2013年01月30日

開倫塾メールサポート 2013年1月30日配信分


2012年10月初めに開倫塾 公立高校合格必勝パックを
娘に購入して勉強を開始しました。

購入後に不定期ではありますが
★大きなお世話の【勝手にサポートメール】★
というものが届きました。

その内容がとても参考になるので
2012年12月1日に許可を頂き、
私の元に届いたサポートメールを紹介しています。

現在、公立高校 合格必勝パック 会員専用ページ で
【勝手にサポートメール】バックナンバーブログとして
当ブログが正式にリンクされております。


私の娘が購入した「公立高校合格必勝パック」は
開倫塾様の商品説明によると

「栃木・茨城・群馬に60校舎を展開する学習塾で
15年間に20000人の受験生が使用し、効果を証明した教材です。
正直申し上げて「一発逆転のウルトラC」的な要素はありません。
■コツコツ頑張って少しづつでもいいから確実に志望校に近づきたい!
■高校入試の勉強を効率的にやりたい!
■まずは短期間で基礎基本を徹底的に仕上げたい!
という中学生を対象とした教材+学習方法です。
【応用力は「基礎基本」という部品を組み立てる作業だ!】
という考えから作られたこの学習プログラムは、
基礎基本を徹底的に繰り返し反復することで
高校入試を解くために必要な学力を育成します。
とくに、現在理科・社会の点数が伸び悩んでいる中学生に最適です。
40日〜60日でその効果が実感できます。

となっています。

もっと具体的な内容については
こちらへどうぞ 次項有 公立高校合格必勝パック

ではここから以下がサポートメールの内容になります。

☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

★大きなお世話の【勝手にサポートメール】★


KAIRIN予備校の中3生は、

今日も5時から11時までの自習に来ています。

教室にチャイムをつけて、

50分集中タイム+10分休憩タイム

というように、できるだけ33分33秒の法則に従って

効率よく勉強できるようにしています。

過去問グラフも、みな順調に伸びてきています・・・・・。


しかし、ここに来て何人か弱音を吐く生徒が出てきました。


年末の冬期講習から、ずーーっと、土日も含めて毎日朝早起きをさせて、

テレビ・携帯などのすべての誘惑を断ち切って勉強させてきましたが、

試験が着々近づいてくるという不安感と、

点数が伸びているとはいえ、目標点数までまだ届いていないという不安感、

そして私の厳しい指導(・・・・・・・けっこうこれが大きいかも・・・)。

「今日やるべきこと、今日中にマスターすると決めたことは、

 何があっても明日に持ち込むな!」

「明日に持ち込めるのは10月まで!」

「今の時期は『明日やろう』なんてのんきなことをいっていたら、

 結局、試験日の翌日以降まで持ち越すことになるぞ!」

こう言って、弱気になっている生徒を叱咤激励してるわけですが、

さすがに女の子を中心に、

「せんせー、もう私ダメ・・・・、つかれたー、・・・」

「1日だけでいいから、休んでいい・・・・?」

という悲鳴のような声が多くなってきました。

「休んでもいいけど、その間に、君のライバルはどんどん先に進んでるからね。」

「そのあと、今以上に早く走れるか?」

というと、

「・・・・・・・・頑張って今やります・・・!」

と、いいながらまた机に向かっていきます。


そこで、緊急ホームルームを開いて彼女たちに言ってあげました。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

※私は栃木なまりがひどいので、

 気分が悪くなる方がいらっしゃるといけないので、

 (できる限り)標準語に直してあります。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

いま,入試という大きな試練を迎えているあなたたちにとって,

勉強ってやはり大きな苦痛だよね。

それは当然、恥ずかしいことでも何でもないよ。


俺を含めてみんなが,いちばん楽しいと思えて,一番やりたいと思うことって,

目標とか時間とか約束にしばられず,のびのびと過ごすことだよね。

のびのびと過ごしながら,

自分の成長も感じられるような過ごし方が出来たら最高でしょ。

自分の才能を生かすことが出来て,

自分の本当に好きなことを仕事に出来たなら,

こんな幸せなことはないよね。


実は悪いんだけど・・・・、


私は,現在それに近い気持ちで毎日を過ごしているんだ・・・スマン・・。

本当に毎日楽しくて幸せで・・・,KAIRIN予備校に来てくれる中学生・高校生や,

個別に来てくれてる君らには本当に心から感謝していますわ・・・。


けれどもやっぱり,いつどんなときでものびのびと過ごす,ということは

ほとんどの人にとって出来ることではないんだよね。

私を含め,どんな人でも,

「これはやだな,出来ればやりたくないな。」

「何とか避ける方法はないかな。」

というような仕事に直面して気が重たくなることはたくさんあるよね。

これは,誰でもそうだよね。

ただ・・・・一つの考え方なんだけれども・・・・

もし君らが本気で「今つらいなあ・・・」と思っているのであれば,

それは、本当のことが見えてないからだと思うんだよね。

「すべてのものには終わりがある。」

ということ・・・。


「今,勉強がつらいから死にたい」などと思う人はあまりいないよね!

少なくとも君らはそう思わないでしょ。


人間が絶望するときの心理というのは,

「これがいつ終わるのかさっぱり分からない」

「一体いつまで続くんだろう」

「ひょっとしたら一生続くのだろうか?」

そう思ったときに人は絶望するんだよ。

それしか見えなくなったときに,

「もうだめだ!」

という気持ちになるんだよ。

『終わりのない苦痛』ほど、人間を絶望させるものはないよね・・・。



でもみんなは今の苦痛に、終わりがあることを知ってるだろ?

だから、こんな時こそ,

「いや,頑張ろう!

 すべてのものには終わりがある。

 いつかは終わる。

 一生続くわけではない!」

という言葉をちょっと頭の中で繰り返して自分に言ってあげなさい。

そうすると,

「うん,まあもうちょっと頑張ろうか!」

という気持ちになるから・・・・。


そして,気持ちが落ち着くと,

「どうせ,あと少しで終わりなんだから,精一杯頑張ろう」

という前向きな気持ちがわいてくるよ、絶対にね!

そしてさらに,

「受験勉強を最後まで逃げずに頑張って,入試が終わったとき,

 どんなに気分がいいだろうか」

「春休みはだれと何をしようか」

このような楽しみを頭に描くんだ!

今は確かにつらいかもしれないけど,

最後まで逃げずに頑張って,

やり終えたときの充実感はそりゃーもう格別だよ。

逆に,

ここで逃げてしまって入試を迎えたときの悔しさ,後悔は一生引きずるよ!


あなたたちはどちらがいい? もう決まってるよね。


君らが大人になったとき,

「あのときの自分はホントによく頑張った。

 そして入試の後の春休みはホントに楽しかった」

このような思い出が出来るように,

あと少しだから,頑張れ!

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

とりあえず、これで彼女たちも、あと2週間くらいは頑張ってくれそうです。

(そのあとは・・・・また考えます・・・・。)


県によっては、もう入試まで2週間という地域もあると思います。

受験生にとっては一番つらい時期かもしれません。

しかし、受験勉強は確実に『終わりのある試練』です。

しかも、その終わりはもう目の前ですよね。

そして、その『受験勉強の終わり』というのは、

当然、あなたの『高校合格』というゴールなのです。

目前のゴールをしっかりと見据えて、まっすぐに進んで下さい。

KAIRIN予備校 石田晴康

P.S.

現在、英作文の直前対策として、

「英語のまとめ333」のチェックテストを生徒にやらせています。

会員サイトにもアップしておきましたので、

よろしければ使って下さい。

こちらです。 ↓

(教材購入者には正式なリンク先が書いてあります。)

☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

受験本番を目の前にしたこの時期
辛く感じる時期でもあります。

ただ今まで
かなりの時間、自分で頑張ってきたよね。

ここまで頑張ってきた自分自身を
最期まで信じてあげよう。

さぁ、
あと1ページ。

あと1問。

あと1行。

そう、自分に言い聞かせて
受験本番まで歯を食いしばって頑張って
高校受験を乗り越えた君には

今までにないくらいの
充実感を得ることができると思います。

そして最高の春休みを過ごし
晴れて高校生として新しい生活のスタートです。

頑張れ!



×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。