2013年12月22日

開倫塾メールサポート 2013年12月22日配信分

2012年10月初めに開倫塾 公立高校合格必勝パックを
娘に購入して勉強を開始しました。

夏休み明けの段階では
第一志望校は
千葉市立稲毛高校(合格有望圏 県標準偏差値:63)でした。
お笑い芸人小島よしおさんの母校ですね!

その後、公立高校合格必勝パックで苦手な理科、社会を中心に
勉強を開始したところ年末には模試等の偏差値が上昇し最終的には

千葉県立千葉東高校(合格有望圏 県標準偏差値:70)
に合格することが出来ました。 桐谷美玲さんの母校ですね!

そんな経緯があり、娘の合格のターニングポイントだった
教材なので高校受験にのぞむ受験生にオススメしたく当ブログを立ち上げました。

さらにうれしいことに
購入後に不定期ではありますが
★大きなお世話の【勝手にサポートメール】★
というものが届きました。

その内容がとても参考になるので
2012年12月1日に許可を頂き、
私の元に届いたサポートメールを紹介しています。

現在、公立高校 合格必勝パック 会員専用ページ で
【勝手にサポートメール】バックナンバーブログとして
当ブログが正式にリンクされております。


私の娘が購入した「公立高校合格必勝パック」は
開倫塾様の商品説明によると

「栃木・茨城・群馬に60校舎を展開する学習塾で
15年間に20000人の受験生が使用し、効果を証明した教材です。
正直申し上げて「一発逆転のウルトラC」的な要素はありません。
■コツコツ頑張って少しづつでもいいから確実に志望校に近づきたい!
■高校入試の勉強を効率的にやりたい!
■まずは短期間で基礎基本を徹底的に仕上げたい!
という中学生を対象とした教材+学習方法です。
【応用力は「基礎基本」という部品を組み立てる作業だ!】
という考えから作られたこの学習プログラムは、
基礎基本を徹底的に繰り返し反復することで
高校入試を解くために必要な学力を育成します。
とくに、現在理科・社会の点数が伸び悩んでいる中学生に最適です。
40日〜60日でその効果が実感できます。

となっています。

もっと具体的な内容については
こちらへどうぞ 次項有 公立高校合格必勝パック



ではここから以下が25年度のサポートメールの内容になります。


☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

KAIRIN予備校は、今日から冬期講習です。

中2・中3生ともに、

今日から1月7日まで18日間ノンストップです。

特に中3生は1月4日には

私立の宇都宮短期大学附属高校の入試があるので、

正月なんて言ってられないんですね・・・・。



さて・・・・

18日間なにをやるのか・・・・・・・・・。


夏期講習と同じです。

つまり、この期に及んでもやはり必勝パック+過去問なんです。

ただし、今回は

国語は「まとめ50」ではなく、「文章読解演習帳」、

英語は、「まとめ333」+「熟語演習帳」です。

社会はまとめシリーズに加えて、

資料の読み取りのプリントを作成したり

(近日中に会員サイトにアップしますね)、

「カテゴリ別今井の歴史」
(会員サイトにあります。使ってね!)

を追加してやらせます。

時間は午後1時〜10時30分まで。

食事休憩を除いて、毎日9時間を18日連続で学習します。



「つらそうだな・・・・・」

「それはちょっときついんじゃない?」

と、思われましたか?


ウチの生徒には、そのように感じる子は1人もいないんです。

なぜだと思いますか?

それは、いつもホームルームでこんな話をしているからです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

〜「受験勉強」は終わりのある試練である〜

私もよく覚えていないのですが、

私が大学入試に失敗して浪人していたときに、

通っていた予備校の先生から聞いた話です。

============================

昔、東洋のある国では、重犯罪を犯した罪人を死刑にするかわりに、

「無期懲役」を言い渡していました。

しかし、「無期懲役」なのに、結局囚人達は次々と自殺をしていくのです。


それはなぜか・・・・・?

その国では、重い罪を犯して「無期懲役」となった囚人に、

次のような作業を毎日やらせていました。


地面に20m位の高さの、大きな土で作った山があります。


囚人にシャベル(スコップ)を持たせて

「この山の土を全部、こちらに運びなさい」

と言って、数十メートルはなれた別の場所に、

その山の土をぜーんぶ、スコップで少しずつ運ばせて、

結局、山ごと移動させるのです。


とうぜん、道具はスコップだけなので、

一度に運べる量はほんの少しです。

1チーム3人でこの作業をやらせるのですが、

毎日朝から晩までずーーーーっとこの作業だけをやっていても

2ヶ月くらいかかるそうです。


そして、2ヶ月がんばって、やっと終わったら

そこで刑務所の所長が一言


「今度は、この山を元の位置に戻しなさい・・・・・・・・・・!」


そしてまた同じ作業が2ヶ月続くのです。

さらに2ヶ月後に一言、


「また、この山をこっちに移動しなさい・・・・・・・・・・!」


もう、おわかりですね。

この作業には絶対に終わりがないのです。

寒い日も、暑い日も、雨の日も、吹雪の日も・・・・

毎日毎日、スコップで土を同じ2カ所に運び続けるのです。

そして、この作業には一切の意味がありません。


もし、終わりがあるとすれば、それは囚人が死ぬときなのです。

それを悟った順に囚人が自殺していく・・・・・・。

==========================

というお話しでした。

こんな暗い暗い話をして・・・・

何に気付いて欲しかったか・・・・わかりますか?


「終わりのない試練」ほど、つらいものはない!

ということです。

逆に、

「終わりのある試練」は、決してつらくはない!

ということなんです!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


あなたにとって、「高校受験」「受験勉強」という試練は

たしかにつらいことかもしれませんが、

中3生であれば、

あと80日足らずで終わるじゃないですか?

中2生だって、

あと1年ちょっとなんですよ。


期間の限られた試練なんて、ぜんぜんつらくないんですよ。


さっきの囚人の話、

もし、

「山の移動を10回やったら釈放するよ!」

とか、

「この作業を2年やったら釈放だよ!」

と言われていたらどうだったでしょう・・・・?


つらくても、みんな続けると思いませんか?


そして、もう一つ。

中学生にとって、

「勉強する」という行為は、

絶対にやらなければいけない事なんです。

避けて通ることは絶対にできないんです。

それはもう知っていますよね。


だったら、こう考えませんか?


どうせやらなくちゃいけないことなんだから・・・・

「自ら進んでやる」のと「イヤイヤやる」のでは、

どっちが楽しいですか?


「やだなー」「つらいなー」と思いながらやってる事って、

うまくいきますかね?

逆に、

「たのしーなー」「おもしろいなー」と思ってやってる事って、

絶対にうまくいきますよね。


どうせやらなければいけない事なんだから、

楽しくやろうよ!


必勝パックを何回も繰り返していくと、

自然と正答率は上がってきますよね。

2回目よりも3回目、

3回目よりも4回目
   :
繰り返すたびに○が増えていくのなんて楽しいじゃないですか?

あなたが成長しているってことですよ。


この冬休み、

わたしはKAIRIN予備校の生徒に、

必勝パックをあと2回繰り返させます。

あなたも負けずに頑張って!

KAIRIN予備校 石田晴康

P.S.

冬期講習中に、生徒達を見て気付いたこと・アドバイスしたことなど、

できる限り、メールしますね。

☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

今回の記事はいかがだったでしょうか?

みんな頑張っています。

ここまで信じてやってきた
必勝パック。

最後の最後まで
やりつくしましょう!

頑張って!
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。