぜひ夏期講習を受講している受験生は
復習をしっかりとやっていきましょう。

2014年07月31日

開倫塾 サポートメール2014年7月30日配信分

2012年10月初めに開倫塾 公立高校合格必勝パックを
娘に購入して勉強を開始しました。

夏休み明けの段階では
第一志望校は
千葉市立稲毛高校(合格有望圏 県標準偏差値:63)でした。
お笑い芸人小島よしおさんの母校ですね!

その後、公立高校合格必勝パックで苦手な理科、社会を中心に
勉強を開始したところ年末には模試等の偏差値が上昇し最終的には

千葉県立千葉東高校(合格有望圏 県標準偏差値:70)
に合格することが出来ました。 
(桐谷美玲・小島瑠璃子の母校ですね!)

そんな経緯があり、娘の合格のターニングポイントだった
教材なので高校受験にのぞむ受験生にオススメしたく当ブログを立ち上げました。

さらにうれしいことに
購入後に不定期ではありますが
★大きなお世話の【勝手にサポートメール】★
というものが届きました。

その内容がとても参考になるので
2012年12月1日に許可を頂き、
私の元に届いたサポートメールを紹介しています。

現在、公立高校 合格必勝パック 会員専用ページ で
【勝手にサポートメール】バックナンバーブログとして
当ブログが正式にリンクされております。


私の娘が購入した「公立高校合格必勝パック」は
開倫塾様の商品説明によると

「栃木・茨城・群馬に60校舎を展開する学習塾で
15年間に20000人の受験生が使用し、効果を証明した教材です。
正直申し上げて「一発逆転のウルトラC」的な要素はありません。
■コツコツ頑張って少しづつでもいいから確実に志望校に近づきたい!
■高校入試の勉強を効率的にやりたい!
■まずは短期間で基礎基本を徹底的に仕上げたい!
という中学生を対象とした教材+学習方法です。
【応用力は「基礎基本」という部品を組み立てる作業だ!】
という考えから作られたこの学習プログラムは、
基礎基本を徹底的に繰り返し反復することで
高校入試を解くために必要な学力を育成します。
とくに、現在理科・社会の点数が伸び悩んでいる中学生に最適です。
40日〜60日でその効果が実感できます。

となっています。

もっと具体的な内容については
こちらへどうぞ 次項有 公立高校合格必勝パック



ではここから以下が26年度のサポートメールの内容になります。


☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆
★大きなお世話の【勝手にサポートメール】★


こんにちは、

KAIRIN予備校の石田です。

夏期講習が始まって10日がたちました。

生徒たちは1日10時間の集中学習にもやっと慣れた感じで、

最近は授業終了後にも、

「せんせー、今日のノルマが終わってないんで、

残って勉強していいですか?」

といって、11時まで頑張る子も出てきました。


いままでほとんど勉強の習慣がなかった子が、

急に勉強漬けになったことで、

彼らなりに、自分が成長しているという実感がわいてきたのだとおもいます。




さて、今日は授業中に生徒から質問された件について・・・・



前回のメールにも書きましたが、

今年から、必勝パックを1ページずつやらせて、

間違えた問題は「問題+答え」を上手くまとめて

ノートに書き取り練習をさせてから、もう一度やり直して、

それができたら次のページに進ませるようにしています。


そこで、生徒の質問です・・・・・・。



「せんせー、これって・・・何回書いて練習すればいいですか・・?」



あなたはこんな質問を学校の先生とかにしたことはありませんか?



この質問は、大きな勘違いをしている質問ですよね。

わかりますか?



書き取り練習をする目的は一体何だったのでしょうか・・・・?

そう、「覚えるため」ですよね。


「覚えるための書き取り練習」

であり、

「書くための書き取り練習」

ではないのです。


つまり、この質問の答えは、

「君が覚えるまでだよ!」


ということになります。


回数なんて全然関係ないんです。

3回書いて覚えることもあれば、

20回書かないと覚えないこともあります。


たとえば、

英単語で、「hope」を書けなかった場合、

「hope希望 hope望む hope希望 hope望む・・・・・」

というふうに5回くらい発音しながら書けば覚えられるのではないでしょうか?

逆に、酸化銅の炭素による還元などは、

「2CuO+C→2Cu+CO2」を10回〜20回くらい書いた方がいいと思います。

(あくまでも例ですよ・・・)

何でもかんでも、「10回書く」とか「20回書く」と、決めてしまうことは、

その瞬間に「書くこと」が目的となってしまい、

脳は「書くこと」にフォーカスしてしまいます。


逆に、「覚えること」を常に意識して書き取りすると、

あなたの脳は「覚えること」にフォーカスします。

3回書けば覚えられるものを20回書くというのは時間の無駄です。

同時に、

20回書かないと覚えられないものを

10回しか書かないのは、

結局覚えられないのでそれまでの書いた時間は「時間の無駄」です。


1回1回書いた後に、

今書いたものを見ないで(紙かなんかで隠して)その下に書いてみる・・・。

それで2回連続書けていればOKです。


欲を言えば、必勝パックのノートとは別に、

「暗記専用書き取りノート」を用意して、

間違えたときの書き取り練習はすべて同じノートにやるといいですよ。


なぜか?


寝る前にもう一度そのノートを取り出して、

今日覚えたはずのことをもう一度確認できるからです。


学習の効果は、

「やる気」×「学習の質」×「学習の量」

で決まります。

「学習の質」というのは、

あなたの学習時間の中で、

一体何パーセントが、学力アップに結びついているか?

ということです。


もう覚えているのに、黙々と書き続けたり・・・、

あと5分練習すれば覚えられるのにやめてしまったり・・・

このような無駄な時間を極力なくしていくことで、

残された時間を本当に有意義に使うことができます。


・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

と、いうことを、本日のホームルームで生徒に話しました。


また、何か気づいたことがあったらメールしますね。

頑張ってください。

KAIRIN予備校 石田晴康



☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

2014年07月27日

開倫塾 サポートメール2014年7月27日配信分

2012年10月初めに開倫塾 公立高校合格必勝パックを
娘に購入して勉強を開始しました。

夏休み明けの段階では
第一志望校は
千葉市立稲毛高校(合格有望圏 県標準偏差値:63)でした。
お笑い芸人小島よしおさんの母校ですね!

その後、公立高校合格必勝パックで苦手な理科、社会を中心に
勉強を開始したところ年末には模試等の偏差値が上昇し最終的には

千葉県立千葉東高校(合格有望圏 県標準偏差値:70)
に合格することが出来ました。 
(桐谷美玲・小島瑠璃子の母校ですね!)

そんな経緯があり、娘の合格のターニングポイントだった
教材なので高校受験にのぞむ受験生にオススメしたく当ブログを立ち上げました。

さらにうれしいことに
購入後に不定期ではありますが
★大きなお世話の【勝手にサポートメール】★
というものが届きました。

その内容がとても参考になるので
2012年12月1日に許可を頂き、
私の元に届いたサポートメールを紹介しています。

現在、公立高校 合格必勝パック 会員専用ページ で
【勝手にサポートメール】バックナンバーブログとして
当ブログが正式にリンクされております。


私の娘が購入した「公立高校合格必勝パック」は
開倫塾様の商品説明によると

「栃木・茨城・群馬に60校舎を展開する学習塾で
15年間に20000人の受験生が使用し、効果を証明した教材です。
正直申し上げて「一発逆転のウルトラC」的な要素はありません。
■コツコツ頑張って少しづつでもいいから確実に志望校に近づきたい!
■高校入試の勉強を効率的にやりたい!
■まずは短期間で基礎基本を徹底的に仕上げたい!
という中学生を対象とした教材+学習方法です。
【応用力は「基礎基本」という部品を組み立てる作業だ!】
という考えから作られたこの学習プログラムは、
基礎基本を徹底的に繰り返し反復することで
高校入試を解くために必要な学力を育成します。
とくに、現在理科・社会の点数が伸び悩んでいる中学生に最適です。
40日〜60日でその効果が実感できます。

となっています。

もっと具体的な内容については
こちらへどうぞ 次項有 公立高校合格必勝パック



ではここから以下が26年度のサポートメールの内容になります。


☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆
★大きなお世話の【勝手にサポートメール】★

こんにちは、KAIRIN予備校の石田です。

夏期講習が始まって1週間がたちました。

KAIRIN予備校では、去年と同様に

12:00〜22:30 合計10時間

延々必勝パックを解いているだけ!

という夏期講習を実施しています。

今年は、夏期講習からの参加者が9名でした。

そして、

初日の10時間が無事終わった翌日の早朝、

1件の電話が・・・・・・

「先生すいません、・・・申し込んだのですが、

昨日1日やってみて、どうしても本人がつらいというので

キャンセルさせてもらえないでしょうか・・・?」

いきなり一人キャンセルとなってしまいました・・・(T_T)。


さて、残りのメンバーですが、

1週間やってみて顔つきが全然変わってきました。

いままでほとんど家庭学習をしていなかった子達が、

毎日10時間の集中学習!

しかも、延々と基礎基本の繰り返しです!


さすがに初日・2日目はつらそうでしたが、

1週間もたつと、全然平気になってるんですよね。

同じ問題を何度も繰り返しているうちに、

「自分の知識が増えてきている」

「明らかに、昨日よりもできるようになっている」

「朝、来たときよりも、夜帰るときの方が知識が確実に増えている」

という実感が、彼らのモチベーションを少しずつ上げています。

もちろん、10時間頑張った!という達成感も、

彼らの大きな力になっていると思います。


実は、・・・・・・・・

今年の夏期講習から、

実験的に必勝パックのやらせ方を少し変えているんです。

効果が確認できたら‘マニュアル’を改訂しようかと思っているのですが、

目の前の子供達を見ていて、いけそうな気がするので

あなたに紹介しますね。


理科・社会・英語については、

(1)1ページやるごとに○つけをさせています。

(2)まちがえた問題、書けなかった問題については、

  問題番号に赤×をつけさせています。

・・・・ここまでは、マニュアル通りですよね・・・・・・

(3)まちがえた問題について、

  ノートに書いて練習させています。

  このとき、

  英語ならば、{日本語訳1回+英文3回}を1セットにして

  覚えられるまで練習させます。

  理科・社会は、答えだけ書いてもしょうがないので、

  {問題+答え}をセットで書き取りさせています。

  しかし、普通に{問題+答え}を書き写すと、

  ものすごく時間がかかってしまいます。

  そこで、{問題+答え}を簡単に短くまとめさせて

  それを練習させています。

  たとえば、

  「律令制度のもとで,6年ごとに戸籍を改めて6歳以上の男女に
   口分田を与え,死ぬと国に返させた制度は何か。」
  →班田収授法

  をまちがえた場合は、

   律令制度→6才以上口分田→班田収授法

  というように、要点をまとめさせて書き取りさせています。

  ※最初は「まとめるの大変だなー・・・」と思いますが、

    1週間も続けると自然とまとめるのがうまくなってくるから不思議です・・。


(4)ひととおり、練習したら、次のページを同じようにやらせます。

(5)3ページ〜5ページ(生徒によって指示が違います)終わったら、

  3ページ分〜5ページ分の赤×の問題をもう一度

  解き直しさせます。

(6)すべて○になるまで何回も繰り返します。

  ※ほとんど子は2回目〜3回目でクリアします。

(1)〜(6)の作業をしながら、どんどん先に進ませます。


この一連の作業のポイントは、

できなかったところをその日のうちにできるようにさせてしまうことです。


実は、去年の夏期講習から、

授業をやめて必勝パックによる自立学習に切り替え、

毎日、生徒の自立学習を監督しながら、

いろいろな子の学習パターンを観察していました。


そして、成績が上がってる子の共通点が、

「わからなかったところ」

「できなかったところ」

に対する執着心が強い!

ということに気がついたのです。


必勝パックをどんどん進めて、

チェック表に蛍光ペンで印をつけることに喜びを感じている子は、

どうしても、できない問題をやり直すよりも、

次に進むことを優先してしまいます。

その結果、必勝パックの反復回数は増えますが、

やはり、何回反復しても

できないところ=自分の弱点

にフォーカスするのを心理的に避けてしまいがちです。

従って、反復回数に応じて少しずつ弱点は減ってきますが、

どうしても時間がかかってしまいます。


その日のうちに繰り返し書き取りして覚えてしまう、

という方法だと、なかなか先に進まないのですが、

確実に覚えてから先に進んでいるので、

1回目の終了に時間がかかっても、

2回目、3回目はものすごく早く終わるのです。

そして、結局後者のほうが、最終的に反復回数が多くなるのです。


やった範囲までの結果がすぐに確認できるのも

後者の方法であり、このやり方をするようになってから、

子供達のモチベーションが持続するようになりました。

毎日の学習で、自分の成長が確認=実感できるからだと思います。


必勝パックは、

おわらせること、反復することが目的ではありません。

知識を定着させることが目的です。

この夏休み、

ぜひ、あなたも(1)〜(6)の方法を試してみてください。

効果は、私のかわいい生徒達が実証済みです。


KAIRIN予備校 石田晴康

P.S.
最近、ご購入された方のために、

前回のサポートメールに添付した

「夢実現シート」をつけておきます。

自主学習する前(Q1〜Q3)と、

自主学習終了後(Q4〜Q6)に、

毎日記入してください。

また、先日のホームルームで生徒に配った

「夢実現シートの記入例」もつけときます。

あなたの成長は、あなた自身で確認してくださいね。


☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

今回の記事はいかがだったでしょうか?

何事もそうですが
継続することが一番難しい作業です。
合格必勝パックをやるんだと決めたなら
しっかりと最後まで頑張っていきましょう。

2014年07月20日

開倫塾 サポートメール2014年7月20日配信分

2012年10月初めに開倫塾 公立高校合格必勝パックを
娘に購入して勉強を開始しました。

夏休み明けの段階では
第一志望校は
千葉市立稲毛高校(合格有望圏 県標準偏差値:63)でした。
お笑い芸人小島よしおさんの母校ですね!

その後、公立高校合格必勝パックで苦手な理科、社会を中心に
勉強を開始したところ年末には模試等の偏差値が上昇し最終的には

千葉県立千葉東高校(合格有望圏 県標準偏差値:70)
に合格することが出来ました。 
(桐谷美玲・小島瑠璃子の母校ですね!)

そんな経緯があり、娘の合格のターニングポイントだった
教材なので高校受験にのぞむ受験生にオススメしたく当ブログを立ち上げました。

さらにうれしいことに
購入後に不定期ではありますが
★大きなお世話の【勝手にサポートメール】★
というものが届きました。

その内容がとても参考になるので
2012年12月1日に許可を頂き、
私の元に届いたサポートメールを紹介しています。

現在、公立高校 合格必勝パック 会員専用ページ で
【勝手にサポートメール】バックナンバーブログとして
当ブログが正式にリンクされております。


私の娘が購入した「公立高校合格必勝パック」は
開倫塾様の商品説明によると

「栃木・茨城・群馬に60校舎を展開する学習塾で
15年間に20000人の受験生が使用し、効果を証明した教材です。
正直申し上げて「一発逆転のウルトラC」的な要素はありません。
■コツコツ頑張って少しづつでもいいから確実に志望校に近づきたい!
■高校入試の勉強を効率的にやりたい!
■まずは短期間で基礎基本を徹底的に仕上げたい!
という中学生を対象とした教材+学習方法です。
【応用力は「基礎基本」という部品を組み立てる作業だ!】
という考えから作られたこの学習プログラムは、
基礎基本を徹底的に繰り返し反復することで
高校入試を解くために必要な学力を育成します。
とくに、現在理科・社会の点数が伸び悩んでいる中学生に最適です。
40日〜60日でその効果が実感できます。

となっています。

もっと具体的な内容については
こちらへどうぞ 次項有 公立高校合格必勝パック



ではここから以下が26年度のサポートメールの内容になります。


☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆
★大きなお世話の【勝手にサポートメール】★


こんにちは、KAIRIN予備校の石田です。

いよいよ夏休み突入です。

中3生は本格的な受験勉強を始める時期ですね。


さて、最近、塾の生徒たちを見て感じることなのですが、

生徒たちが同じ行動をやっても

同じ勉強をしても

その子によって、

苦痛やストレスに感じる場合と

喜びや成長に感じる場合があります。

この違いって何だと思いますか・・・?


私も、20年以上この仕事をしていますが、

本当に最近になってやっとわかったことがあります。


このような違いが出るのは、

脳が影響しているようです。




本来、脳は、基本的に2つの動機から

あなたの行動を指示します


たった2つですか?


と言いたいと思われるでしょうがそうなのです。



それは・・・人間は

@痛みを避けて 

A快楽を得るように

行動するのです。


「痛み」と言っても苦しみ悲しみ憎しみ、

孤独感、そういった負の感情は全て痛みになり、


喜び、幸福感、満足、充足、楽しい、嬉しい、のような

プラスの感情は、快楽になります。


なので

あなたがその行動をどちらに分類しているかで

その差が出てくるというわけなのです。


成績を上げたい!

いい点数をとりたい!

前回よりも順位を上げたい!

誰しもが思うことです。


でもそのためには学習を継続的に、

そして大量にする必要があります。


しかし、・・・・


成績が悪い子ほどなかなか勉強しません。


それはなぜでしょうか?


成績が悪い生徒ほど、勉強すると間違えます。

回答が正解ではないだけなのに、

なぜか成績が悪い生徒は・・・

「私が悪い・・・」

と思ってしまい、

勉強しても痛みや苦しみの感情しかつかないのです。


脳は痛いこと苦しいことは無意識に避けようとしてしまうので

勉強をしない方向に動くのです。


まとめると

勉強すること=苦痛

なのです。


それではどうすればいいでしょうか?



そのためには、

勉強することについている負の感情を

快の感情に変えていく必要があります。


今日はその一つをご紹介します。


それは『お祝いをする』です。


なんですかそれ?


という声が聞こえてきそうですが、今説明します。

勉強するのは同じですが、

勉強が終わった時に

勉強することで達成できる目標をイメージします。

そして、達成された時に得られる感情を次にイメージします。


それは、例えば嬉しかったり、誇らしかったり

いろんな快の感情があると思います。


その感情を十分に味わうと心が満たされた気分になると思います。



そうすることで、

勉強についている負の感情を変えていくことができます。


最初は意識が否定しますが、

あなたの潜在意識には確実に響いています。


KAIRIN予備校では、

これらの感情を意識的に作り出すツールとして、

「夢実現シート」

というものを使っています。


勉強を始める前に、


Q1.今日の目標

Q2.今日、工夫すること

Q3.今日のノルマ

を決めます。

そして、すべての勉強が終了したときに、

Q4.今日、達成したこと。成長したこと。

Q5.今日の反省点

Q6.明日の目標

を書いてもらっています。


毎日、目標を立てると言うことは非常に重要です。

目標があるからたどり着くのです。

そして、もっと大切なのは、

その目標がどれくらい達成したかを

毎日自分で検証することです。


そして、目標をクリアした自分をめいっぱい褒めることです。

どんな大きな目標でも、

毎日の小さい目標に細分化し、

少しずつこつこつとクリアしていくことによって、

満足感・達成感が生まれ、

「勉強する」という行動が、

快楽につながってきます。


本当です。


私の教室では、塾で自習するときも、

家で家庭学習するときも、

必ずこの作業をやらせていますが、

日に日に、

みんなが勉強に対して前向きになってくるのが実感できます。


KAIRIN予備校の「夢実現シート」を添付ファイルでつけておきます。

あなたも是非試してください。

KAIRIN予備校 石田晴康


☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

今回の記事はいかがだったでしょうか?

教材購入者には「夢実現シート」を添付ファイルを
いただけます。


2014年07月14日

開倫塾 サポートメール2014年7月14日配信分

2012年10月初めに開倫塾 公立高校合格必勝パックを
娘に購入して勉強を開始しました。

夏休み明けの段階では
第一志望校は
千葉市立稲毛高校(合格有望圏 県標準偏差値:63)でした。
お笑い芸人小島よしおさんの母校ですね!

その後、公立高校合格必勝パックで苦手な理科、社会を中心に
勉強を開始したところ年末には模試等の偏差値が上昇し最終的には

千葉県立千葉東高校(合格有望圏 県標準偏差値:70)
に合格することが出来ました。 
(桐谷美玲・小島瑠璃子の母校ですね!)

そんな経緯があり、娘の合格のターニングポイントだった
教材なので高校受験にのぞむ受験生にオススメしたく当ブログを立ち上げました。

さらにうれしいことに
購入後に不定期ではありますが
★大きなお世話の【勝手にサポートメール】★
というものが届きました。

その内容がとても参考になるので
2012年12月1日に許可を頂き、
私の元に届いたサポートメールを紹介しています。

現在、公立高校 合格必勝パック 会員専用ページ で
【勝手にサポートメール】バックナンバーブログとして
当ブログが正式にリンクされております。


私の娘が購入した「公立高校合格必勝パック」は
開倫塾様の商品説明によると

「栃木・茨城・群馬に60校舎を展開する学習塾で
15年間に20000人の受験生が使用し、効果を証明した教材です。
正直申し上げて「一発逆転のウルトラC」的な要素はありません。
■コツコツ頑張って少しづつでもいいから確実に志望校に近づきたい!
■高校入試の勉強を効率的にやりたい!
■まずは短期間で基礎基本を徹底的に仕上げたい!
という中学生を対象とした教材+学習方法です。
【応用力は「基礎基本」という部品を組み立てる作業だ!】
という考えから作られたこの学習プログラムは、
基礎基本を徹底的に繰り返し反復することで
高校入試を解くために必要な学力を育成します。
とくに、現在理科・社会の点数が伸び悩んでいる中学生に最適です。
40日〜60日でその効果が実感できます。

となっています。

もっと具体的な内容については
こちらへどうぞ 次項有 公立高校合格必勝パック



ではここから以下が26年度のサポートメールの内容になります。


☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

★大きなお世話の【勝手にサポートメール】★

こんにちは、

KAIRIN予備校の石田です。

このたびは、開倫塾の「合格必勝パック」をご購入いただき、

誠にありがとうございます。

わたしの教室でも、

この夏休みから本格的に「必勝パック」を使って

基礎基本の徹底をさせていきます。

生徒を指導しながら、気づいたこと、注意したこと、

そして成功事例等をあなたとシェアしていきたいと思っております。

よろしくお願いします。


KAIRIN予備校の夏期講習は、いよいよ来週21日からスタートします。

今年は、栃木県の足利校・石橋校・宇都宮校の3教室で、

「合格必勝パックを延々とやるだけ・・・・!」

という夏期講習を実施します。


実は私の指導している宇都宮校では、

去年から、夏期講習の授業をやめてしまいました。

理由は・・・・・・・・・

私が一生懸命に教えているよりも、

生徒が黙々と必勝パックをやってもらった方が、

明らかに学力がつく!・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・という悲しい事実に気がついてしまったか らです。

私もいちおう、この業界では20年以上やっているベテラン(?)なので、

生徒に理解させたり、難しい問題を解けるようにしたり、

応用問題を簡単に解く方法を教えたり・・・

授業にはそれなりの自信があります。

しかも、授業が大好きです!

でも、どんなにわかりやすい授業をやって、

生徒さんが満足してくれたとしても、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1週間たてば忘れてしまうんです。

しっかりと、定期的に復習を繰り返し、

実際の試験で点数がとれるようになってくれる子は

悲しいことに半分くらいなんです。


私の教室に限らず、どこの塾でも「夏期講習」と称して、

10日間〜2週間位の期間で、

いままでの内容を総復習するわけですが、

現実問題として、

2年半分の内容をわずか2週間くらいで復習できるはずがないのです。

ほと んどの学習塾は、

各単元の重要なところをピックアップして講義しているのが現状ですが、

ピックアップされなかった膨大な内容については生徒はいつ勉強するのでしょうか?
そもそもどの部分がピックアップされなかったのかということすら

生徒にはわかりません。


私は大学2年の夏にアルバイトとして塾業界に入ってから20年以上、

この業界でやってきました。

先ほど書かせていただいたような夏期講習も何回も実施してきましたが、

結局、普段からこつこつがんばっていた一部の生徒は

確実に夏期講習で成果を出しますが、

夏からがんばろう!というような生徒さんたちは、

一時的には成績が上がりますが、長期的に見ると伸びが止まってしまいました。



栃木県では、県立高校入試の問題は、

その70%が教科書の基礎基本から出題されています。

つまり、教科書の基礎基本を確実に定着させるだけで

入試問題の70%は解けるのです。

また、応用問題を解くためには、

これまでに脳に蓄積された「部品」を使って考えを組み立てる力が必要です。

この「部品」というのが「基礎基本」なのです。

つまり、「基礎基本」をしっかりと確実に定着させることによって、

高校入試で350点以上は確実にとれるのです。

もちろん、400点〜450点も不可能ではありません。


簡単に言ってしまいましたが、

問題はその「基礎基本」の量です。

当然3年間分・しかも5教科分ですからその量は相当莫大なものになります。

だから、どこの塾も重要と思われる部分だけをピックアップして教えるのです。

しかし、せっかくの夏休みです。

高校入試前の最後の長期休みです。

どうせ受験勉強をやるなら、

これまでの基礎基本を全部復習したいと思いませんか?


ところで・・・・・・・・

私の20年以上に及ぶ塾講師としての経験から、

明らかに事実だと確信したことがあります。

「楽して成績を上げる方法はない」

「結果を出した生徒・成績を大幅に伸ばした生徒は例外なく、ものすごい苦労をしている」


ということです。


このような経緯があって、

私は去年から、夏期講習の授業を一切やめて、

1日10時間×30日間

合計300時間

とにかく、「必勝パック」を何回も何回もくりかえす!

という夏期講習をやりました。

朝から晩まで、私の目の前に生徒を座らせて、

とにかく、必勝パックをやらせました。


「授業をやってくれないんですか?」

「自習だけなら自分で家でやれます」

といって、他の塾に行ってしまった生徒もいました。

結局、20人いた生徒は、13人になってしまいました。


そこに、夏期講習から入塾してくれた4人を加えて17人で

地獄の夏期講習を実施したのです。


多い子は、必勝パックの社会を3回・理科も3回終了させました。

ほとんどの子は数学も2回終わらせました。

一番時間がかかったのが英語でした。

多くて2回、少ない子でやっと1回終わったという状況です。


しかし、

夏休みの最後に実施された栃木県統一模試である

「下野新聞社模試」で、恐ろしいことが起こりました。


参加した生徒で、

6月にも下野模試を受験していた生徒11人中、

9人が、6月よりも偏差値が上がったのです。

(2人は、変わってませんでした・・・・)

中には、

偏差値44→57

というように13もアップした子もいます。

残りの6人については6月に受験していないため、

比較ができませんが、本人たちは満足してくれました。


何よりも、

夏休みに長時間学習する習慣がついたことと、

自習中に私が「勉強の仕方」についてアドバイスを続けていたので、

9月からも集中して長時間、正しい勉強のやり方で学習できるようになりました。


※成果の出る勉強のやり方については、

 このメールにて、私の教室の生徒と同じ時期・タイミングで

 配信していきます。


去年の夏期講習の成果が出たことから、

私の管轄しているKAIRIN予備校で、

今年から宇都宮校以外に、石橋校・足利校で

「授業を一切しない夏期講習」を実施することになりました。

(他の校舎は、生徒さんと保護者様のご理解が得られませんでした・・・)

今年は、私も指導もかねて3校舎を回ります。

それぞれの校舎にて、気がついたこと、指導したこと、

成功事例を、あなたにシェアしていこうと思っております。

どうか、この夏、

あなたも長時間の自己学習で2年半分の「基礎基本」を

完璧に定着させてください。

KAIRIN予備校 石田晴康


☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。