2013年07月18日

開倫塾メールサポート 2013年7月17日配信分

2012年10月初めに開倫塾 公立高校合格必勝パックを
娘に購入して勉強を開始しました。

夏休み明けの段階では
第一志望校は
千葉市立稲毛高校(合格有望圏 県標準偏差値:63)でした。
お笑い芸人小島よしおさんの母校ですね!

その後、公立高校合格必勝パックで苦手な理科、社会を中心に
勉強を開始したところ年末には模試等の偏差値が上昇し最終的には

千葉県立千葉東高校(合格有望圏 県標準偏差値:70)
に合格することが出来ました。 桐谷美玲さんの母校ですね!

そんな経緯があり、娘の合格のターニングポイントだった
教材なので高校受験にのぞむ受験生にオススメしたく当ブログを立ち上げました。

さらにうれしいことに
購入後に不定期ではありますが
★大きなお世話の【勝手にサポートメール】★
というものが届きました。

その内容がとても参考になるので
2012年12月1日に許可を頂き、
私の元に届いたサポートメールを紹介しています。

現在、公立高校 合格必勝パック 会員専用ページ で
【勝手にサポートメール】バックナンバーブログとして
当ブログが正式にリンクされております。


私の娘が購入した「公立高校合格必勝パック」は
開倫塾様の商品説明によると

「栃木・茨城・群馬に60校舎を展開する学習塾で
15年間に20000人の受験生が使用し、効果を証明した教材です。
正直申し上げて「一発逆転のウルトラC」的な要素はありません。
■コツコツ頑張って少しづつでもいいから確実に志望校に近づきたい!
■高校入試の勉強を効率的にやりたい!
■まずは短期間で基礎基本を徹底的に仕上げたい!
という中学生を対象とした教材+学習方法です。
【応用力は「基礎基本」という部品を組み立てる作業だ!】
という考えから作られたこの学習プログラムは、
基礎基本を徹底的に繰り返し反復することで
高校入試を解くために必要な学力を育成します。
とくに、現在理科・社会の点数が伸び悩んでいる中学生に最適です。
40日〜60日でその効果が実感できます。

となっています。

もっと具体的な内容については
こちらへどうぞ 次項有 公立高校合格必勝パック



ではここから以下が25年度のサポートメールの内容になります。

今回のメールは

高1向け 勝手にサポートメールです。


☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

--------------------------------------------------------------------------------


★大きなお世話の【勝手にサポートメール】★


--------------------------------------------------------------------------------



先日、開倫塾の全体校長会というのがありまして・・・、

そこで、高校部として数学・英語について、

「高校に入ると、学習内容がどのように難しくなるのか」

について、中学部の先生に説明し、

中3生にも伝えてもらおうということで、

私と、高校部の英語科主任が発表をしました。

数学については、前回の勝手にサポートメールとほぼ同じ内容を

話したので、割愛させていただきますが、

高校英語についての内容を以下にコピペさせていただきます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


高1 基礎力養成期


高校では、1年次に

大学入試に必要とされる英文法をすべて学習します。

定期テストで高得点を取ることを目指して、

この文法知識を理解すると同時に、

最重要語彙を増やしていくことが英語学習の第一歩といえます。

この文法の知識を身に着けるには、

学校で使用される文法系の教科書(現在の進学校では英語表現という科目名)、

指定の参考書(たいてい総合英語をいう名前が書籍名についています。)、

問題集(総合英語の準拠問題集を購入しているケースが多いです)

を用いて学習を進めるのが、

定期テストでも高得点を取れるので最も効率が良いです。


大学には様々な入学方法があります。

推薦(公募、指定校、AO)入試の利用を

選択肢の一つとして残しておくためにも

高1からの評定はなるべく良いほうが良いです。


入試に必要とされる長文読解力はリーディング系の教科書

(現在の進学校では英語コミュニケーションという科目名)

を使って学習していきます。

英語学習の初期的な段階なので、

大意を把握すればいいというのではなく、

英文の構造を意識して丁寧に精読していく必要があるでしょう。

文法系の授業も、

リーディング系の授業も

英文の質、量ともに中学英語とは比べ物になりません。

学校の授業は予習が前提であることはもちろんですが、

基本的にわかる生徒だけがわかればよいというスタイルなので、

十分な解説は望めず、

上位三割程度しかついていけません。

定期テストで高得点を取り、

大学入試に必要な英語の基礎を身に着けるためにも、

高校1年次の英語については、

しっかりと下予習+復習を行い、十分な理解と定着が必要です。


高2 知識定着期


2年次の学習は英作文 系(ライティング)とリーディング系(現在は英語U)です。

これらは、1年次に学習した内容を深化させたものといえま す。

文法学習的にいえば、ほぼ同じ内容をもう一年繰り返すとい うことになります。


これは、見方を変えればそれだけ学習項目が多く複雑なので、

2年間かけて繰り返さなければ容易に身に着けられるものではないということです。

ただし、1年次高いレベルに到達していれば、

2年次の学校での英語学習はかなり余裕を持てます。


推薦入試のためにも評定は高いほうがいいので、

やはり学校の教科書、指定問題集の理解を第一目標にすると良いです。

ただし、先に述べたように質、量ともに大変な分量なので、

しっかりと理解し、定着させるにはそれなりの準備が必要になります。

余裕のある人は長期休暇を利用して大学入試の過去問に取り組むとよいと思います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

手前味噌ですいません・・・・。

少しでもお役に立てれば幸いです。

KAIRIN予備校 石田晴康

☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

今回の記事はいかがだったでしょうか?

今回のように高1向けの勝手にサポートメールも
届います。(KAIRIN予備校の石田さんのご好意)

高1生はしっかりと参考にしましょう!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。