2013年07月18日

開倫塾メールサポート 2013年7月5日配信分

2012年10月初めに開倫塾 公立高校合格必勝パックを
娘に購入して勉強を開始しました。

夏休み明けの段階では
第一志望校は
千葉市立稲毛高校(合格有望圏 県標準偏差値:63)でした。
お笑い芸人小島よしおさんの母校ですね!

その後、公立高校合格必勝パックで苦手な理科、社会を中心に
勉強を開始したところ年末には模試等の偏差値が上昇し最終的には

千葉県立千葉東高校(合格有望圏 県標準偏差値:70)
に合格することが出来ました。 桐谷美玲さんの母校ですね!

そんな経緯があり、娘の合格のターニングポイントだった
教材なので高校受験にのぞむ受験生にオススメしたく当ブログを立ち上げました。

さらにうれしいことに
購入後に不定期ではありますが
★大きなお世話の【勝手にサポートメール】★
というものが届きました。

その内容がとても参考になるので
2012年12月1日に許可を頂き、
私の元に届いたサポートメールを紹介しています。

現在、公立高校 合格必勝パック 会員専用ページ で
【勝手にサポートメール】バックナンバーブログとして
当ブログが正式にリンクされております。


私の娘が購入した「公立高校合格必勝パック」は
開倫塾様の商品説明によると

「栃木・茨城・群馬に60校舎を展開する学習塾で
15年間に20000人の受験生が使用し、効果を証明した教材です。
正直申し上げて「一発逆転のウルトラC」的な要素はありません。
■コツコツ頑張って少しづつでもいいから確実に志望校に近づきたい!
■高校入試の勉強を効率的にやりたい!
■まずは短期間で基礎基本を徹底的に仕上げたい!
という中学生を対象とした教材+学習方法です。
【応用力は「基礎基本」という部品を組み立てる作業だ!】
という考えから作られたこの学習プログラムは、
基礎基本を徹底的に繰り返し反復することで
高校入試を解くために必要な学力を育成します。
とくに、現在理科・社会の点数が伸び悩んでいる中学生に最適です。
40日〜60日でその効果が実感できます。

となっています。

もっと具体的な内容については
こちらへどうぞ 次項有 公立高校合格必勝パック

昨年、販売された公立高校合格必勝パック。
うちの娘もそうなんですが当然、現在高校1年生です。

ということで
大きなお世話の【勝手にメールサポート】は
中学生向けに配信されるのでメール削除のお願いということで
ご連絡を頂いたのですが・・・・。

削除される方がかなり少なかったということで
高1生に向けたメールが配信されました。

ラッキー!

このメールを書いている
KAIRIN予備校の石田さんのご好意に
ここは素直に甘えておきましょう(笑)

それではメールの方をどうぞ!

☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

去年、公立高校合格必勝パックをご購入いただいた高1生へ・・・

このメールは、開倫塾の「公立高校合格必勝パック」を

ご購入いただいた方に勝手にお送りしております。


高1生以外の方は、すいませんが削除して下さい。

お手数をおかけしてすいません。


--------------------------------------------------------------------------------


★高1生向け■大きなお世話の【勝手にサポートメール】★


--------------------------------------------------------------------------------


配信解除が42件しか来ま せんでした・・・・。

と、いうことは、300名以上の高1生の元に、

このメールが届いてしまっていると思われます。

なんか申し訳ないので、・・・・・・・・・・・・

高1生向けに大きなお世話をちょっと・・・・・・・・。

私は、高校数学の担当なので、

あくまでも数学に絞ってアドバイスさせていただきます。


今年の夏休みに絶対にやって欲しいこと!!

それは、

1.数学Tの基礎基本の総復習

です。


とくに、「絶対値」「因数分解」「2次関数:」「2次方程式」は、

教科書レベルの問題であれば、

全部解けるようにしておいてほしいところです。


高校数学は、もうあなたも十分実感していると思いますが、

中学の時とは比べものにならないくらい、複雑で難しい・・・・。

ですよね。


そして、これからもどんどん難しさは加速していきます。


これは、高2・高3になれば自ずと気がつくことですが、

(残念ながら、高1の現在はまだ気がつかないんですね・・・)

「2次関数」は、これからあなたが学習する全ての数学の単元の

根幹となる部分です。


数学の入試問題(センター試験・2次試験・私立入試・・)

を細かく分析してみると、

5割以上の問題は、解答の中に、

「範囲設定を行う」作業や、「最大最小を求める」作業

が必要となってきます。


三角比

三角関数

図形と方程式

3次方程式

指数関数

対数関数

微分

積分

 :

今後、これらの単元を学習していくことになるわけですが、

全ての単元において、2次関数の最大最小の求め方、

場合分け・判別式の利用法・2次不等式の解き方や考え方

これらを応用して考える作業が必要となります。


つまり、あなたが1学期に学習した内容が、

今後あなたが学習する単元(応用的な内容)を理解するための、

「部品」として必ず必要となるのです。


中学校の数学と違って、高校数学は、

「同じ問題をたくさん繰り返して解き方を覚える」

という作業だけでは限界があります。

もちろん、基礎基本を確実にするために、

この作業は必要ですが・・・。


しかし、高校数学では、一歩先に進んで、

「なぜここで、この公式を使うのか」

「どういう考えから、この式が立てられたのか」

「そもそも、この公式はどういう意味なのか」
(公式の成り立ちやを理解し、自分で導けるようにする)

ということを、覚えるだけでなく、「理解する」ということが必要になります。


これまで以上に積み重ねが重要になってきます。



まだまだ学習内容の少ない高1の1学期の内容は、

この夏休みで十分復習できる量です。


去年の夏、頑張って受験勉強をしたあなたなら、絶対にできるはずです。

なにも、「問題集を買いなさい!」ということではありません。


教科書でいいんです。

教科書の内容をもう一度、じっくり最初から復習し、

ノートに、例題と問題を解きましょう。

高校によっては、夏休みの宿題で、

大量の問題集が課されている方もいるかもしれませんが、

そんなもの、去年のあなたの冬休みの学習量を考えれば

十分こなせるはずです!



知ってました?

センター試験の数学は、

高1・高2の範囲からしか出題されないんですよ!

つまり、高1・高2で、確実に努力を積み重ねた人が

高3で受験勉強をスムーズに進めることができるのです。


高校数学の、覚えなければならない知識の量、

理解しなければならない理論の量はものすごく多いのです。


そして、国公立大学を目指すのであれば、

理系であれ、文系であれ、数学は絶対に捨てることはできない科目です。


2年後、あなたの大学→将来の選択肢を広げるためにも、

高1の1学期の数学は、確実に身につけておきましょう。


もう一つ、この夏休みにやっておきたいことがあるんですが・・・・

今日はこの辺で・・・。

またメールします。

KAIRIN予備校 石田晴康
☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

いかがだったでしょうか?

国公立大学を目指すのであれば
絶対数学は捨て教科には出来ないですよね。

うちの娘も意図的に
夏休み前のこの時期までは数学にかなりの時間を
費やしました。

数学だけを見れば
クラスでも上位になったのでまずまず
高校数学のスタートは上手く行ったかなと思います。

ただ、これからドンドン難しくなっていくので
しっかりとこの夏休みにここまで習ってきたことについて
復習をするように娘には伝えてはおきました。

将来の選択肢を狭めないためにも
ちょっと数学が苦手だなと感じているのであれば
この夏休みにしっかりと取り組んでみてはいかがでしょうか?

がんばってくださいね!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。