2014年07月14日

開倫塾 サポートメール2014年7月14日配信分

2012年10月初めに開倫塾 公立高校合格必勝パックを
娘に購入して勉強を開始しました。

夏休み明けの段階では
第一志望校は
千葉市立稲毛高校(合格有望圏 県標準偏差値:63)でした。
お笑い芸人小島よしおさんの母校ですね!

その後、公立高校合格必勝パックで苦手な理科、社会を中心に
勉強を開始したところ年末には模試等の偏差値が上昇し最終的には

千葉県立千葉東高校(合格有望圏 県標準偏差値:70)
に合格することが出来ました。 
(桐谷美玲・小島瑠璃子の母校ですね!)

そんな経緯があり、娘の合格のターニングポイントだった
教材なので高校受験にのぞむ受験生にオススメしたく当ブログを立ち上げました。

さらにうれしいことに
購入後に不定期ではありますが
★大きなお世話の【勝手にサポートメール】★
というものが届きました。

その内容がとても参考になるので
2012年12月1日に許可を頂き、
私の元に届いたサポートメールを紹介しています。

現在、公立高校 合格必勝パック 会員専用ページ で
【勝手にサポートメール】バックナンバーブログとして
当ブログが正式にリンクされております。


私の娘が購入した「公立高校合格必勝パック」は
開倫塾様の商品説明によると

「栃木・茨城・群馬に60校舎を展開する学習塾で
15年間に20000人の受験生が使用し、効果を証明した教材です。
正直申し上げて「一発逆転のウルトラC」的な要素はありません。
■コツコツ頑張って少しづつでもいいから確実に志望校に近づきたい!
■高校入試の勉強を効率的にやりたい!
■まずは短期間で基礎基本を徹底的に仕上げたい!
という中学生を対象とした教材+学習方法です。
【応用力は「基礎基本」という部品を組み立てる作業だ!】
という考えから作られたこの学習プログラムは、
基礎基本を徹底的に繰り返し反復することで
高校入試を解くために必要な学力を育成します。
とくに、現在理科・社会の点数が伸び悩んでいる中学生に最適です。
40日〜60日でその効果が実感できます。

となっています。

もっと具体的な内容については
こちらへどうぞ 次項有 公立高校合格必勝パック



ではここから以下が26年度のサポートメールの内容になります。


☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

★大きなお世話の【勝手にサポートメール】★

こんにちは、

KAIRIN予備校の石田です。

このたびは、開倫塾の「合格必勝パック」をご購入いただき、

誠にありがとうございます。

わたしの教室でも、

この夏休みから本格的に「必勝パック」を使って

基礎基本の徹底をさせていきます。

生徒を指導しながら、気づいたこと、注意したこと、

そして成功事例等をあなたとシェアしていきたいと思っております。

よろしくお願いします。


KAIRIN予備校の夏期講習は、いよいよ来週21日からスタートします。

今年は、栃木県の足利校・石橋校・宇都宮校の3教室で、

「合格必勝パックを延々とやるだけ・・・・!」

という夏期講習を実施します。


実は私の指導している宇都宮校では、

去年から、夏期講習の授業をやめてしまいました。

理由は・・・・・・・・・

私が一生懸命に教えているよりも、

生徒が黙々と必勝パックをやってもらった方が、

明らかに学力がつく!・・・・・・・・・・・・・・・

・・・・・・・・・・・・・という悲しい事実に気がついてしまったか らです。

私もいちおう、この業界では20年以上やっているベテラン(?)なので、

生徒に理解させたり、難しい問題を解けるようにしたり、

応用問題を簡単に解く方法を教えたり・・・

授業にはそれなりの自信があります。

しかも、授業が大好きです!

でも、どんなにわかりやすい授業をやって、

生徒さんが満足してくれたとしても、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

1週間たてば忘れてしまうんです。

しっかりと、定期的に復習を繰り返し、

実際の試験で点数がとれるようになってくれる子は

悲しいことに半分くらいなんです。


私の教室に限らず、どこの塾でも「夏期講習」と称して、

10日間〜2週間位の期間で、

いままでの内容を総復習するわけですが、

現実問題として、

2年半分の内容をわずか2週間くらいで復習できるはずがないのです。

ほと んどの学習塾は、

各単元の重要なところをピックアップして講義しているのが現状ですが、

ピックアップされなかった膨大な内容については生徒はいつ勉強するのでしょうか?
そもそもどの部分がピックアップされなかったのかということすら

生徒にはわかりません。


私は大学2年の夏にアルバイトとして塾業界に入ってから20年以上、

この業界でやってきました。

先ほど書かせていただいたような夏期講習も何回も実施してきましたが、

結局、普段からこつこつがんばっていた一部の生徒は

確実に夏期講習で成果を出しますが、

夏からがんばろう!というような生徒さんたちは、

一時的には成績が上がりますが、長期的に見ると伸びが止まってしまいました。



栃木県では、県立高校入試の問題は、

その70%が教科書の基礎基本から出題されています。

つまり、教科書の基礎基本を確実に定着させるだけで

入試問題の70%は解けるのです。

また、応用問題を解くためには、

これまでに脳に蓄積された「部品」を使って考えを組み立てる力が必要です。

この「部品」というのが「基礎基本」なのです。

つまり、「基礎基本」をしっかりと確実に定着させることによって、

高校入試で350点以上は確実にとれるのです。

もちろん、400点〜450点も不可能ではありません。


簡単に言ってしまいましたが、

問題はその「基礎基本」の量です。

当然3年間分・しかも5教科分ですからその量は相当莫大なものになります。

だから、どこの塾も重要と思われる部分だけをピックアップして教えるのです。

しかし、せっかくの夏休みです。

高校入試前の最後の長期休みです。

どうせ受験勉強をやるなら、

これまでの基礎基本を全部復習したいと思いませんか?


ところで・・・・・・・・

私の20年以上に及ぶ塾講師としての経験から、

明らかに事実だと確信したことがあります。

「楽して成績を上げる方法はない」

「結果を出した生徒・成績を大幅に伸ばした生徒は例外なく、ものすごい苦労をしている」


ということです。


このような経緯があって、

私は去年から、夏期講習の授業を一切やめて、

1日10時間×30日間

合計300時間

とにかく、「必勝パック」を何回も何回もくりかえす!

という夏期講習をやりました。

朝から晩まで、私の目の前に生徒を座らせて、

とにかく、必勝パックをやらせました。


「授業をやってくれないんですか?」

「自習だけなら自分で家でやれます」

といって、他の塾に行ってしまった生徒もいました。

結局、20人いた生徒は、13人になってしまいました。


そこに、夏期講習から入塾してくれた4人を加えて17人で

地獄の夏期講習を実施したのです。


多い子は、必勝パックの社会を3回・理科も3回終了させました。

ほとんどの子は数学も2回終わらせました。

一番時間がかかったのが英語でした。

多くて2回、少ない子でやっと1回終わったという状況です。


しかし、

夏休みの最後に実施された栃木県統一模試である

「下野新聞社模試」で、恐ろしいことが起こりました。


参加した生徒で、

6月にも下野模試を受験していた生徒11人中、

9人が、6月よりも偏差値が上がったのです。

(2人は、変わってませんでした・・・・)

中には、

偏差値44→57

というように13もアップした子もいます。

残りの6人については6月に受験していないため、

比較ができませんが、本人たちは満足してくれました。


何よりも、

夏休みに長時間学習する習慣がついたことと、

自習中に私が「勉強の仕方」についてアドバイスを続けていたので、

9月からも集中して長時間、正しい勉強のやり方で学習できるようになりました。


※成果の出る勉強のやり方については、

 このメールにて、私の教室の生徒と同じ時期・タイミングで

 配信していきます。


去年の夏期講習の成果が出たことから、

私の管轄しているKAIRIN予備校で、

今年から宇都宮校以外に、石橋校・足利校で

「授業を一切しない夏期講習」を実施することになりました。

(他の校舎は、生徒さんと保護者様のご理解が得られませんでした・・・)

今年は、私も指導もかねて3校舎を回ります。

それぞれの校舎にて、気がついたこと、指導したこと、

成功事例を、あなたにシェアしていこうと思っております。

どうか、この夏、

あなたも長時間の自己学習で2年半分の「基礎基本」を

完璧に定着させてください。

KAIRIN予備校 石田晴康


☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。