2013年01月06日

開倫塾メールサポート 2013年1月6日配信分

こんにちは
ゆずです。

私の娘は
10月初めに開倫塾 公立高校合格必勝パックを購入して
勉強を開始しました。

購入後に不定期ではありますが
★大きなお世話の【勝手にサポートメール】★
というものが届きました。

その内容がとても参考になるので
私の元に届いたサポートメールをご紹介したいと思います。
開倫塾様にはサポートメールのブログへの掲載の許可を
12月1日にいただきました。


私の娘が購入した「公立高校合格必勝パック」は
開倫塾様の商品説明によると

「栃木・茨城・群馬に60校舎を展開する学習塾で
15年間に20000人の受験生が使用し、効果を証明した教材です。
正直申し上げて「一発逆転のウルトラC」的な要素はありません。
■コツコツ頑張って少しづつでもいいから確実に志望校に近づきたい!
■高校入試の勉強を効率的にやりたい!
■まずは短期間で基礎基本を徹底的に仕上げたい!
という中学生を対象とした教材+学習方法です。
【応用力は「基礎基本」という部品を組み立てる作業だ!】
という考えから作られたこの学習プログラムは、
基礎基本を徹底的に繰り返し反復することで
高校入試を解くために必要な学力を育成します。
とくに、現在理科・社会の点数が伸び悩んでいる中学生に最適です。
40日〜60日でその効果が実感できます。

となっています。

もっと具体的な内容については
こちらへどうぞ 次項有 公立高校合格必勝パック

ではここから以下がサポートメールの内容になります。


☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆
★大きなお世話の【勝手にサポートメール】★

【公立高校 入試過去問セット】完成!

KAIRIN予備校で私立入試終了後、
(栃木県は私立入試が1月1週目〜2週目ですので、
1月3週目からは県立入試の対策ができます。)

生徒に公立高校の過去問をやらせるときに記入させている

「過去問セット」を、

栃木県以外の方でも使えるように、汎用版にしました。


また、いつもこれを使用するときには、
塾生に使い方と、過去問の取り組み方を90分かけて説明しています。

そこで、

ひじょうーーーーーに大きなお世話かとも思ったのですが、

あなたにこのメールで説明すると、

ものすごーーーーーく長いメールになってしまうので、

専用サイトを作りました。

できる限り、
塾生に説明するときと同じような順序で
説明してあります。

実際は、具体例をたっぷり話すので90分びっしりかかりますが、
さすがにあなたに90分ぶんの文章を読ませるわけにはいかないので、
必要最小限の内容にしてあります。

入試過去問セットはすべてPDFファイルとなっております。

また、

 【誤答分析】シートは30枚プリントアウトして6年分です。
        (5年分であれば25枚プリントアウトが必要です)

 【ケアレスミスリスト】は、あなたの出来具合によって、

      5枚〜20枚のプリントアウトが必要です。

 【絶対暗記リスト】も、同様に5枚〜20枚必要です。

      まずは1枚ずつプリントして様子を見て下さい。

それでは、こちらからどうぞ   
↓  ↓  ↓

(教材購入者にはサイトアドレスが表記されています。)

もしよろしければ、使ってやって下さい。

KAIRIN予備校 石田晴康

☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

過去問対策やっていますか?

過去問をただ解くだけじゃ
意味ないです。

塾なり、ちゃんとした指導のもとに
過去問をやり、そこからしっかりと本番の
点数アップにつなげる方法でやっていますか?

また保護者の方は
そのへんのチェックができていますでしょうか?

もちろん信頼のできる塾の先生がいるのであれば
任せればいいと思います。

そういう先生がいるのであれば
この時期、順調に成績も伸びているはずですから・・・。

ただ、努力はしているのに
思ったより成績が伸びてこないのであれば
子供の努力不足ではなく、指導力の不足が原因なのかもしれませんよ。

今回紹介されている
過去問の利用の仕方の専用サイトをじっくり読んでみましたが
長年、自塾で試行錯誤の上、現時点で最も効率的に取り組める方法を
紹介していただいていると感じました。

これって
おまけなんですよ!

大きなお世話の勝手にサポートということで
当然無料で利用できます。

公立高校合格必勝パックの教材自体もすごくお勧めなんですが
このサポートがほんとにサプライズでした。

私が購入したときは
こんなサポートがあるなんて書いていなかったからです。

当初はこのサポートメールを書いている
KAIRIN予備校 石田晴康さんもこのような形で
やる予定ではなかったようですが、購入者の声を聞いて
自分の生徒のように思えて出来るだけのことはしてあげたいと思ったようです。

ここは素直に私と私の娘も思いっきり甘えて
最大限に利用させてもらいます。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。