2014年08月20日

開倫塾 サポートメール2014年8月18日配信分

2012年10月初めに開倫塾 公立高校合格必勝パックを
娘に購入して勉強を開始しました。

夏休み明けの段階では
第一志望校は
千葉市立稲毛高校(合格有望圏 県標準偏差値:63)でした。
お笑い芸人小島よしおさんの母校ですね!

その後、公立高校合格必勝パックで苦手な理科、社会を中心に
勉強を開始したところ年末には模試等の偏差値が上昇し最終的には

千葉県立千葉東高校(合格有望圏 県標準偏差値:70)
に合格することが出来ました。 
(桐谷美玲・小島瑠璃子の母校ですね!)

そんな経緯があり、娘の合格のターニングポイントだった
教材なので高校受験にのぞむ受験生にオススメしたく当ブログを立ち上げました。

さらにうれしいことに
購入後に不定期ではありますが
★大きなお世話の【勝手にサポートメール】★
というものが届きました。

その内容がとても参考になるので
2012年12月1日に許可を頂き、
私の元に届いたサポートメールを紹介しています。

現在、公立高校 合格必勝パック 会員専用ページ で
【勝手にサポートメール】バックナンバーブログとして
当ブログが正式にリンクされております。


私の娘が購入した「公立高校合格必勝パック」は
開倫塾様の商品説明によると

「栃木・茨城・群馬に60校舎を展開する学習塾で
15年間に20000人の受験生が使用し、効果を証明した教材です。
正直申し上げて「一発逆転のウルトラC」的な要素はありません。
■コツコツ頑張って少しづつでもいいから確実に志望校に近づきたい!
■高校入試の勉強を効率的にやりたい!
■まずは短期間で基礎基本を徹底的に仕上げたい!
という中学生を対象とした教材+学習方法です。
【応用力は「基礎基本」という部品を組み立てる作業だ!】
という考えから作られたこの学習プログラムは、
基礎基本を徹底的に繰り返し反復することで
高校入試を解くために必要な学力を育成します。
とくに、現在理科・社会の点数が伸び悩んでいる中学生に最適です。
40日〜60日でその効果が実感できます。

となっています。

もっと具体的な内容については
こちらへどうぞ 次項有 公立高校合格必勝パック



ではここから以下が26年度のサポートメールの内容になります。


☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆
★大きなお世話の【勝手にサポートメール】★

こんにちは、KAIRIN予備校の石田です。

KAIRIN予備校の今日のホームルームでは、

不合格者の共通点について話しました。

こんな内容です・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

県立高校に合格するには・・・・・


不合格にならなければいいんです・・・。


ふざけているわけではありません。

大まじめです。


高校入試というのは、地域によって差はありますが、

栃木県では、倍率が1.2倍〜1.5倍の戦いです。

1500人受験すれば1000人〜1200人が合格する試験です。

つまり・・・・・・・・

合格する方が多数派なんです。

不合格者は少数派なんですよね・・・。


したがって、

合格した人すべてに当てはまるような共通点は・・・・・


「中3生である」

「試験会場にたどり着いている」

「悪いことをしていない」

   :

くらいしか見当たりません。



もちろん、

「あの子は絶対に合格するな!」

と、確信できて、当然のように合格した生徒もいました・・・・。

しかし、

「なんであの子が・・・・?」

という結果の生徒もいました。(良くも悪くも・・・です)


結局、

「こういう人は絶対に合格する!」

というものは、本当のところない・・のが現実です。



しかし、

少数派である不合格になった人には、

少なからず共通点というのがあります。


あなたたちは、

この少数派の貴重な経験を学ぶ必要があるのでは・・と思います。


どうすれば、わずか20%〜30%の少数派に入ってしまうのか・・?


私の20年の経験上、

不合格になってしまった子にほぼ共通している

3つのことをお話しします。


1.本当は、その高校に合格したいと思っていなかった

驚くことに、こういう先輩たちが毎年のようにいます。

どういうことかと言うと、

@本当は他に受けたい学校があったのに、
 やむを得ずに行きたいと思っていない学校に変更した 

Aたとえ合格したとしても
 勉強についていけないのではないかと思っていた、

の2パータンがあります。

本心からその学校に何が何でも行きたい、

という気持ちが強い人なら、

かなりの高確率で

その学校には合格できるということです。

受験は今までの点数よりも、

強い気持ちと

これからの期間の時間の過ごし方の方が、

かなり重要だということです。


2.受験前に強い不安や緊張を抱えている、自信がない

過去の先輩たちで、

たとえ合格安全圏判定をもらっていても、

残念な結果に終わってしまった先輩たちの共通点がこれです。

合格判定は良くても、

やっぱり合格が100%保証されているわけではないので、

強い不安を抱えています。

自信がないのです。

不安になった時や緊張した時、どうすればいいのでしょうか。

自信をつけるにはどうすればいいのでしょうか。

これについては、詳しいことは入試前にお伝えしますが、

不安を抱えたり、緊張したりしている時は、

無意識に呼吸が浅くなっています。

なので、わざと意識して深呼吸をすると、

かなり軽減できます。

脳にも身体にも酸素が必要なのです。

鼻から大きく息を吸って、

口から大きく息を吐き出す・・・

これを1分〜3分でも続けると、かなり落ち着きます。

日頃から習慣づけていくのがベストです。

自信をつけるためには、

いつも肯定的な言葉遣いをするということです。

しかも、現在形や現在進行形で。

自信がない人は、

しょっちゅう否定的な言葉を口から出しています。

自信とは自分を信じると書きます。


否定的な言葉をいつも口から出している人は、

自分の脳に否定的な命令を出しています。

だから、身体の使い方も否定的になります。

集中できずに、勉強しても頭に入ってこないのです。

だったら、自分の脳に肯定的な言葉を聞かせて、

肯定的な身体の使い方をさせればいいのです。

 ・僕は、合格に向けて順調に勉強が進んでいる

 ・私は、合格に向けて今日も確実に学力が向上している

言葉というのは、

驚くほどあなたの人生に大きな影響を与えます。

いつも、そのように考え、

そのような言葉遣いを意識している人には、

本当にそのような結果が引き寄せられます。

残念な結果に終わった人達は、

自分の不安を軽減したり、

緊張を緩めたり、

肯定的な言葉遣いをするのを

行わなかったのです。


3.合格に向けた勉強をしていない

真面目にコツコツやっていたにも関わらず、

残念な結果に終わってしまった先輩たちの共通点がこれです。

勉強はやっていたのだけれど、

それが合格につながる勉強にはなっていなかったということです。

具体的に言えば、

苦手教科や苦手単元ばかりやっていた、

難しい問題ばかりやっていた、

基礎基本を繰り返し覚えるという、

地道な作業を省略していた・・・。

・・・・・・・・・こういうことが挙げられます。


基礎基本は、すべての応用力を生み出す部品です!

これをおろそかにして応用問題ばかりやっていても

本人は勉強をした気にはなっているのですが、

成果にはつながらないのです。

また、

苦手教科や苦手単元は成績が上がりにくいのです。

もし、上がりやすいなら今までに得意教科・得意単元になっていたはずです。

合格に向けた勉強というのは、

確実に正答しなければいけない問題、

覚えていれば絶対に答えられる問題、

これを定着させておかないと、応用問題が解けない公式や使い方

これらを完璧にするために、

飽きもせずに同じ教材を繰り返し・繰り返しやり、

基礎基本を徹底的にあなたの脳に埋め込む勉強です。

ちなみに・・・・

「必勝パック何周目??」

「6周目です!」

と答えられた生徒達は確かに合格しています。


基礎基本の大切さは、

次回のメールでもお話しします。

頑張ってください。

KAIRIN予備校 石田晴康



☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

今回の記事はいかがだったでしょうか?

精神的な部分で合否を分けることは
十分ありえますね。

合格必勝パックを使って
基礎基本の問題はバッチリだ!
と思えることで精神的な余裕が生まれると思います。

購入された方は
ぜひ、ボロボロになるまで使い込みましょう。

ボロボロになった
合格必勝パックが受験においてあなたの
最大の味方になってくれると思います。

×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。