2012年12月02日

開倫塾サポートメール 10月21日分配信

こんにちは
ゆずです。

私の娘は
10月初めに開倫塾 公立高校合格必勝パックを購入して
勉強を開始しました。

購入後に不定期ではありますが
★大きなお世話の【勝手にサポートメール】★
というものが届きました。

その内容がとても参考になるので
私の元に届いたサポートメールをご紹介したいと思います。
開倫塾様にはサポートメールのブログへの掲載の許可を
12月1日にいただきました。


私の娘が購入した「公立高校合格必勝パック」は
開倫塾様の商品説明によると

「栃木・茨城・群馬に60校舎を展開する学習塾で
15年間に20000人の受験生が使用し、効果を証明した教材です。
正直申し上げて「一発逆転のウルトラC」的な要素はありません。
■コツコツ頑張って少しづつでもいいから確実に志望校に近づきたい!
■高校入試の勉強を効率的にやりたい!
■まずは短期間で基礎基本を徹底的に仕上げたい!
という中学生を対象とした教材+学習方法です。
【応用力は「基礎基本」という部品を組み立てる作業だ!】
という考えから作られたこの学習プログラムは、
基礎基本を徹底的に繰り返し反復することで
高校入試を解くために必要な学力を育成します。
とくに、現在理科・社会の点数が伸び悩んでいる中学生に最適です。
40日〜60日でその効果が実感できます。

となっています。

もっと具体的な内容については
こちらへどうぞ 次項有 公立高校合格必勝パック

うちの娘も理科にて早くも結果が出ました。
こちらの記事をお読みください。
⇒ Vもぎで理科の偏差値が急上昇

ではここから以下がサポートメールの内容になります。

右斜め下右斜め下右斜め下右斜め下

--------------------------------------------------------------------------------
★大きなお世話の【勝手にサポートメール】★
--------------------------------------------------------------------------------
高校2年生の女の子がいました。
去年の夏休みに、2人の生徒から同じ相談を受けました。

ひとりは高3生の夏子さん(当然仮名)、
もうひとりは浪人生の秋子さん(もちろん仮名)です。

「先生、どうしても数学が伸びないんです。」
「センターの過去問をやっているのですが、どうしても70点以上が取れないんです。」
「この夏休みに何とかしたいのですが、一体何をすればいいですか?」

実は毎年夏休み前になるとこのような相談を受けます。

そして私は必ず同じことを指示します。

「一旦過去問はやめて、基本だけに絞った問題集を一通りやりなさい。」
「そしてできないところを5回反復しなさい。」

といって、数学TAとUBの個別指導用の基本問題集を渡します。

このような指示を出すと、必ずほとんどの生徒は抵抗します。

「先生、基礎は大丈夫だから、応用問題を解けるようにしたいんですよ・・・。」
「こんな簡単な問題じゃあ,センター対策にならないんですけど・・・。」
と言われます。

私はここで

「とにかく絶対に伸びるからやってご覧なさい。」
「だまされたと思ってやってごらん!!」

と押し切ります。

別に問題集でなくても教科書のすべての例題でもいいと思います。
すべての例題(基本問題)を解いて、間違えた問題だけ類題演習を行い、
さらにすべての範囲が終わったら、
間違えた問題だけを5回解き直します。

毎年、半数の子は私の言ったとおりにやってくれますが、
残り半数は、『そんなことやってる場合じゃない』と言って
過去問や、センター試験問題集をやり始めます。

なかには、退塾して他の予備校に行ってしまう子もいます。

さらに、私は、指示に従って
やってくれることになった子達に
毎年こんな質問をします・・・

「数学TAすべて終わらすのにどのくらいの期間が必要かな?」

夏子さんは、「例題だけなら簡単だから1週間かからないかな・・。」
秋子さんは、「3日間あれば十分ですよ。」と答えました。

ところが実際は、夏子さんは50日、秋子さんは1ヶ月かかりました。

2人とも、基本問題だけだからすぐに解き終わると思っていたのでしょうが、
実際は覚えていると思っていた公式を忘れていたり、解けたはずの問題が
解けなかったり、いかに自分たちが基礎基本をおろそかにしていたかを
痛感していました。

そして最初はめんどくさそうにやっていた2人でしたが、
だんだん真剣に取り組むようになりました。

夏子さんは、間違えた問題だけでなく、すべての問題の類題をやりました。

「なんか・・・不安になっちゃって・・・」ということでした。

その後、10月中旬からセンター試験の過去問を再開したのですが、
明らかに夏休み前と比べて解くスピードも速くなり、
点数もかなり取れるようになっていたのです。

結局、夏子さんは夏休み前の模試で46点だったセンター試験の数学TAが89点、
秋子さんは90点を取り、2人とも国立大学に見事合格しました。

応用力は基礎基本を使って考えを組み立てる能力です。

組み立てるための部品である基礎基本が揃っていなければ
どんなに頑張っても応用力は付かないのです。

まずは基礎基本をしっかりと身につけましょう。

☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆
いかがだったでしょうか?

今日のサポートメールの内容。

もしかしたら思い当たるフシがあるかもしれませんね。
この時期になるとついつい実践問題ばかりに気が向いてしまいますが
成績が上がらない原因は基礎基本の部分かもしれません。

うちの娘に関しては
公立高校合格必勝パックで基礎基本の確認をし、
また入試当日まで復習することで記憶の定着を
目指しています。

ただこの教材も薄い問題集とは言っても
説明ページにも書いてありますが
40日から60日ぐらいはかかるので
はじめるなら12月中。
それもできるだけ早く始めたほうがいいと思います。

今日は千葉県ではVもぎ(県立そっくり)が行われます。

千葉県では最大規模の外部模試で
特に今回の12月の模試は受験者数が最大になることが
見込まれてますのでその結果もある程度信頼がおける
データーになるのではないでしょうか?

先ほどうちの娘も試験会場の某高校まで
送っていったところです。

公立高校合格必勝パックの成果がまた出るといいんですけどね!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。