2012年12月12日

開倫塾メールサポート 12月8日配信分

こんにちは
ゆずです。

私の娘は
10月初めに開倫塾 公立高校合格必勝パックを購入して
勉強を開始しました。

購入後に不定期ではありますが
★大きなお世話の【勝手にサポートメール】★
というものが届きました。

その内容がとても参考になるので
私の元に届いたサポートメールをご紹介したいと思います。
開倫塾様にはサポートメールのブログへの掲載の許可を
12月1日にいただきました。


私の娘が購入した「公立高校合格必勝パック」は
開倫塾様の商品説明によると

「栃木・茨城・群馬に60校舎を展開する学習塾で
15年間に20000人の受験生が使用し、効果を証明した教材です。
正直申し上げて「一発逆転のウルトラC」的な要素はありません。
■コツコツ頑張って少しづつでもいいから確実に志望校に近づきたい!
■高校入試の勉強を効率的にやりたい!
■まずは短期間で基礎基本を徹底的に仕上げたい!
という中学生を対象とした教材+学習方法です。
【応用力は「基礎基本」という部品を組み立てる作業だ!】
という考えから作られたこの学習プログラムは、
基礎基本を徹底的に繰り返し反復することで
高校入試を解くために必要な学力を育成します。
とくに、現在理科・社会の点数が伸び悩んでいる中学生に最適です。
40日〜60日でその効果が実感できます。

となっています。

もっと具体的な内容については
こちらへどうぞ 次項有 公立高校合格必勝パック

うちの娘も理科にて早くも結果が出ました。
こちらの記事をお読みください。
⇒ Vもぎで理科の偏差値が急上昇

ではここから以下がサポートメールの内容になります。


☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

★大きなお世話の【勝手にサポートメール】★

大学入試センター試験まであと1ヶ月ほど・・・
予備校の自習室で仕事をしながら受験生の様子を見ているのですが・・・
ものすごい集中力と忍耐力ですね。

わたしなど、1時間くらい集中して仕事をすると、
すぐに一服したくなって席を立ってしまうのですが、
彼らは2時間以上ずーーーっと座ったままで頑張ってます。

「なにがなんでも合格する!!」

という、強い意志が伝わってきます。

また、先日中等部で
「日ゼミ」をやってきましたが、
中3生も負けていませんね。

すごい集中力と気迫でした。

【日ゼミ】や【正月特訓】などで、自分の校舎以外の塾生に授業をするときは、
面と向かってじっくり面談したり、
普段の学習の途中経過を定期的にチェックしたりできませんので、
すこしでも、合格する可能性を高めてあげたいという気持ちで
学習内容以外の部分のアドバイスをしています。


この前の【日ゼミ】で、中3生にこんな話をしました・・・・・



受験生の体の中で、
受験勉強、そして高校入試・大学入試で最も頑張って欲しい部分は
もちろん「頭」、もっと具体的にいうと「脳」ですね。

受験勉強中、そして入試当日に「脳」の力を最大限に発揮するために、
いくつかのアドバイスをしました。

「早寝早起きをする」

入試当日は、当然早起きになりますよね。

気持ちよく早起きしたいし、
できれば前日も、ぐっすりと寝たいですよね。

早く起きるには早く寝るのが一番です。
当たり前ですよね。

そして、早く寝るためには、早く起きればいいのです。
これも当たり前。

この習慣を早くから体になじませておけば、
入試当日も、気持ちよく朝を迎えられますよね。

「朝学習をせよ!」

子供の頃、夏休みによく「ラジオ体操」に行きました。
ラジオ体操って、ふつう朝にやりますよね。

これって、朝に体をほぐして、今日一日、気持ちよく過ごせるようにやるんですよね。

「脳」にも、これと同じことをしてあげましょう。

あくまで「ラジオ体操」ですから、難しい数学の問題や、
英語の長文読解などをやってはいけません。

朝起きて、100m全力疾走したら、一日中からだがだるいですよね。
それと同じです。

単語の練習とか、計算練習とか、音読練習などの、

ウォーミングアップ的な学習を30分〜1時間くらいやれば、
今日一日、「脳」が気持ちよく働いてくれるのではないでしょうか?


「TV・ネット・ゲーム・漫画・・・を絶つ!」

「休憩時間は目をつぶれ!」


勉強の合間の休憩時間に、20分だけゲーム・・・・
疲れたから、ちょっとネットでも見るか・・・・
ちょっとだけ漫画を読むくらいならいいだろう・・・・
・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

たしかに、勉強の合間に休憩を入れるのはとてもとても重要です。
ここで、ちょっとかんがえてみよう!

「休憩」するのは誰!

・・・・もちろんあなたですよね。

特にあなたの「どの部分」を休憩させるの?

あなたの体の中で、
受験勉強で最も疲れている部分はどこでしょう・・?


それって「脳」じゃないですか?

テレビ、ゲーム、ネット、・・・・・・・

はたして「脳」は休まっているでしょうか?

テレビやネットは、ものすごい量の情報を、
一気にあなたの目や耳から脳に流し込んできます。

しかもそれは、受験生に必要な
「基礎基本をうまく関連させて応用する」

というようなものでなく、
まったく関連性のない大量の情報を、一方的に流し込んでくるのです。

脳は、たえずその情報を処理しようと頑張っています。
つまり、ちっとも休憩してないじゃあないですか!

ちなみに、休憩時間に友だちと大騒ぎしたり、
電話したりするのも同じです。

体は休憩していますが、脳はちっとも休憩してません。
もちろん、話す相手も同様です。


人間は、情報の80%以上を目から受け取ります。
つまり、目をつぶれば、情報の80%をカットできるということです。

勉強に疲れたときは、たった5分でいいですから目をつぶって
目と「脳」を休ませてあげましょう。

「食事・水分をしっかりとる」

受験勉強で最も活躍する「脳」は、

なたが食事して得たエネルギーの約25% を消費します。
あなたが呼吸した酸素の約20%を消費します。


そして、あなたの体と同様に、
「脳」だって、エネルギーがなければ頑張れないんです。

食事はしっかりとりましょう!

「ふとるから・・・」とか「ダイエット中なんで・・・」なんていわないで、
そんなの受験が終わってからで充分でしょ!

水をしっかりと飲もう!

脳にエネルギーや酸素を運ぶのは血液ですよね。
たくさん水分をとって血液をさらさらにして、
たくさんのエネルギーと酸素をあなたの「脳」に与えてあげましょう。

これらのことを実施したとして、
あなたの合格する確率は、ほんの1%〜3%位しか上がらないかもしれません。

でも、受験生にとって大切なことは、
たとえ1%でも、合格する可能性を高める追求をすることではないでしょうか。

自習室で頑張る高3生を見て、そう実感している今日この頃です。

受験生の方、
つらいのはみんな同じです。

最後まであきらめずに頑張って下さい。

KAIRIN予備校 石田晴康
☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

我が家でも
娘、自ら朝勉強やるようになってきました。

このサポートメールにも書かれているように
「たとえ1%でも、合格する可能性を高める追求をすることではないでしょうか?」
という部分には賛同できます。

受験まで
我が家でもやれることは全てやるつもりで
望むつもりです。
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。