2013年12月22日

開倫塾メールサポート 2013年12月22日配信分

2012年10月初めに開倫塾 公立高校合格必勝パックを
娘に購入して勉強を開始しました。

夏休み明けの段階では
第一志望校は
千葉市立稲毛高校(合格有望圏 県標準偏差値:63)でした。
お笑い芸人小島よしおさんの母校ですね!

その後、公立高校合格必勝パックで苦手な理科、社会を中心に
勉強を開始したところ年末には模試等の偏差値が上昇し最終的には

千葉県立千葉東高校(合格有望圏 県標準偏差値:70)
に合格することが出来ました。 桐谷美玲さんの母校ですね!

そんな経緯があり、娘の合格のターニングポイントだった
教材なので高校受験にのぞむ受験生にオススメしたく当ブログを立ち上げました。

さらにうれしいことに
購入後に不定期ではありますが
★大きなお世話の【勝手にサポートメール】★
というものが届きました。

その内容がとても参考になるので
2012年12月1日に許可を頂き、
私の元に届いたサポートメールを紹介しています。

現在、公立高校 合格必勝パック 会員専用ページ で
【勝手にサポートメール】バックナンバーブログとして
当ブログが正式にリンクされております。


私の娘が購入した「公立高校合格必勝パック」は
開倫塾様の商品説明によると

「栃木・茨城・群馬に60校舎を展開する学習塾で
15年間に20000人の受験生が使用し、効果を証明した教材です。
正直申し上げて「一発逆転のウルトラC」的な要素はありません。
■コツコツ頑張って少しづつでもいいから確実に志望校に近づきたい!
■高校入試の勉強を効率的にやりたい!
■まずは短期間で基礎基本を徹底的に仕上げたい!
という中学生を対象とした教材+学習方法です。
【応用力は「基礎基本」という部品を組み立てる作業だ!】
という考えから作られたこの学習プログラムは、
基礎基本を徹底的に繰り返し反復することで
高校入試を解くために必要な学力を育成します。
とくに、現在理科・社会の点数が伸び悩んでいる中学生に最適です。
40日〜60日でその効果が実感できます。

となっています。

もっと具体的な内容については
こちらへどうぞ 次項有 公立高校合格必勝パック



ではここから以下が25年度のサポートメールの内容になります。


☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

KAIRIN予備校は、今日から冬期講習です。

中2・中3生ともに、

今日から1月7日まで18日間ノンストップです。

特に中3生は1月4日には

私立の宇都宮短期大学附属高校の入試があるので、

正月なんて言ってられないんですね・・・・。



さて・・・・

18日間なにをやるのか・・・・・・・・・。


夏期講習と同じです。

つまり、この期に及んでもやはり必勝パック+過去問なんです。

ただし、今回は

国語は「まとめ50」ではなく、「文章読解演習帳」、

英語は、「まとめ333」+「熟語演習帳」です。

社会はまとめシリーズに加えて、

資料の読み取りのプリントを作成したり

(近日中に会員サイトにアップしますね)、

「カテゴリ別今井の歴史」
(会員サイトにあります。使ってね!)

を追加してやらせます。

時間は午後1時〜10時30分まで。

食事休憩を除いて、毎日9時間を18日連続で学習します。



「つらそうだな・・・・・」

「それはちょっときついんじゃない?」

と、思われましたか?


ウチの生徒には、そのように感じる子は1人もいないんです。

なぜだと思いますか?

それは、いつもホームルームでこんな話をしているからです。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

〜「受験勉強」は終わりのある試練である〜

私もよく覚えていないのですが、

私が大学入試に失敗して浪人していたときに、

通っていた予備校の先生から聞いた話です。

============================

昔、東洋のある国では、重犯罪を犯した罪人を死刑にするかわりに、

「無期懲役」を言い渡していました。

しかし、「無期懲役」なのに、結局囚人達は次々と自殺をしていくのです。


それはなぜか・・・・・?

その国では、重い罪を犯して「無期懲役」となった囚人に、

次のような作業を毎日やらせていました。


地面に20m位の高さの、大きな土で作った山があります。


囚人にシャベル(スコップ)を持たせて

「この山の土を全部、こちらに運びなさい」

と言って、数十メートルはなれた別の場所に、

その山の土をぜーんぶ、スコップで少しずつ運ばせて、

結局、山ごと移動させるのです。


とうぜん、道具はスコップだけなので、

一度に運べる量はほんの少しです。

1チーム3人でこの作業をやらせるのですが、

毎日朝から晩までずーーーーっとこの作業だけをやっていても

2ヶ月くらいかかるそうです。


そして、2ヶ月がんばって、やっと終わったら

そこで刑務所の所長が一言


「今度は、この山を元の位置に戻しなさい・・・・・・・・・・!」


そしてまた同じ作業が2ヶ月続くのです。

さらに2ヶ月後に一言、


「また、この山をこっちに移動しなさい・・・・・・・・・・!」


もう、おわかりですね。

この作業には絶対に終わりがないのです。

寒い日も、暑い日も、雨の日も、吹雪の日も・・・・

毎日毎日、スコップで土を同じ2カ所に運び続けるのです。

そして、この作業には一切の意味がありません。


もし、終わりがあるとすれば、それは囚人が死ぬときなのです。

それを悟った順に囚人が自殺していく・・・・・・。

==========================

というお話しでした。

こんな暗い暗い話をして・・・・

何に気付いて欲しかったか・・・・わかりますか?


「終わりのない試練」ほど、つらいものはない!

ということです。

逆に、

「終わりのある試練」は、決してつらくはない!

ということなんです!

ーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーーー


あなたにとって、「高校受験」「受験勉強」という試練は

たしかにつらいことかもしれませんが、

中3生であれば、

あと80日足らずで終わるじゃないですか?

中2生だって、

あと1年ちょっとなんですよ。


期間の限られた試練なんて、ぜんぜんつらくないんですよ。


さっきの囚人の話、

もし、

「山の移動を10回やったら釈放するよ!」

とか、

「この作業を2年やったら釈放だよ!」

と言われていたらどうだったでしょう・・・・?


つらくても、みんな続けると思いませんか?


そして、もう一つ。

中学生にとって、

「勉強する」という行為は、

絶対にやらなければいけない事なんです。

避けて通ることは絶対にできないんです。

それはもう知っていますよね。


だったら、こう考えませんか?


どうせやらなくちゃいけないことなんだから・・・・

「自ら進んでやる」のと「イヤイヤやる」のでは、

どっちが楽しいですか?


「やだなー」「つらいなー」と思いながらやってる事って、

うまくいきますかね?

逆に、

「たのしーなー」「おもしろいなー」と思ってやってる事って、

絶対にうまくいきますよね。


どうせやらなければいけない事なんだから、

楽しくやろうよ!


必勝パックを何回も繰り返していくと、

自然と正答率は上がってきますよね。

2回目よりも3回目、

3回目よりも4回目
   :
繰り返すたびに○が増えていくのなんて楽しいじゃないですか?

あなたが成長しているってことですよ。


この冬休み、

わたしはKAIRIN予備校の生徒に、

必勝パックをあと2回繰り返させます。

あなたも負けずに頑張って!

KAIRIN予備校 石田晴康

P.S.

冬期講習中に、生徒達を見て気付いたこと・アドバイスしたことなど、

できる限り、メールしますね。

☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

今回の記事はいかがだったでしょうか?

みんな頑張っています。

ここまで信じてやってきた
必勝パック。

最後の最後まで
やりつくしましょう!

頑張って!

2013年10月19日

開倫塾メールサポート 2013年10月19日配信分

2012年10月初めに開倫塾 公立高校合格必勝パックを
娘に購入して勉強を開始しました。

夏休み明けの段階では
第一志望校は
千葉市立稲毛高校(合格有望圏 県標準偏差値:63)でした。
お笑い芸人小島よしおさんの母校ですね!

その後、公立高校合格必勝パックで苦手な理科、社会を中心に
勉強を開始したところ年末には模試等の偏差値が上昇し最終的には

千葉県立千葉東高校(合格有望圏 県標準偏差値:70)
に合格することが出来ました。 桐谷美玲さんの母校ですね!

そんな経緯があり、娘の合格のターニングポイントだった
教材なので高校受験にのぞむ受験生にオススメしたく当ブログを立ち上げました。

さらにうれしいことに
購入後に不定期ではありますが
★大きなお世話の【勝手にサポートメール】★
というものが届きました。

その内容がとても参考になるので
2012年12月1日に許可を頂き、
私の元に届いたサポートメールを紹介しています。

現在、公立高校 合格必勝パック 会員専用ページ で
【勝手にサポートメール】バックナンバーブログとして
当ブログが正式にリンクされております。


私の娘が購入した「公立高校合格必勝パック」は
開倫塾様の商品説明によると

「栃木・茨城・群馬に60校舎を展開する学習塾で
15年間に20000人の受験生が使用し、効果を証明した教材です。
正直申し上げて「一発逆転のウルトラC」的な要素はありません。
■コツコツ頑張って少しづつでもいいから確実に志望校に近づきたい!
■高校入試の勉強を効率的にやりたい!
■まずは短期間で基礎基本を徹底的に仕上げたい!
という中学生を対象とした教材+学習方法です。
【応用力は「基礎基本」という部品を組み立てる作業だ!】
という考えから作られたこの学習プログラムは、
基礎基本を徹底的に繰り返し反復することで
高校入試を解くために必要な学力を育成します。
とくに、現在理科・社会の点数が伸び悩んでいる中学生に最適です。
40日〜60日でその効果が実感できます。

となっています。

もっと具体的な内容については
こちらへどうぞ 次項有 公立高校合格必勝パック



ではここから以下が25年度のサポートメールの内容になります。


☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

★大きなお世話の【勝手にサポートメール】★

「せんせー!、英語の長文がぜんぜんだめなんですう・・・。」

という生徒が多くて困ったもんです。

私は高校数学が専門の人間なので、

正直言って、英語の質問をされても、

中2くらいまでなら何とかなりますが、

さすがに、中3の入試レベルとなると・・・

情けないことに、正確に答えられなかったりするんですね・・・。

(もう20年くらい、英語やってないし・・・)

ただ、さすがに放っておくわけにはいかないので、

英語が苦手ながらも、英語の授業をしてしまいました・・・(^_^;)


長文ができなーーーい!

と言っている子達が、長文問題をやっている様子をじーーーっと見ていると、

何となく原因がわかってきました。

単語・熟語を読めなすぎる!ということです。

文中にある'when'を「いつ」とか訳してるんだもん・・・。


文法以前に、言葉の意味がわからないのであれば、

長文なんか読めなくて当たり前。


そこで、下野模試の過去問の長文をやらせる前に、

その長文に出てくる、すべての単語の意味と、

熟語の意味を40分かけて、覚えさせました。

「とにかく、単語が書けなくてもいいから、

単語を見て、すぐ意味が言えるようになるまで覚えなさい!」

when・・・のとき、when・・・のとき、when・・・のとき、when・・・のとき、・・・

というふうに、何回も書かせて覚えさせました。

長文の中の単語・熟語だけでなく、

そのあとの、問題文の選択肢の中にある単語や、

「次の中から、本文と内容が一致するものを選びなさい」

という選択問題の英文も、すべてチェックして、

読めなそうな単語・熟語はすべて覚えさせました。


そして、「じゃあ今からこの長文の問題をやってみよう」

というふうに、やらせてみたのですが・・・・・、


「せんせー、すげー、俺って天才!」

という生徒が続出です。


みんな、ほとんどの問題が正解となりました。

もちろん、文法事項の理解が不十分な生徒も多数いるのですが、

そのような子でも、「英語で答えなさい」以外の問題は正解となっています。


結局、英語は語学ですから、

単語・熟語の意味がすべて把握できれば、

あとは文全体の意味は、自然と自分の頭の中で処理できるのだと思います。


もちろん、あくまでも高校入試レベルの話であり、

大学受験ではこんなに上手くはいきません。


単語・熟語がしっかりとよめれば、長文が読める。

→長文は配点が高い

→かなりの得点アップができる


ということを、私の教室の生徒も理解したようです。

それは同時に、

単語・熟語がよめない、

→長文が読めない

→英語の得点が伸びない

という事実に他なりません。


さらに、英単語は「毎日コツコツやる以外に覚える手段はない」

と思います。

短期間で一気に覚えるウルトラCを私は知りません。


もちろん、そんなことは言われなくてもわかっているよ!

と思っている方、

わかっていることと、理解していることは違います。


わかっているだけでは、結果は出ないんですね。

しっかりと理解して行動しなければいけないんです。


県立入試まであと約130日くらいですね。

1日10個の単語と3つの熟語を覚えれば、

1300個の単語と、390個の熟語を武器として、

入試に臨めます。

「鬼に金棒」状態です。


まだまだあとでいいやっ、・・・なんて思ってると、

1日に30個の単語+10個の熟語を覚えるなどという、

「他の科目はいつやるんだ!」状態になってしまいます。

まだ本格的に英単語・英熟語を始めていない方は、

今日からすぐ始めよう。


ちなみに、英熟語に関しては、

必勝パック付録の「28日完成 熟語演習帳」をつかってね。

56日間で、2周回せます。

そのあとは、オンラインで確認テストをやれば、

リスニングも強くなるよ!

がんっばってください。

KAIRIN予備校 石田晴康

☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

今回の記事はいかがだったでしょうか?

必勝パック付録の「28日完成 熟語演習帳」をしっかり使い
倒せばまだまだ英語の得点アップは目指せますね。

購入者はしっかりと教材を使い倒す気持ちで
取り組んでみてくださいね。

2013年10月17日

開倫塾メールサポート 2013年10月16日配信分

2012年10月初めに開倫塾 公立高校合格必勝パックを
娘に購入して勉強を開始しました。

夏休み明けの段階では
第一志望校は
千葉市立稲毛高校(合格有望圏 県標準偏差値:63)でした。
お笑い芸人小島よしおさんの母校ですね!

その後、公立高校合格必勝パックで苦手な理科、社会を中心に
勉強を開始したところ年末には模試等の偏差値が上昇し最終的には

千葉県立千葉東高校(合格有望圏 県標準偏差値:70)
に合格することが出来ました。 桐谷美玲さんの母校ですね!

そんな経緯があり、娘の合格のターニングポイントだった
教材なので高校受験にのぞむ受験生にオススメしたく当ブログを立ち上げました。

さらにうれしいことに
購入後に不定期ではありますが
★大きなお世話の【勝手にサポートメール】★
というものが届きました。

その内容がとても参考になるので
2012年12月1日に許可を頂き、
私の元に届いたサポートメールを紹介しています。

現在、公立高校 合格必勝パック 会員専用ページ で
【勝手にサポートメール】バックナンバーブログとして
当ブログが正式にリンクされております。


私の娘が購入した「公立高校合格必勝パック」は
開倫塾様の商品説明によると

「栃木・茨城・群馬に60校舎を展開する学習塾で
15年間に20000人の受験生が使用し、効果を証明した教材です。
正直申し上げて「一発逆転のウルトラC」的な要素はありません。
■コツコツ頑張って少しづつでもいいから確実に志望校に近づきたい!
■高校入試の勉強を効率的にやりたい!
■まずは短期間で基礎基本を徹底的に仕上げたい!
という中学生を対象とした教材+学習方法です。
【応用力は「基礎基本」という部品を組み立てる作業だ!】
という考えから作られたこの学習プログラムは、
基礎基本を徹底的に繰り返し反復することで
高校入試を解くために必要な学力を育成します。
とくに、現在理科・社会の点数が伸び悩んでいる中学生に最適です。
40日〜60日でその効果が実感できます。

となっています。

もっと具体的な内容については
こちらへどうぞ 次項有 公立高校合格必勝パック



ではここから以下が25年度のサポートメールの内容になります。


☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

★大きなお世話の【勝手にサポートメール】★

必勝パックの特別付録「25日完成 読解演習帳」使ってますか?

じつは、私の教室に、これを使って一気に読解問題が

3割→8割できるようになった生徒がいるのでご紹介します。

その子は夏休みから入塾してきた女の子ですが、

8月の下野模試(栃木県の統一模試です)の国語の点数が、

56点でした。

漢字・語句問題は、ほぼパーフェクト(26点/30点)、

作文は16点/20点、ですので、

残りの50点分の古文+読解問題がほとんどできていないのです。

当然、毎日、歴史の教科書の音読をやらせるようにしましたが、

おそらく、時間的に間に合わないので、国語の「読解演習帳」を

やらせるようにしました。

今日、過去問をやらせたら、76点まで取れるようになっていました。

本人も私もびっくりです!!


ただ、国語の読解問題を練習するときは、注意が必要です。


こちらから指示をしないでやらせると、ほとんどの生徒が、

@問題をやる

A答え合わせをする。

B間違えたところに、正解を赤で書く。

Cおわり・・・・次の問題をやる・・・


というサイクルを続けます。

これでは、「読解問題に慣れる」という目的は達成されますが、

「読解問題で得点できるようになる」という重要な目的は達成されません。


「付録」だからといってナメてはいけません!


読解演習帳はしっかりとしたプロセスで実施すれば、

ちゃんと25日間で読解問題で点数が取れるようになるのです。
(ということが、わかってきました・・・)

※来年度は付録でなく、正式な必勝パックとしてラインナップする予定です。


開倫塾の塾生に2年間(合計約4500名)に使ってもらって、

ある程度のマニュアル的なものができたので紹介します。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★

できれば、専用のノートを作ってください。

1問あたり制限時間は10分です。

実際の入試でもそのくらいのはずです。(栃木県では・・)



問題が解き終わったあとの作業が大切です。


その問題文中で意味のわからなかった語彙のすべてに

黄色のラインマーカーを引いておきます。

その語彙の意味を調べて、ノートに書いておきましょう。



次に、文章中に読めなかった漢字があれば、それもチェックしてノートに記録しておきます。

その漢字がすでに習ったものであれば、何回もノートに練習して書けるようにしておきましょう。


そして、いよいよ読解問題の解答・解説を読むわけですが・・・・、


読解問題を解くとき、そして答え合わせをするときは、何故それが正解なのか、

その根拠を必ず本文から見つけるようにしてください。

国語の読解問題は正解の根拠が必ず本文にあります。

なぜなら、そうやって問題を作成しなければ、

正解が多数できてしまい、採点ができないからです。

例えば書き方次第で何通りも答があるように思える記述式の説明問題などは、

本文中のコレとコレが書けているから○、

といったように、採点ポイントが必ずあります。

選択肢問題(記号問題)でもそれは同じ。

正解の根拠が必ず本文にあるので、読解問題を解くとき、

答え合わせをするときは正解の理由を本文中から見つけるようにしてください。

これをやらないと読解問題を解いた意味が大きく減ってしまいます。

必ず行うようにしてください。


具体的な作業として、

「問題文中のどこに“答えのヒント”が書かれていたのか」

「正解は、問題文中のどこから引用しているのか」

を見つけて赤で印を付けておきます。

(四角で囲んだり、線を引いたり・・・)


すると、「文章のどの部分を根拠にして解答すれば正解が得られるのか」が理解できます。


また、

「あなたが間違えた答えは、問題文中のどの部分を引用したのか」

を青で印をつけます。(四角で囲んだり、線を引いたり・・)


そうすることによって、

自分の解答が、正解から、どのくらいずれているのかが一目瞭然です。

そして、この作業を繰り返していくと、

おもしろいことに、赤と青の距離が次第に縮まっていくのがわかります。

もちろん、最後は一致します(つまり正解にたどり着くということですね)


物語文においては、とくにこれらの作業は重要です。

まず間違えた問題について、解説を読みます。

そして、なぜ自分は間違えたのか、

どのような考えが必要か、

どのような点を見落としていたのか、

どのような考え違い、読み違いをしていたのか、


ということを納得するまで徹底的に検証します。

また、合っていた問題についても、

一応自分の考え通りに解説されているかチェックするとなお良いと思います。

このように、解答を導く正しい手続きのプロセスを身に付けることで、

正しい解き方のフォームが身に付くことになります。



ただ単に解いて○付けして、正解を赤で書いて終わらずに、

その問題文を使って(それを教材にして)

たくさんの「語彙力」や「漢字の力」、さらに「文章を読む力」も強化していって下さい。

★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★★


現実問題として、

読解演習帳を正しいプロセスで(めんどくさがらずに)演習した生徒は、

8割以上が読解問題で点数が伸びています。

もちろん、この方法は大学受験でも活用できます。


付録だから・・・ということで、

机の片隅で寂しそうに眠らせておくのではなく、

使ってあげて下さいね。

1日1時間やれば、25日で終わります。

KAIRIN予備校 石田晴康

☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

今回の記事はいかがだったでしょうか?

ぜひとも公立高校合格必勝パック購入者は

計画的に「25日完成 読解演習帳」を取り組んでみてはいかがでしょか?

2013年10月12日

開倫塾メールサポート 2013年10月12日配信分

2012年10月初めに開倫塾 公立高校合格必勝パックを
娘に購入して勉強を開始しました。

夏休み明けの段階では
第一志望校は
千葉市立稲毛高校(合格有望圏 県標準偏差値:63)でした。
お笑い芸人小島よしおさんの母校ですね!

その後、公立高校合格必勝パックで苦手な理科、社会を中心に
勉強を開始したところ年末には模試等の偏差値が上昇し最終的には

千葉県立千葉東高校(合格有望圏 県標準偏差値:70)
に合格することが出来ました。 桐谷美玲さんの母校ですね!

そんな経緯があり、娘の合格のターニングポイントだった
教材なので高校受験にのぞむ受験生にオススメしたく当ブログを立ち上げました。

さらにうれしいことに
購入後に不定期ではありますが
★大きなお世話の【勝手にサポートメール】★
というものが届きました。

その内容がとても参考になるので
2012年12月1日に許可を頂き、
私の元に届いたサポートメールを紹介しています。

現在、公立高校 合格必勝パック 会員専用ページ で
【勝手にサポートメール】バックナンバーブログとして
当ブログが正式にリンクされております。


私の娘が購入した「公立高校合格必勝パック」は
開倫塾様の商品説明によると

「栃木・茨城・群馬に60校舎を展開する学習塾で
15年間に20000人の受験生が使用し、効果を証明した教材です。
正直申し上げて「一発逆転のウルトラC」的な要素はありません。
■コツコツ頑張って少しづつでもいいから確実に志望校に近づきたい!
■高校入試の勉強を効率的にやりたい!
■まずは短期間で基礎基本を徹底的に仕上げたい!
という中学生を対象とした教材+学習方法です。
【応用力は「基礎基本」という部品を組み立てる作業だ!】
という考えから作られたこの学習プログラムは、
基礎基本を徹底的に繰り返し反復することで
高校入試を解くために必要な学力を育成します。
とくに、現在理科・社会の点数が伸び悩んでいる中学生に最適です。
40日〜60日でその効果が実感できます。

となっています。

もっと具体的な内容については
こちらへどうぞ 次項有 公立高校合格必勝パック



ではここから以下が25年度のサポートメールの内容になります。


☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

★大きなお世話の【勝手にサポートメール】★

あなたは、毎日の家庭学習の計画を立てていますか?

学習計画にはいろんな方法がありますが、

残念ながらこの道20年の私でも、「この方法が一番!」というものは決まっていません。

というよりも、これは個人の性格や、習慣によって,「合う合わない」があると思います。

※今回のテーマである「学習計画」とは、

  ○月までにこれをマスターして、○月までにこの範囲を終わらせる・・・・・

  というような、おおまかな計画ではなく、「今日、何するか?」というような、

  毎日の計画のことです。


学習計画の立て方として、大きく分類すると、以下の2つになると思います。

(1)1週間分〜2週間分の学習計画(時間割)をあらかじめ、先に作っておき、

  それに従って勉強をする。

(2)毎日、勉強を始める前に「今日は何をするか」を決める。

それぞれ、利点と弱点があります。

(1)は、

現状のあなたに足りない部分をしっかりと自己分析し、

何が必要か、いつ何をやるかを考えることができます。

また、科目のバランスを考えながら日程表を作ることで、

偏った学習になるのを防ぐことができます。

計画が守れる強い意志の持ち主であれば、非常に有効であり、

学習効果が期待できます。

ただし、難点は、

イレギュラーな事態に直面したときに、計画の作り直しを余儀なくされる、

自分に甘い人、目標がしっかりとしていない人はいわゆる「計画倒れ」になる、

ということです。


学校の合唱コンクールの練習が長引いてしまった・・・。

運動会の打ち上げが入ってしまった・・・。

学校の宿題が異常に多くておわらない・・・・。

具合が悪い・・・・。

など、なんらかのアクシデントが起きると、せっかく苦労して作った計画が

崩れてしまいます。

もちろん、予期せぬアクシデントを考慮して「予備の時間」「予備日」までを

計画に入れるという達人であれば、ある程度は修正できますけど・・・・。


(2)は、

その日の状況に応じて計画が立てられるので、「計画倒れ」になることはありません。

また、「昨日の学習で○○ができなかったから、今日はここを集中的にやろう」

とか、「今日の学校の授業が難しかったから、じっくり復習と予習をしよう」

というように、臨機応変な対応ができるという利点があります。


実はKAIRIN予備校では、(2)の方法を採用しています。

というのは、・・・・・・


7月くらいまでは、土曜日に来週分の学習予定を1時間かけて立てさせ、

それに従って、毎日の家庭学習をさせていたのですが、

チェック欄が「×ばっかり・・・」なんです。


結局、学校の宿題や「せんせー、平方根がわかりませーん、あした単元テストなんですう・・・」

などの影響で、急遽、歴史をやる予定が、平方根になったり、

「明日までに○○を提出しなければならないんですう・・・」というような事態が続出し、

せっかく1時間かけた計画もなかなか守れない状態だったので、

今日の計画は、今日決めよう!

ということになりました。


夏期講習は、すべてこの方法で順調に進んでいきました。

毎日自習を始める前に20分かけて、

□今日の目標
 (今日、身につけること・できるようになることは何か?)

□今日のノルマ
 (今日、絶対に終わらせることは何か?

□今日、気をつけること
 (どんなことに注意して勉強するのか?)
 (姿勢を正す、机の上を必要なものだけにする・・・など)

□今日の時間割
 (それぞれを何時から何時までやるか?)

をきめてから、それに従って勉強させます。


毎日目標を決めて、最後に達成度を確認しながら進めているので、

非常にモチベーション的にもよいと思ったのですが、

ただ、・・・・難点があります・・・・・・・・・・・。


科目が偏ってしまうのです。

毎日、自分自身に必要なものを自分で決めて計画を立てる・・・、

非常にいい響きですよね・・・。


しかし、どうしても生徒自身に決めさせると、

(おそらく無意識に・・・)苦手な教科、嫌いな分野を避けてしまうのです。


先週、下野模試の過去問をやったのですが、

みんなそろって理科の「電流」の部分ができていないのです。


「最後に、電流を勉強したのいつ・・・?」と、

ひとりひとり、聞いてみたら、なんと、

全員が、ここ2週間以上、電流を学習していないのです!


同様に、化学変化もほとんど避けていました。

生徒の計画表を見てみると、

理科は暗記系が多く、また、数学も方程式や、因数分解などの

計算系が多くて、「関数」「図形」は、避けている傾向にありました。

「やらなきゃできないのはあたりまえ」

ですよね。


また、どうしても

「英単語暗記」「英語の構文暗記」「漢字練習」などは、

避ける傾向にあります。

    :

そもそも「学習計画」は、何のために作成するのか?

「計画的に学習するため・・・」・・・・・・ちがいますね。

「学習習慣をつけるため・・・」・・・・・・ちがいますね。


「成績を上げるため!」ですよね。


つまり、「成績が上がる学習計画」でなければなりません。

「学習計画」は、

限られている時間を有効に使って、

最大限の学習効果を上げるものでなくてはなりません。


そのためには、

「バランスよく勉強できるようにする」

「せっかく苦労して身に付けたことを、失わせないようにする」

ということを常に気にしながら計画をたてましょう。


「一生懸命単語の練習を2時間」しても、

3日間、見直さなければ85%は忘れます。

つまり、2時間の練習時間のうち、15分くらいしか残らないので、

1時間45分は、「なかったこと」になってしまうんです。

「教科書やノートを何度も見返して、関数の問題が解けるようになった」

としても、1週間後、同じ問題が解けるでしょうか?

解けなければ、がんばったその時間が「なかったこと」になってしまいます。


このムダをなくすのが「学習計画」です。

あらかじめ、1週間分の予定を先に立てる場合は、

かならず、2日間〜3日間の中で、復習ができるように計画しましょう。

また、単語や漢字などは、短時間でもいいから毎日やるようにしましょう。


毎日、学習計画を立てる場合は、

(わたしの教室も以下のようにやっています)

必ず、毎日「何をやったか」を書きとめておくこと。

(わたしの教室では、「学習の記録」と言っています)

そして、「今日、何をやるか」を決めるときに、

必ず最近3日間の学習の記録を見て、

「最近、手薄になっているものはないか?」

「今日、復習して確認するものはないか?」

を確認しながら「本日の学習計画」をたてます。

また、

「学習の記録」は、できるだけ細かく

・理科のオームの法則の計算問題

・公民の日本国憲法の前文を暗記した。

・英単語(P23〜25)の暗記と練習

のように、数日後に、「何を復習すればよいか?」がわかるように記入します。

なぜなら、「成績を上げるため」のツールだからです。

「暗記したもの」

「間違えてやりなおした問題」

は、必ず3日以内に復習しましょう。

これをすることによって、

5時間勉強すれば、5時間分の学力が身に付きます。

がんばってくださいね。

KAIRIN予備校 石田晴康

☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

今回の記事はいかがだったでしょうか?

今回の記事を参考に勉強計画をもう一度見なおしてみてはいかがでしょうか?

2013年08月01日

開倫塾メールサポート 2013年7月31日配信分

2012年10月初めに開倫塾 公立高校合格必勝パックを
娘に購入して勉強を開始しました。

夏休み明けの段階では
第一志望校は
千葉市立稲毛高校(合格有望圏 県標準偏差値:63)でした。
お笑い芸人小島よしおさんの母校ですね!

その後、公立高校合格必勝パックで苦手な理科、社会を中心に
勉強を開始したところ年末には模試等の偏差値が上昇し最終的には

千葉県立千葉東高校(合格有望圏 県標準偏差値:70)
に合格することが出来ました。 桐谷美玲さんの母校ですね!

そんな経緯があり、娘の合格のターニングポイントだった
教材なので高校受験にのぞむ受験生にオススメしたく当ブログを立ち上げました。

さらにうれしいことに
購入後に不定期ではありますが
★大きなお世話の【勝手にサポートメール】★
というものが届きました。

その内容がとても参考になるので
2012年12月1日に許可を頂き、
私の元に届いたサポートメールを紹介しています。

現在、公立高校 合格必勝パック 会員専用ページ で
【勝手にサポートメール】バックナンバーブログとして
当ブログが正式にリンクされております。


私の娘が購入した「公立高校合格必勝パック」は
開倫塾様の商品説明によると

「栃木・茨城・群馬に60校舎を展開する学習塾で
15年間に20000人の受験生が使用し、効果を証明した教材です。
正直申し上げて「一発逆転のウルトラC」的な要素はありません。
■コツコツ頑張って少しづつでもいいから確実に志望校に近づきたい!
■高校入試の勉強を効率的にやりたい!
■まずは短期間で基礎基本を徹底的に仕上げたい!
という中学生を対象とした教材+学習方法です。
【応用力は「基礎基本」という部品を組み立てる作業だ!】
という考えから作られたこの学習プログラムは、
基礎基本を徹底的に繰り返し反復することで
高校入試を解くために必要な学力を育成します。
とくに、現在理科・社会の点数が伸び悩んでいる中学生に最適です。
40日〜60日でその効果が実感できます。

となっています。

もっと具体的な内容については
こちらへどうぞ 次項有 公立高校合格必勝パック



ではここから以下が25年度のサポートメールの内容になります。

今回のメールは昨年、公立高校合格必勝パックを購入して
今春、高校1年生になった人向けに書かれたメールです。

ではどうぞ!


☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

★大きなお世話の【勝手にサポートメール】★


大学入試・「はじめの一歩」

現在、夏期講習でKAIRIN予備校石橋校の高1生に

「2次関数スペシャル」という講座を開講しています。

高1の1学期に学習した数学Tの前半部分の内容だけで

解くことのできるセンター試験の問題を集めて講義しているわけですが・・・、

さすが高1生、考えが甘いですね。


ついこのまえ、高校入試が終わったばかりで、

大学入試なんてまだまだ先のこと・・・・・・

なんて考えている生徒がけっこういます。


あなたはどうですか?


中3の時の受験勉強であなたがどんなことに苦労し、

どんなことで後悔したか・・・・思い出して下さい。


高校入試の数学の問題は、(少なくとも栃木県では)

中学1年生の知識だけで30%は得点できます。

中学2年生までの知識があれば、70%は得点できます。

去年、受験勉強をしているときに、

比例反比例の問題や、1次関数、図形などの問題を解いているときに、

「中1のときに、(中2のときに)もっとしっかりやっておけばよかった・・・」

と思ったことはありませんか?


同じことの繰り返しはやめましょう。


大学受験も同様です。

しかも、センター試験の数学TAは、

高1の知識で100%の得点が可能です。

大学によっては

公立大の「看護系」や、「栄養系」などは、

数学の入試必須科目が「数学Tのみ」とか、

「数学TAまたは数学UBのどちらか1科目」

という大学もあります。

従って、あなたが選択する進路によっては、

高1の現時点ですでに入試範囲の50%以上が

学習し終えているという場合もあるわけです。


前回のメールでも書きましたが、

センター試験の数学は高校2年までの学習内容で

全範囲となります。

つまり、すでに試験範囲の4分の1が終了しています。


そして、気付かなければいけないことは、

来年も、再来年も、(理系の方は特に)

高校の授業で数学TAを学習する機会はないのです。


つまり、

今できなければ、来年は(忘れているので)もっとできない。

再来年は(もっと忘れているので)もっともっとできない。

ということです。


この状況を防ぐには、

一つ一つの単元について、

わからないことを後まわしにせず、

しかりと理解しながら進んでいくことと、

定期的に復習して忘れないようにすること。

です。


驚いたことに、昨日の授業で、因数分解の復習をしたら、

約半数の生徒が、

(a+b)(b+c)(c+a)+abc

の因数分解がすぐにできませんでした・・・(T_T)

4月は全員が1分以内でできたのに・・・・・グッスン(T_T)


できない理由は、

■そのときは、「できた」「わかった」と思っていても、
  本当は「解き方を知った」だけで「理解していない」

■「わかった」ことを完全に自分が使えるようになるまで
  練習していない

ということだと思います。

スポーツの世界でも、

先生や、コーチになにかを教わって、

「できた!」となったときでも、

練習しなければ、3日間でできなくなりますよね。

それと同じです。


そしてもう一つ

■すでに受験が始まっているという自覚がない

ということです。


授業時間80分のうち、30分も説教をしてしまいました。

ちゃんとできていた半数の子達にとっては、

はた迷惑な話ですよね・・・・・・。


まだまだ夏休みは始まったばかり、

部活に命をかけている方もいるかもしれません、

塾や予備校の夏期講習に参加している方もいるのではないでしょうか?

1学期の学習内容を復習することは、

イコール「受験勉強」になるのです。

受験勉強は期間が長ければ長い方が有利だということは、

浪人生が有利なことを考えれば一目瞭然!

暑いけど頑張ろう!


KAIRIN予備校 石田晴康


このメールは、開倫塾の「公立高校合格必勝パック」を

ご購入いただいた方に勝手に不定期にお送りしております。

配信解除をご希望の方は、お手数ですが、

k.yobi@kairin.co.jp

まで、件名に「配信解除」と打ち込んで返信して下さい。


KAIRIN予備校 石田晴康

☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

今回の記事はいかがだったでしょうか?

もう大学受験は始まっているんだ
という意識を持つことが大事ですね。

大学受験は高校受験と違って
全国のライバルとの競争です。

今やっている
数学TAがセンター試験に直結しているんだと
意識して学習に取り組むだけでも違いが出てきますね。

何としても
この夏休み中に
高校1年の夏休み前までに習った部分については
しっかりと復習をして自分のものにしてしまいましょう!

うちの娘のも
このメールをしっかり読ませて
自分自身でよく考えて学習してもらいたいと思います。

2013年07月25日

開倫塾メールサポート 2013年7月25日配信分

2012年10月初めに開倫塾 公立高校合格必勝パックを
娘に購入して勉強を開始しました。

夏休み明けの段階では
第一志望校は
千葉市立稲毛高校(合格有望圏 県標準偏差値:63)でした。
お笑い芸人小島よしおさんの母校ですね!

その後、公立高校合格必勝パックで苦手な理科、社会を中心に
勉強を開始したところ年末には模試等の偏差値が上昇し最終的には

千葉県立千葉東高校(合格有望圏 県標準偏差値:70)
に合格することが出来ました。 桐谷美玲さんの母校ですね!

そんな経緯があり、娘の合格のターニングポイントだった
教材なので高校受験にのぞむ受験生にオススメしたく当ブログを立ち上げました。

さらにうれしいことに
購入後に不定期ではありますが
★大きなお世話の【勝手にサポートメール】★
というものが届きました。

その内容がとても参考になるので
2012年12月1日に許可を頂き、
私の元に届いたサポートメールを紹介しています。

現在、公立高校 合格必勝パック 会員専用ページ で
【勝手にサポートメール】バックナンバーブログとして
当ブログが正式にリンクされております。


私の娘が購入した「公立高校合格必勝パック」は
開倫塾様の商品説明によると

「栃木・茨城・群馬に60校舎を展開する学習塾で
15年間に20000人の受験生が使用し、効果を証明した教材です。
正直申し上げて「一発逆転のウルトラC」的な要素はありません。
■コツコツ頑張って少しづつでもいいから確実に志望校に近づきたい!
■高校入試の勉強を効率的にやりたい!
■まずは短期間で基礎基本を徹底的に仕上げたい!
という中学生を対象とした教材+学習方法です。
【応用力は「基礎基本」という部品を組み立てる作業だ!】
という考えから作られたこの学習プログラムは、
基礎基本を徹底的に繰り返し反復することで
高校入試を解くために必要な学力を育成します。
とくに、現在理科・社会の点数が伸び悩んでいる中学生に最適です。
40日〜60日でその効果が実感できます。

となっています。

もっと具体的な内容については
こちらへどうぞ 次項有 公立高校合格必勝パック



ではここから以下が25年度のサポートメールの内容になります。

本日は
頑張れる子と頑張れな​い子の差・・・って・​・・?
という題名のメールが届きました。

では早速、どうぞ!

☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆
★大きなお世話の【勝手にサポートメール】★

KAIRIN予備校 中3保護者会

「受験体制突入 総決起大会」で話した内容です・・・。

頑張れる子と、頑張れない子の差って・・・なんなのでしょうか・・・?


私は、

「未来を知っているか、知らないか?」

だと思います。

もっと突き詰めて言うと・・・

「なぜ今勉強しているのか?」

という理由を、しっかりと理解し自覚しているか、

知っているけど、自分のこととして理解していないか・・・、

の差ではないかと思います。


あなたは、なぜ勉強しているのですか?

お父さんお母さん、

お子さんはなぜ勉強しているのですか?

高校に合格するため・・・・・?


それは違います。

高校入試は通過点ですよね。


高校に入ったあとは、

大学入試、

大学に入れば次は、

就職活動・就職試験・国家試験・・・・

やっとの思いで就職すれば、その後は

昇進試験、社内のライバルとの競争、ライバル会社との競争・・・、

あなたの闘いは永遠に続きます。


そして、先に進めば進ほど、

 入試問題は、難しく高度になっていきます。

 試験科目はどんどん増えていきます。

 学習する内容もどんどん増えていきます。

 競争率はどんどん上がってきます。

現実は、

 高校入試のあとに待っている大学入試・就職試験・国家試験は、

 高校入試とはくらべられないくらい高い壁なのです。


しかし、・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・です!

多くの先輩達は、そのどんどん高くなっていく壁に向かって突き進んでいます。

それはなぜなのでしょうか???


その理由は、

高い壁の向こうにあるもの・・・・それにたどり着くことができるからです。

壁の向こうにあるもの・・・・それは、

あなたがなりたい自分です。

そのために、いくつもの試練を乗り越えるわけですが、

問題はそのとらえ方です。



お子さんが目の前にあるテストを「試練」だととらえるとすると、

「テストが終わると遊べる」って思うんですね。


「中間テストが終わったら我慢してたゲームやるぞ!」とか、

「撮っておいた番組まとめて見るぞ!」とか・・

そういうふうにとらえる子が多いんです。

「今、目の前にあることが終わったら遊べる」

というとらえ方をしていることはどういうことかと いうと、

「今してることはつらいことだ」

「本当にしたいことは他にあるんだ」

という考え方になるんです。

多くの子はこういう風に考えています。

我々大人もそうです。

「この仕事が終わったら、一杯やるぞーーー!」とか・・・・。

そういう考えって、「今あることはつらいことだ」「いやな ことだ」という考えなんですね。



でも、この考え方では絶対に成功しな いんです。

だって・・・・・・・・

「嫌々やってることがうまくいくはずがない」ですよね。


そして試練というのはクリアするたびにドンドン大きくなっていくのです。

真実は、楽になるどころか試練はだんだん大きくなっていくのです。


高校入試の倍率が1.5倍くらいとして、

大学入試は国公立で5倍〜20倍(後期)、

教員採用試験は栃木県で8倍前後、

司法試験は50倍、

テレビ局のアナウンサーになろうとしたら、1000倍ですよ。

これが現実です。

でも知らない子が多いんです。

なぜなら・・・・誰も教えてくれないからです。

だから教えます。


そして、問題はここからです。


一体、何のための試練なのでしょうか・・・?

それは、

あなたがなりたい自分になるために

必要なスキル(能力)を身につけるためのものなのです。



学校の先生になりたいからと言って、

誰でも簡単になれてしまったら、

大変なことになりますよね。

お父さんお母さんだって、

不安で学校に行かせられませんよね。

そりゃあ、塾は儲かりますけど・・・・・。


飛行機のパイロットになりたい人が、

すごーーーく簡単になれてしまったら、

あなたはそんな飛行機に乗ろうと思いますか??

絶対乗りたくないですよね。


誰でも簡単に医者になれてしまったら・・・・

     :

そう、もうお気づきだと思いますが、

何かになるためには、

それに応じたスキル(能力)が必要なのです。

そして、そのスキルをつけるのが

大学であり、専門学校です。

さらに、そこで多くのことを学ぶために、

勉強のやり方、授業の受け方、

ノートの取り方、考えのまとめ方、意見を文章にするやり方、

・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・・

これらを学ぶのが義務教育であり、高校なのです。


そして、前回も書きましたが、

そのためのあなたの達成度を確認するのが

高校入試であり、大学入試なのです。


したがって、

これらの試練(試験)の先には、

確実にあなたのなりたい自分があるのです。


ひとつの試練を乗り越えることは、

同時に、あなたが将来なりたい自分にひとつ近づくことなのです。


もちろん、あなたには

「試練」を避けて通る人生という選択肢もあります。


「夢」実現のために、ひとつひとつ「試練」をクリアしながら

成長していく人生もあります。



あなたは、どちらの人生を選択しますか?

どっちの人生が楽しいですか?


聞くまでもないですよね。


今までは、

 「テストがあるから勉強をしていた・・・。」

こういう方も、今日からは、

 「テストという試練を上手く利用して、そのたびに自分のスキルを上げていく」

 「テストのたびに自分を成長させる」

 「そして、夢に近づく」

こうい生き方をしてみてはどうでしょうか?

楽しくないですか?


まだ将来の夢が見つかっていない方も、

いつか、大きな夢が見つかったときに、

そのための試練に立ち向かえるように

自分自身を鍛えておこう!


あなたの目の前にある、

高校入試・大学入試は、

チャレンジし続ける人生の助走路にすぎないのです。


KAIRIN予備校 石田晴康


☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

今回の記事はいかがだったでしょうか?

夏休みのはじめにじっくりとこのメールを
お子様に読ませてはいかがでしょうか?

普通の塾では勉強のことは
教えてくれますがこの手の話を真剣に
話してくれるところは少ないです。

今頑張っていることは
誰のためでもない自分の将来のためだということを
子供に自覚させる事が出来ればあとは
子供たちはほっといてもすごいパワーを
発揮すると思います。

親子でこのことについて
じっくりと考えてみるのもいい機会かもしれませんね。

2013年07月23日

開倫塾メールサポート 2013年7月23日配信分

2012年10月初めに開倫塾 公立高校合格必勝パックを
娘に購入して勉強を開始しました。

夏休み明けの段階では
第一志望校は
千葉市立稲毛高校(合格有望圏 県標準偏差値:63)でした。
お笑い芸人小島よしおさんの母校ですね!

その後、公立高校合格必勝パックで苦手な理科、社会を中心に
勉強を開始したところ年末には模試等の偏差値が上昇し最終的には

千葉県立千葉東高校(合格有望圏 県標準偏差値:70)
に合格することが出来ました。 桐谷美玲さんの母校ですね!

そんな経緯があり、娘の合格のターニングポイントだった
教材なので高校受験にのぞむ受験生にオススメしたく当ブログを立ち上げました。

さらにうれしいことに
購入後に不定期ではありますが
★大きなお世話の【勝手にサポートメール】★
というものが届きました。

その内容がとても参考になるので
2012年12月1日に許可を頂き、
私の元に届いたサポートメールを紹介しています。

現在、公立高校 合格必勝パック 会員専用ページ で
【勝手にサポートメール】バックナンバーブログとして
当ブログが正式にリンクされております。


私の娘が購入した「公立高校合格必勝パック」は
開倫塾様の商品説明によると

「栃木・茨城・群馬に60校舎を展開する学習塾で
15年間に20000人の受験生が使用し、効果を証明した教材です。
正直申し上げて「一発逆転のウルトラC」的な要素はありません。
■コツコツ頑張って少しづつでもいいから確実に志望校に近づきたい!
■高校入試の勉強を効率的にやりたい!
■まずは短期間で基礎基本を徹底的に仕上げたい!
という中学生を対象とした教材+学習方法です。
【応用力は「基礎基本」という部品を組み立てる作業だ!】
という考えから作られたこの学習プログラムは、
基礎基本を徹底的に繰り返し反復することで
高校入試を解くために必要な学力を育成します。
とくに、現在理科・社会の点数が伸び悩んでいる中学生に最適です。
40日〜60日でその効果が実感できます。

となっています。

もっと具体的な内容については
こちらへどうぞ 次項有 公立高校合格必勝パック



ではここから以下が25年度のサポートメールの内容になります。

今回のメールの内容は

「受験勉強の心得」についてです。

では、どうぞ!

☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

★大きなお世話の【勝手にサポートメール】★

先日、KAIRIN予備校の中3生保護者会

「受験体制突入 総決起大会」

がありました。

そこで、中3生に、

「受験勉強の心得」



「未来について」

の話をしたのですが、・・・・


生徒  「初めて聞いた・・・」

保護者 「こういう話をしてくれる人はいなかった・・・」

という声が多かったので、ここでも紹介します。



「受験勉強の心得」−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

ほとんどの中学生は、定期テストの直前(1〜2週間前)は、

必死で勉強します。

それは、「定期テストでよい点数を取るためです。」よね。


もちろん、定期テストは範囲が決まっているので、

2週間必死で勉強することで、「よい点数を取る」

という目的は、ある程度達成されます。


では、定期テストよりも、

遙かに重要で、遙かにあなたの人生に影響を与える

「高校入試でよい点を取る」

ために、どうして今必死で勉強しないのでしょうか?


高校入試の範囲を考えれば、

今この時でさえ、必死で勉強しなければ、

「よい点を取る」という目的は達成できないのは明白なのに・・・。


それは、目的自体が間違っているからなのです。


「テストで良い点を取る」こと自体を目的にした場合、

テストが終わったとたんに、

集中力・やる気のスイッチがOFFになってしまいます。

したがって、テストの答案を返されても、

点数ばかりが気になって、

テストの本来の目的である、

「達成度を測定し、どこが定着していないかを見極める」

ということを、恐ろしいことに学校の先生でさえも軽視しているからです。


よく、「テストの間違い直し」が宿題になる中学校がありますが、

ほとんどの生徒が、

間違えたところを赤ペンでなおして先生に提出します。

そこで終了・・・・となるのがほとんどです・・・・・が、


赤ペンは、魔法の筆記用具ではないのです!


赤で直したからといって、できなかった問題ができるようになる、

なんて、科学的根拠は一切ありません!!



間違えた問題は、答えを写す前に、

教科書や、資料集や,ノートや、辞書を見て

まずは自分でもう一度解き直すべきです。


そこで自分が苦労して出した答えと解答を見比べて、

A)それが正解だったら、

  なぜテストの時はできなかったのかを反省し、
  (人間は、反省しないと成長しません)

  類題演習をして確実に定着させる。

B)もし、それが違っていたら、

  「なぜこの答えではダメだったのか・・・・」

  を自分なりに考えなくてはいけません。

この作業が、「脳を鍛える」=「思考力を鍛える」=「学力をつける」

ということなのです。


テストを行う目的は、(入試も含めて)

達成度を確認するため

なのです。



従って、

あなたがテスト勉強をする目的は、

あなたの夢を実現するために達成しなければいけない事柄を

ひとつでも多く「達成すること」なのです。


そして、テストの結果、達成していない部分が見つかったら、

それを利用して

「どの部分を」

「いつまでに」(期限は1週間)

「どういう方法で」

達成するかを考えて計画を立てる。

この作業をしなければ、

テストを受ける意味も、テスト勉強をする意味もなくなってしまいます。

逆に、この作業を真剣に行えば、

あなたの学力は飛躍的に伸びます。


だって、・・・・・・

できないところをなくしていくのだから・・・・・

できるところだらけになっちゃうでしょ!!


これから、中3生であるあなたは、

定期テスト以外も、多くのテストを受けることになるはずです。

一つ一つのテストについて、

それを受けること、そのための勉強をすることの

本当に目的をしっかりと自覚して下さい。


もうひとつ、「未来について」は、

次回メールします。

KAIRIN予備校 石田


☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

今回の記事はいかがだったでしょうか?

テストの結果で一喜一憂してはいけませんね。

テストを受けることの意味と
本当の目的を自覚することがとても重要なのが
分かりました。

ぜひ受験生は今日のメールをじっくりと読んで
今後に活かしてください。

2013年07月18日

開倫塾メールサポート 2013年7月17日配信分

2012年10月初めに開倫塾 公立高校合格必勝パックを
娘に購入して勉強を開始しました。

夏休み明けの段階では
第一志望校は
千葉市立稲毛高校(合格有望圏 県標準偏差値:63)でした。
お笑い芸人小島よしおさんの母校ですね!

その後、公立高校合格必勝パックで苦手な理科、社会を中心に
勉強を開始したところ年末には模試等の偏差値が上昇し最終的には

千葉県立千葉東高校(合格有望圏 県標準偏差値:70)
に合格することが出来ました。 桐谷美玲さんの母校ですね!

そんな経緯があり、娘の合格のターニングポイントだった
教材なので高校受験にのぞむ受験生にオススメしたく当ブログを立ち上げました。

さらにうれしいことに
購入後に不定期ではありますが
★大きなお世話の【勝手にサポートメール】★
というものが届きました。

その内容がとても参考になるので
2012年12月1日に許可を頂き、
私の元に届いたサポートメールを紹介しています。

現在、公立高校 合格必勝パック 会員専用ページ で
【勝手にサポートメール】バックナンバーブログとして
当ブログが正式にリンクされております。


私の娘が購入した「公立高校合格必勝パック」は
開倫塾様の商品説明によると

「栃木・茨城・群馬に60校舎を展開する学習塾で
15年間に20000人の受験生が使用し、効果を証明した教材です。
正直申し上げて「一発逆転のウルトラC」的な要素はありません。
■コツコツ頑張って少しづつでもいいから確実に志望校に近づきたい!
■高校入試の勉強を効率的にやりたい!
■まずは短期間で基礎基本を徹底的に仕上げたい!
という中学生を対象とした教材+学習方法です。
【応用力は「基礎基本」という部品を組み立てる作業だ!】
という考えから作られたこの学習プログラムは、
基礎基本を徹底的に繰り返し反復することで
高校入試を解くために必要な学力を育成します。
とくに、現在理科・社会の点数が伸び悩んでいる中学生に最適です。
40日〜60日でその効果が実感できます。

となっています。

もっと具体的な内容については
こちらへどうぞ 次項有 公立高校合格必勝パック



ではここから以下が25年度のサポートメールの内容になります。

今回のメールは

高1向け 勝手にサポートメールです。


☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

--------------------------------------------------------------------------------


★大きなお世話の【勝手にサポートメール】★


--------------------------------------------------------------------------------



先日、開倫塾の全体校長会というのがありまして・・・、

そこで、高校部として数学・英語について、

「高校に入ると、学習内容がどのように難しくなるのか」

について、中学部の先生に説明し、

中3生にも伝えてもらおうということで、

私と、高校部の英語科主任が発表をしました。

数学については、前回の勝手にサポートメールとほぼ同じ内容を

話したので、割愛させていただきますが、

高校英語についての内容を以下にコピペさせていただきます。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−


高1 基礎力養成期


高校では、1年次に

大学入試に必要とされる英文法をすべて学習します。

定期テストで高得点を取ることを目指して、

この文法知識を理解すると同時に、

最重要語彙を増やしていくことが英語学習の第一歩といえます。

この文法の知識を身に着けるには、

学校で使用される文法系の教科書(現在の進学校では英語表現という科目名)、

指定の参考書(たいてい総合英語をいう名前が書籍名についています。)、

問題集(総合英語の準拠問題集を購入しているケースが多いです)

を用いて学習を進めるのが、

定期テストでも高得点を取れるので最も効率が良いです。


大学には様々な入学方法があります。

推薦(公募、指定校、AO)入試の利用を

選択肢の一つとして残しておくためにも

高1からの評定はなるべく良いほうが良いです。


入試に必要とされる長文読解力はリーディング系の教科書

(現在の進学校では英語コミュニケーションという科目名)

を使って学習していきます。

英語学習の初期的な段階なので、

大意を把握すればいいというのではなく、

英文の構造を意識して丁寧に精読していく必要があるでしょう。

文法系の授業も、

リーディング系の授業も

英文の質、量ともに中学英語とは比べ物になりません。

学校の授業は予習が前提であることはもちろんですが、

基本的にわかる生徒だけがわかればよいというスタイルなので、

十分な解説は望めず、

上位三割程度しかついていけません。

定期テストで高得点を取り、

大学入試に必要な英語の基礎を身に着けるためにも、

高校1年次の英語については、

しっかりと下予習+復習を行い、十分な理解と定着が必要です。


高2 知識定着期


2年次の学習は英作文 系(ライティング)とリーディング系(現在は英語U)です。

これらは、1年次に学習した内容を深化させたものといえま す。

文法学習的にいえば、ほぼ同じ内容をもう一年繰り返すとい うことになります。


これは、見方を変えればそれだけ学習項目が多く複雑なので、

2年間かけて繰り返さなければ容易に身に着けられるものではないということです。

ただし、1年次高いレベルに到達していれば、

2年次の学校での英語学習はかなり余裕を持てます。


推薦入試のためにも評定は高いほうがいいので、

やはり学校の教科書、指定問題集の理解を第一目標にすると良いです。

ただし、先に述べたように質、量ともに大変な分量なので、

しっかりと理解し、定着させるにはそれなりの準備が必要になります。

余裕のある人は長期休暇を利用して大学入試の過去問に取り組むとよいと思います。

−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−−

手前味噌ですいません・・・・。

少しでもお役に立てれば幸いです。

KAIRIN予備校 石田晴康

☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

今回の記事はいかがだったでしょうか?

今回のように高1向けの勝手にサポートメールも
届います。(KAIRIN予備校の石田さんのご好意)

高1生はしっかりと参考にしましょう!

開倫塾メールサポート 2013年7月16日配信分

2012年10月初めに開倫塾 公立高校合格必勝パックを
娘に購入して勉強を開始しました。

夏休み明けの段階では
第一志望校は
千葉市立稲毛高校(合格有望圏 県標準偏差値:63)でした。
お笑い芸人小島よしおさんの母校ですね!

その後、公立高校合格必勝パックで苦手な理科、社会を中心に
勉強を開始したところ年末には模試等の偏差値が上昇し最終的には

千葉県立千葉東高校(合格有望圏 県標準偏差値:70)
に合格することが出来ました。 桐谷美玲さんの母校ですね!

そんな経緯があり、娘の合格のターニングポイントだった
教材なので高校受験にのぞむ受験生にオススメしたく当ブログを立ち上げました。

さらにうれしいことに
購入後に不定期ではありますが
★大きなお世話の【勝手にサポートメール】★
というものが届きました。

その内容がとても参考になるので
2012年12月1日に許可を頂き、
私の元に届いたサポートメールを紹介しています。

現在、公立高校 合格必勝パック 会員専用ページ で
【勝手にサポートメール】バックナンバーブログとして
当ブログが正式にリンクされております。


私の娘が購入した「公立高校合格必勝パック」は
開倫塾様の商品説明によると

「栃木・茨城・群馬に60校舎を展開する学習塾で
15年間に20000人の受験生が使用し、効果を証明した教材です。
正直申し上げて「一発逆転のウルトラC」的な要素はありません。
■コツコツ頑張って少しづつでもいいから確実に志望校に近づきたい!
■高校入試の勉強を効率的にやりたい!
■まずは短期間で基礎基本を徹底的に仕上げたい!
という中学生を対象とした教材+学習方法です。
【応用力は「基礎基本」という部品を組み立てる作業だ!】
という考えから作られたこの学習プログラムは、
基礎基本を徹底的に繰り返し反復することで
高校入試を解くために必要な学力を育成します。
とくに、現在理科・社会の点数が伸び悩んでいる中学生に最適です。
40日〜60日でその効果が実感できます。

となっています。

もっと具体的な内容については
こちらへどうぞ 次項有 公立高校合格必勝パック



ではここから以下が25年度のサポートメールの内容になります。


☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆


--------------------------------------------------------------------------------


★大きなお世話の【勝手にサポートメール】★


--------------------------------------------------------------------------------



いよいよ来週から私のKAIRIN予備校も夏期講習です。

今年の中3夏期講習は、「授業を一切しない!」という、

無謀とも言える初の試みを実施します。


じゃあ、一体何をするのか・・・?

というと、

1日10時間・すべて「必勝パック」×24日間

です。

午後12時30分から、夜の10時30分まで、

ひたすら「必勝パック」をやらせます。

もちろん、ただ個人個人好き勝手にやらせるのではなく、

1時間目、2時間目、・・・・・・

というように時間を区切ってひたすら解いてもらいます。

夕食の時間もしっかり取ってあります。


8月25日に、

栃木県最大規模の模擬テスト「下野模試」があるのですが、

今年は「必勝パック」のみで、この模擬テストに挑戦させます!


240時間もあるわけですから、

最低でもテスト範囲である、中3の1学期までの範囲は

3周はできるものと思っています・・・・、いや、させます!



実は、・・・・・・・・・・・・

お恥ずかしい話ですが、今年の中3生は去年にくらべて、

あまり成績がよくないんです。

各中学校でも学年順位が中の下くらいの子が多く集まってしまったのですが、

普段の個別指導の授業の様子を見ていても、

「これは、中1の基礎からやり直さないと厳しいな・・・」

ということが多かったので、

「夏休みは基礎基本を絶対に徹底させるぞ!」

って、ずーーーっと思ってたんです。


この夏休みに、とにかく徹底的に基礎基本をたたき込むには、

ヘタに授業をやって、問題を解かせるよりも、

とにかく受験のための「脳」の体力作りに専念させようかと思いまし た。

そこで、考えたのがこの「240時間必勝パック」という「カリキュラムです。


先々週から、

3者面談をしながら保護者の方と、生徒さんに

夏期講習のカリキュラムについて説明しているのですが、

ほとんどの親子の反応は、

生徒「えええええっ!・・・こんなにできなーい!」

母 「・・・・・うちの子がこんなにできるのかしら・・・・・?」

という感じです!


実はさっき(20分前)もそうでした・・・・(T_T)

こういうときは、私は決まって同じことを言います。


「勉強とか、努力とか、頑張ることについては、

 “やりすぎ”はいけない・・・とか、

 “○○以上は禁止!”っていう制限はないんです。」

「結局は、自分自身で勝手にブレーキをかけているだけなんです!」

「あとは、親がブレーキをかけてしまうとか・・・・。」

「今年の夏はブレーキを解除して、限界まで頑張ってみませんか?」

「とうぜん、今までやったことがないくらい頑張るんだから、

 今までにないくらい凄い結果が出るのは間違いないですよ!

 超楽しみじゃない??」


こういうと、生徒さんもお母さんも、

「よし、やってみよう!」「やらせてみようかしら・・・」という感じになります。


わたしも、これだけ言ってしまっているので、

絶対に結果を出さねば・・・・という責任がありますが、

自信もあります。


それは、これまでの開倫塾での卒業生が残してくれた,

必勝パックの効果と、

去年500名近くの全国の中学生が残してくれたすばらしい結果です。


去年購入いただいた現高1生の方々から配信解除が40件近く来ましたが、

ほとんどの方が、配信解除のメールに

「社会の偏差値が5上がりました。」

「理科がすごくできるようになりました。」

「数学の計算ミスが激減しました。」

などの、本当に嬉しい合格コメントを残していただきました。


中には、12月に購入して

2ヶ月間で英語・数学・理科を6回繰り返してくれた方もいました。


このような、多くの購入者様の嬉しい報告を見た結果が、

今回の夏期講習「授業は一切やらず必勝パックやりまくり!」

というカリキュラムの理由です。


夏は受験の天王山


使い古された言葉ですが、

私とKAIRIN予備校の中3生は、

今年の夏、「必勝パック」で勝負します。

KAIRIN予備校 石田

☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

今回の記事はいかがだったでしょうか?

このように思い切った事ができるのも
公立高校合格必勝パック
に絶対の自信があるからなんでしょうね。

それとメールにも書かれていましたが
開倫塾の塾生と去年販売して購入した全国の
高校受験生が結果を出したという事実!

うちの娘もその1人なので
この教材をプッシュしています。

さらにほんとうに素晴らしい教材なので
このようなブログまで勝手に作って
現在は【勝手にサポートメール】バックナンバーブログとして
当ブログが正式にリンクされております。

特に私が一番教材を購入して
良かったなと思うのは教材自体も素晴らしいのですが
大きなお世話の【勝手にサポートメール】を
配信されている KAIRIN予備校の石田さんの
情熱ですね。

やっぱり教育者は情熱がないと・・。

その熱を感じることがで出来る
大きなお世話の【勝手にサポートメール】が
私はとても大好きです。

開倫塾メールサポート 2013年7月9日配信分

2012年10月初めに開倫塾 公立高校合格必勝パックを
娘に購入して勉強を開始しました。

夏休み明けの段階では
第一志望校は
千葉市立稲毛高校(合格有望圏 県標準偏差値:63)でした。
お笑い芸人小島よしおさんの母校ですね!

その後、公立高校合格必勝パックで苦手な理科、社会を中心に
勉強を開始したところ年末には模試等の偏差値が上昇し最終的には

千葉県立千葉東高校(合格有望圏 県標準偏差値:70)
に合格することが出来ました。 桐谷美玲さんの母校ですね!

そんな経緯があり、娘の合格のターニングポイントだった
教材なので高校受験にのぞむ受験生にオススメしたく当ブログを立ち上げました。

さらにうれしいことに
購入後に不定期ではありますが
★大きなお世話の【勝手にサポートメール】★
というものが届きました。

その内容がとても参考になるので
2012年12月1日に許可を頂き、
私の元に届いたサポートメールを紹介しています。

現在、公立高校 合格必勝パック 会員専用ページ で
【勝手にサポートメール】バックナンバーブログとして
当ブログが正式にリンクされております。


私の娘が購入した「公立高校合格必勝パック」は
開倫塾様の商品説明によると

「栃木・茨城・群馬に60校舎を展開する学習塾で
15年間に20000人の受験生が使用し、効果を証明した教材です。
正直申し上げて「一発逆転のウルトラC」的な要素はありません。
■コツコツ頑張って少しづつでもいいから確実に志望校に近づきたい!
■高校入試の勉強を効率的にやりたい!
■まずは短期間で基礎基本を徹底的に仕上げたい!
という中学生を対象とした教材+学習方法です。
【応用力は「基礎基本」という部品を組み立てる作業だ!】
という考えから作られたこの学習プログラムは、
基礎基本を徹底的に繰り返し反復することで
高校入試を解くために必要な学力を育成します。
とくに、現在理科・社会の点数が伸び悩んでいる中学生に最適です。
40日〜60日でその効果が実感できます。

となっています。

もっと具体的な内容については
こちらへどうぞ 次項有 公立高校合格必勝パック



ではここから以下が25年度のサポートメールの内容になります。


☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

--------------------------------------------------------------------------------


★中3生+高1生向け 大きなお世話の【勝手にサポートメール】★


--------------------------------------------------------------------------------


数学のつながり・・・っ てわかりますか・・・?

あなたも知っているとおり、

「数学は積み重ねの学問」ですよね。

中1の方程式が解けなければ、当然、

中2の連立方程式なんて解けるわけがないですよね。


小学校の算数から少しずつ、

基礎基本を積み重ねてきた結果が、

現在のあなたの数学の成績となっているわけですが・・・、


「つながりの強さ」という部分に注目してみると、

【中1→中2】のつながり

【中3→高1】のつながりって、非常に強いも のだということがわかります。


もちろん、中2→中3のつながりも当然ありますが、

学習する単元の内容を考えると、

上記のつながりは無視できないくらい強いと思います。


わかりやすく説明させていただきます。


中1の数学で学習する内容は、そのほとんどが、

中2で学習する内容の基礎基本となっています。

【中1】 → 【中2】

文字式→単項式・多項式

方程式→連立方程式

比例反比例→1次関数

平面図形→図形の証明


ですから、当然中2の数学でつまづいている場合は、

その単元をやる前に、

その基本となる中1の単元をまず復習しなければ、

頑張った時間に比例して、点数が上がることは難しいということです。


それと同様なことが、

【中3→高1】のつながりにも当てはまります。

 【中3】 → 【高1】

展開・因数分解 → 数学T・整式の計算

2次方程式・2次関数 → 数学T 2次関数

相似・三平方の定理 → 数学T 図形と計量(三角比)

相似・平行線と比・円 → 数学A 図形の性質


つまり、

あなたが中3生であれば、

現在学習している内容は、

全て高1の数学TAに直結しますので、

しっかりと基礎基本を理解しておけば、来年は相当楽になるはずです。


あなたが高1生であれば、

現在、数学につまづいている場合は、

中3数学の内容の理解が不十分であることが原因かもしれません。

この夏休みに、もういちど中3数学の教科書(残っていればですけど・・・)を

しっかり復習しておくべきだと思います。


なお、高1生のためにもう一つ、


中2の「三角形・四角形の性質・定理」

中3の「円・相似・三平方の定理」は、

2学期以降に学習する「三角比・平面図形」の基礎基本となる部分で す。


現在私はKAIRIN予備校で、

高3生対象に「センター試験対策・数学TAUB」という講座を持っていますが、

図形の問題で点数が取れない生徒のほとんどは、

中学校で習っているはずの、図形の定理・公式が不十分であることが原因

となっています。

そのような生徒には、中3生用の「数学のまとめ450」をやらせています。

(けっこう、できないんですよ・・・これが・・・)

また、数学TAの三角比・平面図形は、

数学Uの「図形と方程式」、数学Bの「ベクトル」と深く繋がっていますので、

できれば、今年の夏休み中に、中3数学の図形分野の復習を

しっかりとやっておくべきだと思います。

絶対に、2学期以降が楽になるはずです。


中3生も、高1生も、

数年後には大学受験が待っているということには変わりありません。

たかが1年しか違わないんですよ。
(浪人したら同級生だし・・・・)


貴重な夏休みを無駄にしないように、

しっかりと計画を立てて過ごしていきましょう。


KAIRIN予備校 石田晴康


☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆…☆

今回の記事はいかがだったでしょうか?

高校生になっても
公立高校合格必勝パック
の「数学のまとめ450」が教材として有効とは驚きです。

ますますお得感がアップですね!

この夏休みに娘にも復習させてみようかと思います。手(チョキ)
×

この広告は1年以上新しい記事の投稿がないブログに表示されております。