2012年12月04日

開倫塾サポートメール 11月6日分配信

こんにちは
ゆずです。

私の娘は
10月初めに開倫塾 公立高校合格必勝パックを購入して
勉強を開始しました。

購入後に不定期ではありますが
★大きなお世話の【勝手にサポートメール】★
というものが届きました。

その内容がとても参考になるので
私の元に届いたサポートメールをご紹介したいと思います。
開倫塾様にはサポートメールのブログへの掲載の許可を
12月1日にいただきました。


私の娘が購入した「公立高校合格必勝パック」は
開倫塾様の商品説明によると

「栃木・茨城・群馬に60校舎を展開する学習塾で
15年間に20000人の受験生が使用し、効果を証明した教材です。
正直申し上げて「一発逆転のウルトラC」的な要素はありません。
■コツコツ頑張って少しづつでもいいから確実に志望校に近づきたい!
■高校入試の勉強を効率的にやりたい!
■まずは短期間で基礎基本を徹底的に仕上げたい!
という中学生を対象とした教材+学習方法です。
【応用力は「基礎基本」という部品を組み立てる作業だ!】
という考えから作られたこの学習プログラムは、
基礎基本を徹底的に繰り返し反復することで
高校入試を解くために必要な学力を育成します。
とくに、現在理科・社会の点数が伸び悩んでいる中学生に最適です。
40日〜60日でその効果が実感できます。

となっています。

もっと具体的な内容については
こちらへどうぞ 次項有 公立高校合格必勝パック

うちの娘も理科にて早くも結果が出ました。
こちらの記事をお読みください。
⇒ Vもぎで理科の偏差値が急上昇

ではここから以下がサポートメールの内容になります。

右斜め下右斜め下右斜め下右斜め下



--------------------------------------------------------------------------------
大きなお世話の【勝手にサポートメール】
--------------------------------------------------------------------------------
いよいよ11月です。
公立高校入試まであと4ヶ月ですね。

最近急に寒くなったため、(栃木県では・・・)
風邪で欠席する生徒が目立っています。
あなたは大丈夫ですか?

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−
   今日のテーマは「過去問」です。
−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

今月に入って、生徒から
「せんせー、そろそろ県立の過去問やったほうがいいですかぁ・・?」
「過去問買いました!いつから始めればいいですか?」
などの質問を受けます。

私は必ず、こう答えます。(あくまでも私自身の考えですが・・・・)

「まだ早い!」
「冬休み開けてからでいいから、今は手をつけるな!」

うちの生徒はこれで、「はい、わっかりました−!」と、
何の疑問もなく、従ってくれるのですが、わたしがどういう人間か
分からないあなただったら、

「なんで?」

と思いますよね。


それは、(あくまで私自身の考えです。くれぐれも・・・)
「過去問」という問題集の特殊性にあります。

よく考えて下さい。

【過去問】って、なんでみんなやるんでしょう・・・・?

高校入試だけでなく、大学入試も、英検も、漢検も、
○○試験とつくものには必ず「過去問」が存在し、
だれもが、まるで集団催眠術にかかったように買いますよね・・・。

あるいみ、「過去問」って・・・・・・・・・・・・・

「絶対に同じ問題がでない問題集」

(ちょっと言い過ぎですかね・・・・)

ですよね。

なんでみんな必死にやるのでしょう・・・・。

なんで学校の先生、塾・予備校の先生は
「過去問をやりなさい!」って言うのでしょうか?

もしあなたが、すでに過去問を買っているのであれば、

なぜあなたはそれを購入したのですか?
なぜあなたは、それをやるのですか?

人それぞれに、理由、意味、使い道があると思います。
私はそれを否定しません。むしろ肯定します。

しっかりとした目的があり、過去問に取り組むのであれば、
それがどんな理由であれ、必ず目的の達成に近づくはずだからです。

ただ、

「みんながやってるから・・・」
「先生に、やれって言われたから・・・」
「親が買ってきたから・・・」

という理由でやるのであれば、
その辺の「入試問題集」をやった方がよほど効果的です。

過去問よりは同じような問題が出る可能性がありますから・・・・。

さて、前置きが長くなりましたが、
私が「過去問」を生徒にやらせる理由、
「過去問」を入試の5週〜6週間前からやらせる理由ですが、

「【過去問】は、試合直前の練習試合である」

という位置づけをしているからです。
(あくまで私自身の方針です。くれぐれも・・・・)

「【過去問】は、試合直前の練習試合である」

これがどういう意味を持つのか、
それは次回のメールでお伝えします。

意地悪をしているわけではありません。
あなたに考えて欲しいのです。

もしあなたが部活動をやっていたのであれば、・・・
地区大会とか、県大会のまえに練習試合をしますよね。

もちろん、試合の相手は、同じ地区・同じ都道府県の中学校ですよね。
なんのためにやるのでしょうか・・・?

そして、練習試合が終了した後、
勝敗にかかわらず、一体何が変わったのでしょうか?

よく考えてみましょう。
・・・・・・・・・・・・・・つづく

☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

いかがだったでしょうか?

我が家もまだ過去問には
取り組んでいません。

年明けに取り組む予定です。

今月いっぱい使って
公立高校合格必勝パックを仕上げてから

過去問にチャレンジをしていくつもりです。





×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。