2012年12月06日

開倫塾メールサポート 11月24日配信分

こんにちは
ゆずです。

私の娘は
10月初めに開倫塾 公立高校合格必勝パックを購入して
勉強を開始しました。

購入後に不定期ではありますが
★大きなお世話の【勝手にサポートメール】★
というものが届きました。

その内容がとても参考になるので
私の元に届いたサポートメールをご紹介したいと思います。
開倫塾様にはサポートメールのブログへの掲載の許可を
12月1日にいただきました。


私の娘が購入した「公立高校合格必勝パック」は
開倫塾様の商品説明によると

「栃木・茨城・群馬に60校舎を展開する学習塾で
15年間に20000人の受験生が使用し、効果を証明した教材です。
正直申し上げて「一発逆転のウルトラC」的な要素はありません。
■コツコツ頑張って少しづつでもいいから確実に志望校に近づきたい!
■高校入試の勉強を効率的にやりたい!
■まずは短期間で基礎基本を徹底的に仕上げたい!
という中学生を対象とした教材+学習方法です。
【応用力は「基礎基本」という部品を組み立てる作業だ!】
という考えから作られたこの学習プログラムは、
基礎基本を徹底的に繰り返し反復することで
高校入試を解くために必要な学力を育成します。
とくに、現在理科・社会の点数が伸び悩んでいる中学生に最適です。
40日〜60日でその効果が実感できます。

となっています。

もっと具体的な内容については
こちらへどうぞ 次項有 公立高校合格必勝パック

うちの娘も理科にて早くも結果が出ました。
こちらの記事をお読みください。
⇒ Vもぎで理科の偏差値が急上昇

ではここから以下がサポートメールの内容になります。

☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆
大きなお世話の【勝手にサポートメール】★

お待たせしました・・・・

(えっ、誰も待ってないって?)

付録の28日完成「熟語演習帳」の、
オンライン学習のページが、最新版に改訂となりました。

実は、先週の土曜日から風邪をこじらせてしまい、
改訂作業が遅れてしまったのです。(ちなみに私が作ってます)

発音は、KAIRIN予備校足利校で、
小学生の英会話をやっているJoy先生にお願いしました。

チェックテストは、A4サイズの用紙にプリントアウトすることができます。
また、STEP3のリスニング→英文記述は、
かなり入試のリスニング対策になっています。

さらに、今回の改定に当たって、Joy先生にお願いしたのは、
最初はものすごーーーくゆっくり発音していただき、
だんだんスピードアップして、最後の方は、ナチュラルスピードにして!!
というふうにしてもらいました。

さすがに、20日目以降は
私でもテキストなしでは聞き取るのが難しいくらい早くなってます。
(ちなみに私は理系で、英語は大の苦手です・・・・。)

今回は、必勝パックの発売ということで、
開倫塾の生徒だけでなく、
全国に受験生にも使っていただくということで、
かなり時間をかけて、一生懸命に作りました。

大きなお世話かもしれませんが、ぜひ、使ってやって下さい。

こちらから、どうぞ

*メルマガにはここにサイトアドレスが書かれていますが
 購入者のみが利用できるサービスなので削除しています。

☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

いかがだったでしょうか?

うちの娘は英語がそれほど
不得意ではないので公立高校合格必勝パックの後の教材は
まだ使用していません。

ですがリスニングのチェック用に年明けには
こちらのサービスも利用しようと考えています。

5教科、全部の教材を使ってもいいですし
我が家のように不得意科目を重点的に使ってもいいですし
とても費用対効果の高い教材です。

勉強が苦手で今まであまり
受験勉強をしてこなかったのなら
思い切って公立高校合格必勝パック
だけをひたすらやり込むのもひとつの方法かもしれません。

理科・社会に関して言えば
公立高校合格必勝パックをまずは1周してみる。
問題集をどのようにやっていくかは書いてあるので
指示どおりやる。

指示されたやり方で問題集を1回全部解いてみれば
かなりでできるようになると思います。

その後は間違った問題を中心に何回も何回も
目通して復習し続けます。
一問一答形式なので別に机の前でなくてもできます。

お風呂に入っている時でもいいですし、
ベットにゴロっと横になりながらでもいいですし
とにかくスキマ時間復習をし続ける。
(入試の当日まで)

この勉強をやり続け、もう大体出来るようになった
と感じてきた段階で一問一答形式じゃない実際の
入試で問われるような問題型式の問題集を1冊やってみる。
そしてこの問題集で間違ったところを中心に復習をしてけば
理科・社会に関しては80点以上は取れるようになると思います。

私が千葉県在住なので
千葉県の公立入試で考えてみると
去年の前期試験(千葉県は公立入試が前期・後期2回あります。)
5教科の平均点が258.4点でした。

平均点が取れれば
偏差値50レベルの高校に入学が可能です。

では今現在、平均点以下の学力であった場合
平均点を取るためには1教科 約52点必要です。

ですが理科・社会を上記の勉強方法で80点取れるように
なったと仮定したら残りの英語・数学・国語の3教科
合計 約100点で平均点を取ることができます。

1教科 約33点ですよ!

なんとかなりそうな気がしてきませんか?

今回はひとつの考え方として書いてみました。
残り2ヶ月という時間から考えると理科・社会が
点数が取りやすいと思ったからです。

ぜひ、今の段階で理科・社会が不得意なのであれば
参考にしてください。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。